小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

OIKAWA PULULUNに命を吹き込む。

 25日は川越市のゴミゼロ運動の日でした。
 朝から霧雨が降ったり止んだりの天候で私の属する自治会は雨天のためゴミ拾いを中止しました。
 これ幸いとゴミ袋(川越市ゴミゼロ運動と印刷されています)をもらって、自治会のゴミハサミもこの際お借りして小畔川に向かいました。
 9時から11時まで河川敷の草に引っかかったりしてクリスマスツリー状態になったビニール袋を中心に10kg回収しました。
 こんな時でないとゴミは拾えません。
 拾ったゴミの処分ができないからです。
 今回は川越市のゴミ収集車がゴミゼロ運動専用で回ってくれます。
 以前に行政(小畔川を管理しているところですから国の機関です)に拾ったゴミの回収システムの
構築について提案したことがあります。
 ゴミが散らばって心を痛めている方は沢山いますが拾ったゴミの処分に困ってなかなか実行できないので、如何と提案したことがあったのですが無の礫。

 黙々と休みごとに拾っていらっしゃる方のことを記事のしましたが、強い意志がなければできません。
 この方には頭が下がります。
 そんな訳で出会うたびにご苦労様ですと声を掛けさせてもらっています。

 オットットット!!
 話が違いました。
 竿の話がメインです。


PA250023.jpg

 OIKAWA PULULUNです。
 美樹プルーンさんが作られた竿です。
 KingfisherさんのOIKAWA QUEENに触発されて作られた竿なのです。
 ここにOIKAWA PULULUNと書きましたが、まだ名前が付いていなかったので不肖jetpapaga命名させて頂きました。
 きれいですね。
 市販の竿とそん色がありません。

PA250025.jpg

 金堀橋で命を吹き込むぞーーーっと、ドライキャストを繰り返していたら美樹プルーンさんに声をかけられました。
 制作者曰く、これはドライには向きません。
 どちらかというとウェットの方が楽しくて楽ですよとアドバイスしてくださいました。
 そう判ってますよ。 
 でも初一本はドライでしょうと思い風上にキャストをしていますがナンせ#0以下の竿でラインもプラントFさんお手製のラインですから、私の腕では風に負けちまってフニャフナヤ。
 飛びません。
 美樹プルーンさんは健闘を祈るのひと言を残して下流のバスを釣ると去って行きました。

 下に移動してウェット一発!
 きれいにポイントに入ればこのとおり!!!。
 入魂の儀式が終了しました。

PA250026.jpg

 どうですか、このしなり。
 まだ釣れていませんがラインのテンションでこのとおりなのです。
 おちびさんでも突かれると判るんです。
 感度抜群、釣り味最高のロッドです。
 ナンデOIKAWA PULULUNなんだって?
 もう判ってますよね。
 制作者の美樹プルーンさんにかけたのと、オイカワがプルルンと食いついたのが手元にはっきり伝わる感度の良い竿だからです。
 この竿で釣ると楽しいですよ。
 オイカワ釣りの世界にまた新しい楽しみが増えました。


PA250027.jpg

 昨日のグルメなバスです。
 OIKAWA PULULUNでオイカワの世界に入り込んで夢の中にいるような気持ちで釣りまくっていましたら、携帯が鳴って現実に引き戻されてしまいました。
 下流に向かった美樹プルーンさんからでした。
 「バス釣れましたよ!」
 はい!すぐ向かいます。
 なんと、昨日ミミズで釣れなかったグルメバスをフトルアーで一発で仕留めていました。
 流石、元バッサーです。
 バスの習性を知り尽くしているから釣れるんですね。
 見えバスでこの大きさだったらすぐ釣れますよですって。
 恐れ入りました。

PA250028.jpg

 口と目の感覚からコクチバスと確認しました。
 このサイズが沢山います。

 バスのことはこのくらいにして、なんと眠人さんと久しぶりの再会です。
 同じ場所でバスを釣っていたのが眠人さんでした。
 彼は上流から下流までバスを追いかけています。
 何処にどんなバスが付いているか良く知っています。
 ここのところオイカワはしばらく休んで、バス駆除に励んでいるそうです。
 ありがとうございます。

 あらためてお願いです。
 小畔川にブルーギルは絶対に放さないでくださいね。
 もし釣れたり網にかかったら再放流はしないでください。
 宜しくお願いします。



スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/26(月) 07:04:49|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<今朝の小畔川 相手にしてもらえませんでした | ホーム | 夕の小畔川 バスハンター顛末>>

コメント

jetpapaさん、こんにちは。

これまた、専用のニューロッド。ロッドのしなりが、すごく、いい感じに見えます。羨ましいぃ・・・(ーー です。
しかし、良きお仲間と楽しき釣り。jetpapaさんの人望ですね^^
ゴミ回収、バス駆除と、やはり、釣り場への想いっていいですねぇ。本当のところ、想いがないと継続的にやり続けることは、大変なことだと思います。頭が下がります。いつか、皆さんの努力で今世紀のオイカワの故郷になるんでしょうね。
  1. 2009/10/26(月) 17:31:18 |
  2. URL |
  3. こげだし紋次郎 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

〔1〕
それまで長年、電車の中から綺麗な区画がいきなり現れて消えて行く光景に過ぎなかったのですが。
地元の方の努力があればこその環境は保たれて今日に至るのですね。

〔2〕
検討を祈ると言って・・・
夢の中・・・

この部分、気に入ってしまいました。

それまでの釣りに対する接し方が異なる人同志の理想的な関係だと思っています。

スキル不足や理解が乏しいとそうはならないと思います。

今朝、拝読していてふと、感じたのですが。
フライで淡水ライト五目を思いついたのですが、これだと小畔でも出来そうですね。

トウヨシノボリ、ウグイ、オイカワ、カワムツ・・・

あと、ひとつが思いつきません。
  1. 2009/10/26(月) 18:19:26 |
  2. URL |
  3. XENA #-
  4. [ 編集 ]

 紋次郎さん こんばんわ

 楽しんでるだけですよ。
 気が向いたらやりたいことをやっているだけで何も考えていませんから。
 考えるとすぐ頭が痛くなってしまいます。
 その場の思いつきがほとんどで本能の赴くままに休みの日は遊び呆けています。
  1. 2009/10/26(月) 21:57:48 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 XENAさん こんばんわ

 小畔川でフライライト五目ですか。
 考えてもいなかったです。
 オイカワ、カワムツ、ホンモロコ、ウグイ、マブナ、クチボソ、こんなところでしょうか。
 確実なのはご存じのとおり、オイカワとカワムツです。
 後は運次第でしょうか。
 健闘を祈る!!
  1. 2009/10/26(月) 22:14:04 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、おはようございます。

清掃、スモール駆除にお疲れ様でした。
オイカワプルルンもいいですね!
なんだか、みなさんロッドビルドにはまっていますね^^

実は、僕もいよいよ竹竿の世界にはまってみようかな?と思っています。
もちろん、10万とかする竿は買えないので、自作になります。

oldflymanさんから、2枚合わせでできるバンブーロッドの作り方の本を貸して頂きました。
これからのオフは、楽しみがまた増えます^^
  1. 2009/10/27(火) 05:13:34 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

 しげさん おはようございます。

 私を除いて皆さん器用な方ばかりなので素晴らしいロッドを製作されています。
 製作要領はkingfisherさんのサイトに詳しく書かれています。
 安近短と同じコンセプトなのが嬉しいです。
 とにかく柔らかい竿に軽くて腰のあるラインの組み合わせは面白い。
 ついつい夢中になってしまい時間のたつのも忘れてしまいます。

 冬の夜長、家族が寝静まった丑三つ時、ナイフで竹をサー、サー、サーっと削る姿ゾクゾクするほど楽しそうですね。
 自作ロッドで狙った魚を釣る。
 最高の贅沢と思います。
  1. 2009/10/27(火) 06:15:07 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは。例のバスですね。
私も昔はバスフィッシングに燃えていた頃がありました。
正直コメントしにくい面もあります。生き物には悪気はないし。。。人間の手で連れてこられ、繁殖し、それで外来種は。。。
まぁーきれい事では語れない世界ですが、元々の環境に戻すことが第一なんでしょうね。
息子と良くいく近くの別所沼公園でも見えバスやらブルーギルやら良く見つけます。バス釣り禁止なので駆除もできず困ります。


  1. 2009/10/27(火) 12:40:36 |
  2. URL |
  3. ジョニー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん こんばんわ 
 返事が遅れて申し訳ありません。
 正直に言うとコメントを見落としていました。

 バス釣りは釣りとして楽しんでも良いじゃないですか。
 要はモラルの話になってしまいますから、良い悪いのことはあまり気にしていませんよ。
 バスは釣られるためにいると割り切っています。
 リリースは無。
 生態系等々の話は難しいのであまりしませんが、最後に残ったバスが骸骨のようになっていたのを見た時はぞっとしました。
 ブルーギルが入るともっとひどいことになるそうですね。
 幸い小畔川ではまだ居ないようなので、このまま続いてくれることを願っています。
  1. 2009/10/30(金) 21:46:07 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/115-bcae968f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)