FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

解禁に向けてウェーダー修理



フェルトが薄くなりメーカーに3回目の張り替え依頼
土曜日に依頼していたキャスティングから張り替え完了、メーカーから戻ってきた旨の連絡が入り 早速受け取った。




202102231407424fe.jpeg


双進、Rivalley というメーカーのウェスト長靴タイプ 5レイヤーの一番頑丈なやつです。
買ってから2年後その後2年そして今回は3年でフェルトの張り替え。
購入してから7年使っています。
今シーズンで8年目となります。
物持ちが良いというか双進さんの製品が頑丈に作ってあるのか。
この長靴タイプのウェーダーはすぐ履いて直ぐに釣りをすることができますからお気に入り。
未だストッキングタイプを使った経験がないのです。






20210223140740dc9.jpeg


フェルト底が新品になって戻ってきました。
丸7年使って水漏れが二回
1回目は右脛を尖った岩に思いっきり打ち付け、5レイヤーが破れたのです。
当然、脛は血だらけ、動けなくなりました。
骨折かと最悪を思いましたが、どうにか動くことができ事無きを得ました。
接着剤でアウターを補修、内側のゴアは補修キットで熱圧着で元に戻りました。

2回目は先月の事
キャス練で川に入ったら右膝から下前面が濡れていた。
ブーツとウェーダー布部の境目からの浸水でした。
ブーツタイプのウェーダーで一番弱いところです。
7シーズン歩いて内側のゴアの部分が擦り切れていました。
ゴア補修キットで修理。
予防整備を兼ねて浸水部と後面も、当然左足も同じ箇所を補修しておきました。
補修をした後、フェルトの張り替えを依頼したのです。

3月1日が解禁ですが、少し落ち着いてからの釣りになりそうです。
しかし、いつでも行けるように準備万端です。
後は、釣り券です。









スポンサーサイト



  1. 2021/02/23(火) 15:01:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<解禁準備ほぼ完了 年券を受け取りました。 | ホーム | 土曜日の午後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1220-362058b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)