小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

遂に行っちゃいました!! 海外初釣り!!!!!

 水たまりをじいーーーっと睨んで右手を振っているところを仕事先の方に後ろから見られていたようです。
 ノイローゼにでもなってしまったのかしらん??
 心配されまして、カウンセリングを受けました。
 どうしてあんなことをしていたのと聞かれたので、実は、禁断症状が出てきまして、これの特効薬は釣りしかないのでありますと正直に答えたのです。
 そうしたら、仕方がないなー治療が必要だな、休養を与えようということになり治療のため釣りに連れてきていただきました。
 ホントか?
 お前、釣り釣り釣りと駄々っ子を決め込んだんじゃないの?
 釣りに連れて行ってくれないんだったら、もう仕事はしませんなんて平気で言っちゃたんじゃないの?
 
 本当のことは藪の中、御想像にお任せします。
 ということで一番楽しい報告です。

 行くぞ!いくぞ!
 いつもフライロッドが荷物の中に入っていますが、今回も出番なし。
 ルアーなんです。
 年に一度ぐらいはロッドを振っていますが、どうなることやら。
 
 それはそれとして念願がかないました。

P6030059.jpg

 ノースダコタに来たのは5月24日、それから土日も休みなし、頑張っちゃったのです。
 仕事先には釣り好きの獣偏がいっぱいいたのです。
 仕事終わったら行く?
 うん、行っちゃう!
 ということで話は直ぐにまとまりやって来ましたデビルズレイク。
 グランドフォークスから1時間半ハイウェイをぶっ飛ばしてやって来ました。




P6030061.jpg

 湖にボートを浮かべていざ出発です。
 後ろのエンジンやたらデッカイのです。
 ノーズには電動のモーターが付いています。
 これはポイント移動時に使用するのであります。



P6030074.jpg

 出発!!
 早いこと早いこと。
 波が無かったのでぶっ飛ばして行きました。
 メーターは50ノットです。
 船は海里を使いますから、1ノット1、852kmとなりますから計算すると。
 90kmを超えています。


P6030076.jpg

 




 ポイントに到着です。
 岸に向かって釣り始めます。
 水位が高く岸際の立ち枯れた木の近くがポイントになります。
 ストラクチャーとでも言うのでしょうか、ここに潜んでいるようです。
 先行者が始めていました。

P6030066.jpg




 いつもの釣り始め儀式。
 イチロウを意識している訳ではないのですが、ついついこの形になってしまいます。
 ボートから釣りなんて初めての経験です。
 ワクワクドキドキ。
 ルアーで釣ります。
 今回の狙いはウォールアイという魚です。
 底付近にいてルアーが上を通るとガボッと食いつくそうです。
 その他に凄いのが釣れるそうです。
 頑張るぞーー!
 治療ですからね。


P6030086.jpg

 出たーーーー!!
 おおーーーー!!
 何これ、凄い顔!
 ハイ、ルアーをやられる方はもう判ってますよね。
 ノーザンパイクです。
 でっかいから暴れるのかと思ったら、根性の無い奴で最初にちょこっと抵抗しただけでヨタヨタと寄せられて網にすっぽり入ってしまいました。
 顔の割に見掛け倒しでした。
 なんて、書いているとお前ホントに釣ったのかよ?
 と言われますよね。
 そうなんです。
 私は横で指を咥えてみてました。
 なんで俺のルアーを食わないの?
 これじゃ病気治療にならないでしょ。



コピー ~ P6030088

 ノーザンパイクを釣ったのはこの方です。
 釣り歴、今日が初めて。
 恐れ入りました。
 こんなでかいのを最初の一匹ですからね。
 ビギナーズラックという言葉が釣りにはあるのですが、コメントのしようがありません。
 しいて言えば開いた口がふさがらないで涎を垂らしながら開けっ放しになってました。
 この方、その後もう一匹ノーザンパイクを仕留めました。




P6030077.jpg

 これは今日の狙いのウォールアイです。
 またほかの方が釣りました。
 私のルアーにはパイクとバスがチェイス、ウォールアイが食いつきましたが、ショートバイトで寄せている間に外れてしまいました。
 ほかの3人は型を見ていますが釣れないのは私だけ。
 治療に来たんじゃなかったのかよ??
 俺の病気は悪化しちゃいそうですよ。



P6030080.jpg

 耐えに耐え待ちに待って、苦節3時間。
 釣れました。
 本命のウォールアイ。
 小さかったのですが嬉しいですね。
 ボーズと一匹では雲泥の差。
 かの開高氏も一本の杭になるときの心境として記しています。
 釣りました釣りました。
 でも一匹ですからね。
 これじゃ、発作は治まりませんよね。
 でも終了時間です。
 後ろ髪引かれる思いで、後ろ髪引かれたくても引かれる後ろ髪が無いんですが。
 これで釣りは終了です。 


P6030081.jpg
 
 これが本命ウォールアイを仕留めたルアーです。
 カベラスで買って来たそうです。
 今回は初めてのボートからのルアー釣り。
 準備から道具立て、何から何までアメリカの獣偏親父にお世話になってしまいました。
 しかし、良いですね、小畔川では初めての方が来て釣り方を教えて下さいなんて言われたらガイドに徹して必ず釣らせるようにしていますが、こちらの獣偏も絶対お前に釣らせるからなとガイドに徹してくれました。
 大名釣りをさせてもらいました。




P6030090.jpg

 今回の釣果は4人でノーザンパイク2匹ウォールアイ2匹バス3匹でした。
 バスはリリース4匹をキープ。
 こんんな形で解体しました。
 こちらの方は基本的に釣った魚は食べるそうです。
 そのためにここにはパブリックの魚をさばく施設があり無料で使えます。
 食べるって言ったって、こんなでかいのを家でどうやってさばくのかしらん?
 心配でした。
 ところがこんな素晴らしい施設があったんですね。
 生きたまんまさばいていました。
 手に持っているのは電動包丁なんです。
 生簀から持ってきて、とたんに始めました。
 おおおおーー!!
 びっくりでした。
 ワイルドですよ。
 いきなりですからね。
 グイイーーンと音をたてて包丁が動くと直接3枚におろしてしまいました。
 皮も引いてお持ち帰りは三枚いおろした身だけです。
 ちなみにパイクの身はサーモンピンク、ウォールアイは白身でした。

 その後です。
 獣偏親父の家に呼ばれて庭で魚を食べました。
 フィッシュ&チップスです。
 これにビール堪らなく美味しかったです。
 こちらは緯度が高いので、日が暮れるのが遅く9時過ぎに日没です。
 日没そして空があかね色からだんだん暗くなって、星がまたたき素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
 味はどうだったかって、最高。
 塩コショウ小麦粉をふって油で揚げてくれました。
 魚の出汁が油になじんだら今度はスライスポテトを揚げてチップです。
 広い庭で火を囲んで幸せな時間を過ごしました。
 心の中にちょっと、ウソが入ってます。

 ホントは今度はもっと魚と遊ばなくっちゃね。
 一匹じゃ発作は治まらないんだよ!!
 なんて心の隅で思ってました。

 ということは、当然、また行っちゃいますよね。
 こう、ご期待!!




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2010/06/07(月) 23:45:59|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<治療が上手くいかなかったのでもう一度行きました。 | ホーム | オオフサモ駆除顛末記 入間川出張所が駆除してくれることになりました!>>

コメント

jetpapaさん、こんにちは(^_^)v

楽しそうですね~(^ω^)
なんとも豪快そうで、ふだんのフライ釣りとはまったく趣が違っていい経験でしたね。
釣り初体験の人がいきなり大物仕留めちゃうのも
また釣りの楽しさですよね~。
しかしこれじゃ益々発作が出そうですね。
  1. 2010/06/08(火) 08:34:54 |
  2. URL |
  3. ティーグ #ZN1EW8ls
  4. [ 編集 ]

 ティーグさん おはようございます。

 ビギナーズ・ラック あるんですね。
 言われたことを素直に実践したらモンスターですよ。
 更にもう一匹!
 これだから釣りは止められない。
  1. 2010/06/08(火) 09:45:47 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様です~
つ・い・に ですねぇ!
一気に虜にされちゃったんではないですか?
私もほぼ同じバスボートで遊んでいましたので、
雰囲気良く判りま~す。
次はランカーですよ、きっと。
デビルズレイクの出張が増えますね!!

  1. 2010/06/08(火) 10:21:12 |
  2. URL |
  3. しろさぶろう #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん こんばんは。
ウォールアイ!開高健著のオーパオーパ北アメリカ偏でウォールアイの事を読んだ時にグラビアに美しい目が写っていたのを覚えています。
今回の釣行記、楽しませてもらいました!
写真の釣られたルアーはラパラのSR7(シャッドラップ・ラパラ7センチ)ですね、僕も大好きなルアーでシーバスやブラックバスも大変良く釣れます。
世界中で人気のあるルアーだと思います。
  1. 2010/06/08(火) 19:37:54 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ヽ(^。^)ノ

こんばんは
ご無沙汰です
ついにですか凄いですね
向こうの魚とこっちの魚では
ひきが違いますかね
(*^_^*)

どっちにしても
竿につたわるあのビクビク感は
たまりませんね
もう何年も釣りはやってませんが
あのピクピク感
大物ならグゥワっとくる
あの感触は忘れようにも忘れられない
ですよね 見ているだけで
興奮してしまいました
ありがとうございました
  1. 2010/06/08(火) 21:45:01 |
  2. URL |
  3. ranran #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

その病気、まるで釣りバカ日誌のハマちゃんみたいですね(笑)

ノーザンパイクやウォールアイに咬まれないように気を付けて次回も頑張って下さい!
  1. 2010/06/08(火) 23:14:53 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

おお、羨ましいっ!
1か0、大きな違いですね。
まだ微熱が続く、といった感じなんですネ。

電動包丁、そんなものがあるんですね。
ボクはテネシーのバスプロショップに行った時に
ルアー用のリールからラインを全部出す電動ライン出し機についバイトしました(笑)
それ以来その手の店に行っても「電動」には気をつけています。
  1. 2010/06/08(火) 23:46:31 |
  2. URL |
  3. いわなたろう #-
  4. [ 編集 ]

すごい

jetpapaさん。お疲れさまでした。
お会いした時の宣言のとおり釣りをされたんですね。しかもバスやパイクだったとは。。。
格好良いですねー。。。海外はスケールが違いますね。
それにしても写真がキレイです。

  1. 2010/06/09(水) 00:52:57 |
  2. URL |
  3. ジョニー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 しろさぶろうさん おはようございます。

 ついに行って来ました。
 岡っぱりの釣り師も居ましたが、ストラクチャー周りはどうしてもボートに歩が有る見たいです。
 また、岸際には湿地帯を通らないと行けないのでポイントが限られますからね。

 ワクワ、ドキドキ、オリャー、ドッポン、スイー、ガボ、シュ、グイグイ、ランディング。
 こんな気持ちで過ごさせてもらいましたが、最後まで行ったのは一度だけ、次はこのパターンを何回も続けるぞーーっと。
 心の中で誓っていました。
  1. 2010/06/09(水) 05:12:02 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 Megaceryle lugub さん おはようございます。

 オ―パですよね。
 ウォールアイは北米でとっても人気が有る魚のようでした。
 今回の釣りもウォールアイのデカイのを沢山釣って食べようとということから始まりました。
 名前の綴りはWALL EYEです。
 最初に、会話の中でオーライ、オーライと言っていたの何がオーライなんかななんて勝手に想像していました。
 そうしたら夕食に是非注文しろということで、ウォールアイのフライを食べてまして、白身で美味い魚であることが判りました。
 パイクよりもウォールアイを釣りたいそうです。
 どっちも美味しかったのですがね。

 ルアーは確かにラパラでした。
 引っ張ると潜って行きますしアクションも良かったです。

 日曜日は11時15分ホテル発で帰る予定でしたが、朝から(6時には始まってました)土日は釣り番組(ラパラ、カベラス、アブ、ダイワ、ヤマハ等々提供)をズーットやってるんです。
 そろそろそろそろと思いながらテレビばっかり見ていて、危うく遅刻しそうになりました。

 次は100均のルアーを持って行ってどのくらい釣果に差が出るかチェックしてみたいです。
  1. 2010/06/09(水) 05:27:01 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ranranさん おはようございます。

 釣れます、釣れます、釣れますというのが彼らのキャッチコピーで流石良く知ってますし、仲間と何処何処何処が良いのとしょっちゅう連絡しながら案内してくれました。
 デッカイから引くんですよ。
 でも、ラインブレイクの心配はないんです。
 私は、0,8号号でヤマメ、イワナ、2号で鯉を釣っていますが、こちらの仕掛けは頑丈その物でした。
 ラインは最近の素材でルアーが引っかかったらそのまま引っ張りゃ取れるからとにかく引っかかったらラインを押えて引っ張れ。
 こんな大雑把。
 確かにそれで外れていました。
 魚と綱引きになってしまい、やりとりの楽しみは少し足りないような気がしました。
 しかし、魚にとってはこれが最高に良いのです。
 キャッチアンドリリースが流行ってますが、魚が鈎にかかったら暴れる前に取りこんでさっと鈎を外してリリース。
 そのとおりでした。
  1. 2010/06/09(水) 05:39:14 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 camiさん おはようございます。

 やっぱり治療は必要ですよね。
 放っておくとロクなことが有りません。
 慢性化している場合には病気とうまく付き合っていくことが大事ですとお医者さんも言ってました。
 ちなみにノーザンパイクとウォールアイの口見ましたよね。
 こんなのに食いつかれたら指が穴だらけになってしまい大変なことになってしまいます。
 でも、左手の親指が結構傷だらけになっています。
 実はバス釣りにも行って来ました。
  1. 2010/06/09(水) 05:44:24 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 いわなたろうさん おはようございます。

 電動! 良いですね、この響きが惑わすんです。
 私は 限定!とか 掘り出し物! この言葉に惑わされています。
 今回もカベラスの掘り出し物コーナーで買っちゃった。

 不惑をとうに過ぎているのに惑わされているばっかり、釣り師は濡れるもんだそうですけど残念ながら髪の長い方には相手にされないのでこちらでは惑いそうもありません。
  1. 2010/06/09(水) 05:49:40 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん おはようございます。

 いつも出張に行く時は宣言しているんですよ。
 何回(言って)行って何回道具を運ぶだけだったか判りません。
 今回は同じ病気に罹っている仲間意識が強かったのが原因かと思います。
 滞在先の近くには車で15分も走れば鱒釣りができる川もあるそうです。
 どちらかと言えばこんな大仰な釣りよりもフライで鱒で十分なんです。
 しかし、足が無いのでどんな釣りでも連れて行ってもらえるだけで大満足。
 楽しんでしまいました。
 次回も連れて行ってもらえそうです。
 しかし、此処が大事。
 仕事は仕事、釣りは釣り、終わらなかったら絶対に連れて行ってもらえません。
 こんな時は水溜りをじーっと眺めて信号を送ってます。
  1. 2010/06/09(水) 05:58:57 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
水面を眺めながら手を振っている後ろ姿と、湖に立ちボートに乗っている時の jetpapa さんの表情のギャップを眺めたかったですな~個人的には!ボートに乗っている時はさぞ良い表情だったのでしょうね(笑)

次はデッカイの釣って下さいね~
  1. 2010/06/09(水) 08:44:20 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

羨ましいー。

なんか雑誌読んでる気分になりました。
パイクやウォールアイなんてちょっと違う世界で
憧れます。
「もっと遠く」みたいですねえ。
  1. 2010/06/09(水) 23:20:16 |
  2. URL |
  3. にーさ #6x2ZnSGE
  4. [ 編集 ]

 hiraipapaさん こんばんわ

 そりゃ楽しかったのであります。
 どんな顔をしていたかって??そんなの考える暇もないほど釣り釣り釣りでした。
 えへへへ!!
 多分、頬っぺたが緩むどころか垂れ下がってニヤニヤしまくって街で会ったら警察に通報されてたかもしれませんな。
 今日も思い出して電車の中でうへへへへ!
 危なかった!
  1. 2010/06/09(水) 23:23:03 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 にーささん こんばんわ

 パイクもウォールアイも今回初めてこんな魚なんだと触ってみることができました。
 どちらも凄い口で噛みつかれたら大変です。
 でも触ってみないと気が済まないので感触を楽しみました。
 こんなすごい魚を実際に釣れたなんて本当に幸せ者でございます。
 
 こうなると毎回水溜りを覗いて右手を前後に振るおまじないをするようになると思います。
 
  1. 2010/06/09(水) 23:30:42 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/206-98441dd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)