FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

 川越市観光案内所に甲冑展示


 獅子の会45周年、川越藩火縄銃鉄砲隊保存会25周年記念行事として本日(9月19日)から9月30日午後3時まで市内中町(川越市中町2-3)にある観光案内所和室に会員が着用している甲冑七領を展示します。
 川越観光の折、是非、御鑑賞下さい。
 鎧の部品であり、縁起物でもある鎧小札の販売もしています。
 運が良ければ鎧の解説等も聞けるかもしれません。

 DSCN3440.jpg

 大将を中心に左右に配置しています。
 ここに展示した甲冑は江戸期の当世具足と呼ばれるもので、戦場での活動性を優先した造になっています。
 川越藩火縄銃鉄砲隊保存会が各地で披露している演武の際、着用しています。
 後ろに並ぶ旗は各自が差し物として甲冑の背に差しています。
 家紋が描かれ誰か直ぐに判別できます。


DSCN3439.jpg

 手前から、仁王胴、会長である寺田図書助勝廣が着用しています。
 次が備中、仙台胴は雅樂、中央は大将、日ノ本の素晴らしい兜です。
 修理、土佐、出雲着用の甲冑と並びます。

DSCN3432.jpg

 10時から会員が甲冑を持参し飾りつけを開始しました。
 本年度は武漢熱の為、世の流れ、全ての演武、着付け等の活動を自粛したので、観光案内所に甲冑を展示することで本年度の活動の区切りとしました。
 
 






スポンサーサイト



  1. 2020/09/19(土) 16:41:51|
  2. 川越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久々の納豆ネタ 最安値? | ホーム | 福島県民は358の意味を知っている!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1192-410d333b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)