小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

やって来ました グランドフォークス

 11月2日朝6時35分、自宅発。
 11月2日午後4時半目的地到着。
 というとその日のうちに着いたのか、ちょっと時間はかかったがどうってことないんじゃないのと思いますが、実はかなりハードなのです。
 時差というものが有ります。
 日本時間では3日の朝7時半。

 今回はGrand Forksという街にやってきました。
 成田からシカゴまで11時間、乗り継ぎでミネアポリス、さらに乗り継いでグランドフォークスという所にやってきたのであります。
 日本との時差は15時間。
 食事を4回とって、居眠りをしたり、ビデオを見たり御叱呼(オシッコと読む)を10回(これは何時も数えています)してやっと着いたのです。
 昼と夜が逆さまですから俗に言うジェットラグ時差ボケです。
 何時もボケて何時に寝ても5時には目を覚ます釣り向きのボケ方をしていますが、夜中の2時ごろ必ず起きてしまってはシャレになりません。
 当然、昼間はウツラウツラ。
 これって気持ちいいんですよ。
 あああーーー!
 寝ちゃいけない!
 大事なお話の最中、しっかりしろともう一人の私が叱咤激励していますが、スーーーっと気が遠くなってあちらの世界に行ってしまうのです。
 麻薬なんかやって気持ち良くなるのも結構ですが時差ボケもなかなか楽しめますよ。
 ただし、私のようにアイツは時差に弱くって、いつもダメと皆さんが承知してくれたらですよ。
 関係者に周知徹底するまでに3カ月かかりましたから。
 日本でも時差ボケが抜けないことになっておりまして、仕事中によく居眠りをしています。
 これって気持ち好いんです。
 ところが釣りをしている時は眠くないんですね。
 ギラギラしているのではないでしょうか。

 グランドフォークスに着陸する時に外を眺めていると隣のおばさんが話しかけてきました。
 やっと着いたよ。
 眠くなっちゃってね。
 あんたもよく寝てたね。
 旅行かい?
 ンだ。
 だいぶ遠い所からやって来ましたんで眠くって眠くって。
 そうかい、ここは初めてかい?
 ハイそうであります。
 何だって外はまっ平らで茶色の世界ですね?
 どうなっちゃってんの?
 ああーーこれかい、ここは平らな土地でね、一日車で走ってもズーット平らだよ。
 茶色いのは麦とビートを刈り取った畑だよ。
 へー、凄いもんですね。
 なんて通じたか通じなかったかは判りませんがこんな会話が有りました。
 おばちゃんはお話がダーイ好き、隣の人と話さなくっちゃ損。
 何処のお国でも話しかけられることが多いです。
 私、人畜無害話し相手に最高と見られているんでしょうか?
 御婦人を見ても殺気を発しないようになってしまったんだろうか?
 男止めなきゃいけないのかしらん?
 なんて自問自答。
 
 ハイ、グランドフォークスの第一印象です。
 寒いーーーーーーーー!!!!
 スーツでワイシャツで外に出たら、寒い。
 ここの緯度は稚内とおんなじぐらい、しかも内陸です。
 この時期、最高気温が5度最低はマイナス5度ぐらい。
 真冬はマイナス20度まで下がるそうです。
 そんな時、雪が降って天気が良くなると空気中の水蒸気が凍っているために日の出から太陽が5つに見えるナンジャラ現象が起きるそうです。
 そんなの見なくていいから夏に来て釣りをしたい。



 
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/11/11(水) 02:40:57|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バッファローを食らう | ホーム | 夕の小畔川 やはり下流が良いですね>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/120-feea4bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)