小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

カマツカのこと

 26日藪次郎さんと吉田橋下のプールの底をのぞいて居たら不思議なものを見ました。
 ここには何時も大型のオイカワが着いており絶好の釣り場で、餌釣り、フライに楽しめる場所でしたが、、、居なくなっちゃったのです。
 なにも居ない訳はないだろうと覗いていたら、茶色っぽい魚が底を這っているのを見つけました。
 鰭を広げて河床に貼りついています。
 ここは以前、細かい砂利底でしたが最近は水量が少ないせいか砂が溜まるようになってきました。
 写真を撮ってみましたが、底と同じで全く確認できないのでここのプール全体にしました。
 暫くそーーーっと覗いて見てみると、みんなでお遊戯はしていなくて、一匹で口をモグモグしていました。
 覗かれているのに気が付いたのでしょうか?
 頭を底に向けて斜めになりました。
 今度は何を食べるのかな?
 尻尾をブルルンと振ると頭が砂の中に入りました。
 ハハーーンこうやって底の餌をあさっているんだ。
 と思って観察しているとまたまた尻尾をブルルン。
 今度は背びれまで砂の中に入ってしまいました。
 一寸変!!
 ななあなんだ???
 更にブルルンブルルンブルルンルン!!
 完璧に砂の中です。
 あれー?
 始めてみました。
 カマツカを小畔川で見たのも最初なら、砂の中に潜っていくところを見たのも最初でした。
 そして、この辺だったよなとロッドのチップで川底を突いてみましたが、反応がありません。
 更に拡大して突いても居ません。
 完璧に隠れてしまったようです。
 藪次郎さんと顔を見合わせてへーーーーっということで別れました。

PC220056.jpg

ウィキペディア曰く
日本では岩手県、山形県以南の本州、四国、九州など、また国外では朝鮮半島や中国北部などに分布している。体長15~20cmほどの細長い体と、長く下に尖った吻が特徴。吻の下には1対のヒゲがある。主に河川の中流・下流域や湖沼の砂底に生息し、水生昆虫などの底性の小動物や有機物を底砂ごと口から吸い込み、同時に砂だけを鰓蓋から吐き出しながら捕食する。繁殖期は春から初夏にかけてである。

おとなしく臆病な性質で、驚いたり外敵が現れたりすると、底砂の中に潜り、目だけを出して身を隠す習性があることから「スナホリ」・「スナムグリ」・「スナモグリ」など、また生態が海水魚のキスに似ていることから「カワギス」など、また鰓蓋から勢いよく砂を吐き出す仕草から「ツチフキ」という別名もある(尚、本種とは別に、一回り小柄なツチフキという魚も存在する )。
と記載されていました。
スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/28(月) 09:28:47|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<年末の渋滞は期待外れ?? | ホーム | 昼の小畔川 soraさんと初対面>>

コメント

jetpapaさん こんにちは。
カマツカ懐かしいです。
幼少の頃に祖父と荒川に行き四手網でそのカマツカやハヤを取りました。
僕の祖父はカマツカの事を「スナムグリ」と呼んでいました。ちなみにハヤの事を「クキ」と呼び、ニゴイの事を「セイネンボゥ」と呼んでいました。
ですので、埼玉の地方名はスナムグリでいいのかなあ?と思います(笑)
  1. 2009/12/28(月) 12:13:40 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

Megaceryle lugub さん こんばんわ

 スナムグリですか。
 覗いていたらあっという間に砂の中に入って行きました。
 当にスナムグリそのまんまですね。
 クキ、セイネンボウなんとなく微笑ましいというか、地元ならではの名前ですね。
 スナムグリも沢山いると良いのですがなかなかお目にかかれません。
 
  1. 2009/12/28(月) 17:40:16 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

かまつか かぁ~~

jetpapaさん、こんばんは。
今はどうか判りませんが、天竜川にも沢山いて、
私の地元では、「ズッコンボウ」と言って、
釣っても余り引かなくて、
棒の様に伸びきったままで上がってきました。
  1. 2009/12/28(月) 21:30:45 |
  2. URL |
  3. けばり #E/G/GWKo
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。

カマツカが健在で何よりです!
私的には吉報で嬉しくなってしまいました。
中学生だった頃(だいぶ昔ですが…)、同じ場所で釣りではない漁法でカマツカを沢山捕っている人もいました。
その方からカマツカを分けて頂いた事もありました。
まだ護岸される以前の話ですが、今もカマツカが健在という事で何だか一安心というか嬉しくなってしまいました。

ちなみに我が家でも数匹飼育してますが、照明をつけた時等は同じ様に底に潜ったりしてます。
川で釣るのは難しいですが、緩い流れの用水でヤマベ釣りをしていると外道で釣れた事はあります。
思い返せば底は砂地でした。
生息するのに砂利・砂は絶対条件の様です。
  1. 2009/12/29(火) 00:12:13 |
  2. URL |
  3. Avant-garde #-
  4. [ 編集 ]

初めてしりました。

jetpapaさん
こんばんは。小畔川にはいろんな魚が住んでいるんですね。
すなむぐり・・・初めて知りました。
いつまでもいろんな魚種が住める流だと良いですね。
  1. 2009/12/29(火) 00:20:10 |
  2. URL |
  3. ジョニー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 けばりさん おはようございます

 カマツカの動きはゆっくりしており、体も細いので釣ってもあまり引かず棒のようになって上がってくる様子が想像されます。
 こんな魚が沢山いると楽しいですね。
 上から見ているとホウボウと同じように見えました。
 体の鮮やかさ大きさは違いますが、底を這いまわっていること、胸鰭の大きさ、口の形を見ていると同じ種で海と川に棲み分けたのかなと思いました。
  1. 2009/12/29(火) 06:09:18 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 Avant-garde さん おはようございます

 カマツカを見つけたのはそれこそ偶然でしたが、嬉しかったですよ。
 いろいろ変わった種類が住んでいるのは楽しいし、この川を守ってきた甲斐があるというものです。
 昔は何でもいたんでしょうが、河川改修、汚染、水量減少、外来種等々厳しいですが良く残ってくれたものです。
 今年はヨシノボリかカジカかわからないぐらい大きな頭をしたヨシノボリ。
 何時もは小さいのが川底をピュッピュと泳いでいるのを見ていましたが、餌で釣れました。
 30cmぐらいのウグイが群れで泳いでいます。
 ニゴイも鯉も元気です。
 ヘラブナも泳いでいます。
 ドジョウも居ました。
 みんな元気に生きています。
 嬉しいことです。
 
 砂利底が沙底に変わったら住む魚が変わりました。
 これも面白いです。
  1. 2009/12/29(火) 06:31:09 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん おはようございます。

 カマツカは初物でした。
 この川にはいろいろな生き物が住んでいますが、見逃していることが多いようで他にどんなのが居るか判らないところがあります。
 最近はワニガメがどうやら繁殖を始めたような気がします。
 ミシシッピーアカミミガメは既に自然繁殖していますが、今年はワニガメの卵らしい物を見つけています。
 ピンポン玉より少し小さなまんまるい玉状の卵でした。
 2年前には足元を10cmぐらいのワニガメのようなカメが2匹流れに乗って下流に下って行きました。
 捕まえようと思い手を伸ばしましたが、残念ながら逃げられています。
 何が住んでいるか判りません。
 今度の夏は夜に川に中で観察してみようかと思っています。
 
 来年のことで鬼が笑っていますかね????
  1. 2009/12/29(火) 06:38:21 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん ご無沙汰しております。

カマツカなる魚、はじめて知りました。
小畦川には、まだまだ、いろんな種類いそうですね^^
来年はブログの外で、是非、ご一緒させていただきたいです。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします^^
  1. 2009/12/31(木) 05:06:04 |
  2. URL |
  3. こげだし紋次郎 #-
  4. [ 編集 ]

 紋次郎さん おはようございます。

 カマツカ、カワイイですね。
 愛嬌たっぷりでした。

 小畔川は誰が来ても大歓迎です。
 何時でも遊びに来て下さい。
 今年は大変貴重なコメントありがとうございました。

 来年も宜しくお願いします。
 
  1. 2009/12/31(木) 05:58:11 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/140-e32b26e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)