小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

昼の小畔川 川通しで確認してきました

 昨日に引き続き今日も小畔川です。
 セオリーどおり、昼からの釣りです。
 今日は昨日より気温が上がっています。
 水位は下がっていますが期待して下流を目指しました。

PC230073.jpg

 今朝はマイナス3度、よく晴れて放射冷却が進みました。
 何時もどおり5時には起きてしまいゆっくりとお茶を飲んで朝日が上がるのを待ちます。
 日の出前が一番綺麗です。
 輝いて一瞬茜色なってから日が昇ります。

PC230075.jpg

 金堀橋から下流を目指しました。
 ここは水位観測所です。
 ここの駆け上がりには何時も大型が付いています。
 昨日もサブマリンさんは当たりがある度にOOO--とか、ウリャリャーーとか訳のわからないことを言いながら釣っていました。
 精進場橋まで釣り下ってここに戻ってくると家族で釣っている方がいました。
 沢山釣れたでしょうね。

PC230078.jpg

 八幡橋から下流です。
 魚が沢山います。
 一昨年まではこの時期、釣りの対象になるような大きさは居なかったのですが、居るんです。
 小畔3号にしきりにアタックしてきました。
 群れになっていますが、駆け上がりにセオリーどおり付いています。
 

PC230076.jpg

 こんなのが沢山いるんです。
 川に入らずに土手から水中の魚を観ながら流すと食ってくる様子がよくわかります。
 ラインが動いたり水しぶきが上がったりして食っているのが判りますが、上から見ているとその何倍もアタックしているのです。
 フライが落ちた瞬間からオイカワは凄いスピードで追いかけます。
 落ちた瞬間にかぶりつくやつ。
 何回もフライにかぶりつく奴。
 ピックアップでアクションが付いた瞬間にかぶりつく奴。
 こんなに反応しているのに釣れないんですね。
 

PC230088.jpg
 
 ゴミ焼却場も大分できてきました。

 さて、魚の付いている場所です。
 上流と同じですよ。
 駆け上がりに固まっています。
 このようにゆったりした流れには今日は居なかったのです。
 これから更に寒くなってくると深場の物陰に隠れるようになるなってしまうようですが、ここには魚が居ません。
 流れがあるところに群れになっていました。

PC230084.jpg

 この付近の瀬になっているところは水垢も少なく河床は綺麗でしたよ。
 しかし、そろそろ一雨欲しいところですね。
 下流は貸切で遊べます。
 ここの溜まりの上流まで魚信がありました。
 ここから下流、八幡橋まで引き続きチェックしましたが、ここからパタッと反応が無くなってしまいました。
 精進場橋下流まで行ってみましたが、魚が見えません。
 どうしてしまったのでしょう?

PC230094.jpg

 帰りです。
 焼却場を過ぎて右岸から上流の風景です。
 この辺りのどの瀬にもオイカワの群れが付いていました。
 瀬頭で活発にフライを追いかけてくれます。
 御覧のとおり川岸の背の高い草は枯れています。
 どこからでも川に入れます。
 冬場は魚が固まって移動していますから、足で釣ることが大切です。
 一か所に腰を落ち着けず、歩いて探すことが大事です。
 群れを見つけてしまえば楽しいですよ。
 スレてきたら、諦めて次の群れを探します。
 この連続ですね。
 今日も川通しで群れを探して釣りました。
 
 まだ暫くは釣れますよ。
 魚影も濃くて楽しめます。



 
 
スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/23(水) 21:00:01|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<昼の小畔川 魚の付き場がまた変わりました | ホーム | 昼の小畔川 火に油を注いだ方と>>

コメント

jetpapaさん
ゆったりとオイカワ釣りを楽しまれてますね。
やはりセオリーどおりですね!

実はオイカワの捕食行動や性格が知りたくて水槽で飼育しています。
10月に自宅に連れて来たオイカワも餌にも慣れて順調に育っています。
思いの他、大胆でもあり、繊細でもあり、臆病で用心深いところもあり、縄張り意識も強くて驚きと発見の連続です。越冬させたら春に再放流しようと思っています。

  1. 2009/12/23(水) 23:48:17 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

こんばんは。
日の出は6時半ころでしょうか?私の部屋からは背の高いマンションの陰に隠れて若干おくれて日の出が見えます。
さて、この時期流石に水温の方が高い状況かと思いますが、それでもつれるもんなんですね。
オイカワの釣りの奥の深さを感じます。
今年は行けそうにありませんが、来春には一度お邪魔してみたいと思います。
  1. 2009/12/24(木) 00:03:49 |
  2. URL |
  3. ジョニー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

こんばんは!

オイカワは、冬場になると群れで行動するのでしょうか?
僕の自宅前の小川では、一匹オオカミのオイカワが、いまだにハヤを追いかけ回してます。

そういや、産卵以外に、低水温時にはシラメもウグイも団体行動してますね!
  1. 2009/12/24(木) 00:36:02 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

 Megaceryle lugub さん おはようございます

 オイカワを飼育されている方は意外と多いようですね。
 私も小畔川のオイカワ(メス)を2シーズン飼ったことがあります。
 撮影用ケースで見るのと水槽に入れてじっくり観察するのでは全然違いますね。
 小さな水槽で縄張りが作れないようでした。
 しかし、臆病と大胆が同居しているようで興味深い性格が少しわかりました。
 そして隠れ別嬪さん!
 オスの影に隠れていますがドッコイ、綺麗ですよね。

 
  1. 2009/12/24(木) 05:32:58 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん おはようございます。

 この時期は6時50分ごろの日の出になります。
 休みの日はベランダから御来光を眺めていますが、この時期、駅まで歩いていると日が昇ってきます。
 これもお気に入りです。
 昨日は川の中を歩きながら魚の付き具合を確認して釣り下って行きました。
 瀬からトロ場全般に広く魚の付き場を探りました。
 セオリーが生きていることが確認されました。

 何時でも遊びに来てください。
 冬は移動性高気圧に覆われ、風が無くてポッカポカの陽気が最高で、10時ごろから4時ぐらいまで楽しめます。
 特に水温、気温が上がる2時から3時過ぎが釣れるようです。
  1. 2009/12/24(木) 05:40:22 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 camiさん おはようございます。

 小畔川ではこの時期真黒になるほど固まっている群れがあります。
 寒くなるにつれて群れるのか、川鵜が来るから群れるのか不明ですが固まっています。
 そんな訳で何処に魚が居るか歩いて探すのが第一です。
 更に、ナイーブでラインが少しでも群れにかかるとパーーーっと散ってしまい暫くするとまた固まります。
 こんな時はドライは難しくウェットがよろしいようです。
 上流から群れにかからないよう先頭からゆっくり流して釣ります。
 また、流しながら群れの中にラインが入ってもウェットは群れが散らないことを確認しました。
 不思議ですね。
 恐らくラインが群れの上を通過するのは鳥が飛んできたと思うのではないかと。
 食われるぞー!!!
 逃げろ!!
 こんなふうに思っているのかも知れません。
 ラインスピードも影響します。
  1. 2009/12/24(木) 05:48:08 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは、
コアゼは、ギョエイが濃いんですね。
羨ましいです。

今日は沢山、釣れたんじゃないでしょうか?

本日は川島でモツゴFFの帰りにオッペ川で楽しみました。
モツゴは#27以下なら興味を示して食ってきますがラインを触っていても私のタックルだと魚信はつかめずスレルのも早いです。

フライがもっと沢山あればコアゼにも伺うことができたのですが。

三が日周辺のトラフィックの具合を見て、もう一度お邪魔したいと思います。
  1. 2009/12/26(土) 17:37:02 |
  2. URL |
  3. XENA #-
  4. [ 編集 ]

 XENA さん おはようございます。

 昨日は川島町でしたか。
 #27なんて夢の世界です。
 #21でオイカワフライを巻くのが限界でこのフライもよく見るとかなり雑です。
 その前に細かいところが見えなくなってきて居ますからおのずと限界がこの辺りの様です。

 小畔川はオイカワが寒さのせいでしょうか、固まりだしました。
 群れを見つけて釣る。
 これが釣果を上げる大原則になってきました。
 上流飛び石の橋から下流八幡橋まで何時ものようにチェックしてみました。
 昨年に引き続き今年も通年オイカワと遊べそうです。
 3が日も天気が良いようなのでオイカワ日和ですね。
  1. 2009/12/27(日) 08:05:51 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/137-09a41311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)