小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

治療が上手くいかなかったのでもう一度行きました。

 ??
 !!

 解説しますと 行きますか? 行く行く! となります。
 近くの川でトラウトフィッシングを計画してくれましたが、早朝川を見に行ったら水位が高すぎて釣りにならないとのことでした。
 別の獣偏親父がそれじゃバスでもやってみるかということで?? !!
 急きょ決まったのです。




P6050094.jpg

 今度はこのボートです。
 これが良いんだよ。
 モーターをセットして椅子が二つ。
 隠密行動をするには最高だぜ!!
 今度の獣偏親父はこう言い切りました。
 なんとこの親父前職はカリフォルニアでフィッシングガイドをしていたそうです。

 秘密のポンドに連れていってやるからな。
 ここなら発作は完全に治まって、完治するかもしれないよなんて言っていました。



P6050098.jpg

 そのとおりでした。
 流石でございます。
 次から次と釣りあげます。
 こうやってキャストしたらフラフラふらっとソフトルアーが底に沈むんだ、するとな、バスは堪らず食いつくんだよ。
 底に沈んだらロッドをスーッと立てて手前にラインを引くんだ、竿を戻すとまたルアーは沈む、余ったラインを巻き上げる。
 この繰り返しだ。
 ポイントは判るか?
 岸際の水草の際、1フィート中に入れてからリトリーブ開始だ、やってみろ。
 恐らくこう言っているんだと思いましてその通りやってみたら。



P6050102.jpg

 なかなか釣れません。
 ガイド親父は快調に釣って行きます。
 この魚はテイルヲークです。
 バシャバシャ水面を尻尾で叩いて吹っ飛んでいきます。





P6050108.jpg

 やっと釣れました。
 ショートバイトの連続でなかなかフッキングしなかったのですがやっとフックオン。
 ここで言ってみたかった言葉がありまして言いましたよ。
 フィッシュオン!
 これを言ってみたかったんだ。
 実は今回バス釣り初体験。
 小畔川で狙ってみましたが全然フライでは相手にしてもらえなかったのです。



P6050110.jpg

 ここは隣のミネソタ州メイプルリーフの近くにある名もない池です。
 畑の真ん中、こんな池、湖が点在しています。
 釣り大好き人間には天国。
 リタイアをした後に湖の近くで老後を釣り三昧で過ごす人が何人もいました。
 こりゃ堪らんなんて言っているんですね。



コピー ~ P6050101

 今回案内をしてくれたアメリカの獣偏親父です。
 ニヒルですね。
 こうやって釣るんだぜ!
 良いかい判った?
 そんな感じで教えてもらいました。 



コピー ~ P6050105

 それに比べて私は、へっへっへっへっへーー。
 うぉっほほっほーー!!
 天まで昇って行きそうでした。




P6050117.jpg

 最後にライセンスです。
 下がノースダコタ州発行デビルスレイクで使用。
 上はミネソタ州発行名も無い池で使いました。
 ちなみに下は3日間有効で15ドル。
 上は1日有効で10ドルでした。
 ちゃんと遊魚券買って釣りましたよ。
 

 次は釣り規則について書いてみます。
 乞うご期待。




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

  1. 2010/06/10(木) 20:55:12|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<ブンズ色とドドメ色 | ホーム | 遂に行っちゃいました!! 海外初釣り!!!!!>>

コメント

jetpapaさん こんばんは。
今度はバスですね、日焼けした腕にでっぷりしたお腹のバスがいい雰囲気出してます。
日本のバスよりも野性味を帯びてるのはやはりネイティブだからでしょうね。
まさにフィッシュオン!そのものですね。
  1. 2010/06/10(木) 21:26:00 |
  2. URL |
  3. Megaceryle lugub #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

わぉ

異国の釣りですか

フィッシュオンが似合う風景ですねぇ

水辺で老後憧れます

河原乞食っててもあるが(笑)
  1. 2010/06/11(金) 00:42:45 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

  Megaceryle lugubさん おはようございます。

 秘密のポンドに行くというからどんな所かと思ったらこんなにデカイ池でした。
 バス釣りは全く初めてでオイカワフライのつもりで早合わせの連続で、釣れなかったのですが、コツを覚えたらこのとおり、十分に堪能しました。
 ラージマウスバスでしょうか。
 こちらでは日本以上に環境管理に関して厳しく、生きたまま魚を持って帰ることはできません。
 つまり、密放流なんかやったら直ぐ後ろに手が回りますし、ピストルを腰に下げた監視員が巡回しています。
 この辺のいきさつについては、暇な時に少し書いてみたいと思っています。
  1. 2010/06/11(金) 03:49:43 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ジェロさん おはようございます。

 この池の直ぐ近くにメープルレイクと言うこれまた美しい湖が有りました。
 湖畔にはコテージが建っており此処で老後を過ごしている方が何人もいらっしゃいました。
 今回案内していただいた獣偏親父の御両親もリタイア後此処に移住されたとか。
 桟橋が有ってボートが係留されていました。
 水上飛行機が此処で離着陸することができるので、湖に面したコーヒーショップに横付けして飲んで帰るんだそうです。
 ただただ、へーーー!

 その代わり冬はとんでもないことになってしまうそうで、氷の世界!
 -30℃まで下がるので、車はエンジンがかからなくなってしまうから夜はヒーターでエンジンを温めておくそうです。
  1. 2010/06/11(金) 03:58:27 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、おはようございます(^_^)v

どこの国に行っても釣りキチはいるものですね(≧▽≦)
初バスで発作は治まったでしょうか?
帰国されてからも釣りの幅が広がっちゃいますね(^ω^)
  1. 2010/06/11(金) 08:35:53 |
  2. URL |
  3. ティーグ #ZN1EW8ls
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです。

今回は海外の釣りを初体験されたとかで羨ましいです。
地球の歩き方や小畔川通信Versionのアメリカン・ウォーカーっぽくて、自分も行った気分で楽しく拝見させていただきました。

淡水魚の釣りはしばらくの間、お預けしていましたが明日あたりにやってみたくなりました。

というか、行きます。絶対に。
今から幾つか巻き巻きして戦闘準備します。
  1. 2010/06/11(金) 20:32:29 |
  2. URL |
  3. XENA #-
  4. [ 編集 ]

 ティーグさん こんばんわ

 これでやっと発作が治まったようです。
 こちらのバスは元気一杯グイグイ引いてくれました。
 どんな魚でもどんな釣り方でも楽しいです。
 初めてのバス釣りも楽しかった!!
  1. 2010/06/11(金) 22:27:51 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 XENAさん こんばんわ

 今回は大満足なんですよ。
 直ぐに釣れると思いがちですが、正規手順を取らないで適当にやると大変な事になります。
 私有地で釣ったりしたら撃ち殺されても文句は言えないそうです。

 毎回、個人で動いているので気が抜けません。
 地球の歩き方とかの旅行本は全く読んだことが無いんですよ。
 だから、周辺の有名ポイントはほとんど知りません。

 それでも、行き当たりばったりの旅もリスクが大きいのですが楽しいです。
 ただし、飛行機の乗り換えなんかは不安で不安で一人の時は絶対に居眠りなんかできません。
 耳を澄まして何て放送したんだ、どう言ったのかしらん??
 緊張の連続でありますよ。
  1. 2010/06/11(金) 22:38:44 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

今日は暑いですね

>釣れます、釣れます、釣れますというのが
>彼らのキャッチコピーで流石良く知ってま
>すし、

飛びます 飛びますでしたら
かなりうけますね
(*^_^*)

>仲間と何処何処何処が良いのとしょっちゅう
>連絡しながら案内してくれました。

海外の人は凄い優しいですよね
ハワイでそう思いました

>ラインは最近の素材でルアーが
>引っかかったらそのまま引っ張りゃ
>取れるからとにかく引っかかったら
>ラインを押えて引っ張れ。

最近はよくなりましたね
ニュースで針がテグスが
鳥にと見るとドッキっとします
今までは糸が切れてしまいましたので
これは釣り人にとって嬉しいです

今回も大物ゲットしましたね
(*^_^*)
一度は海外で釣ってみたいです
出来れば食べられる魚
チョウザメ釣ってキャビアを
もういらないと言うほど
(*^_^*)
  1. 2010/06/12(土) 14:18:22 |
  2. URL |
  3. ranran #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

  ranranさん おはようございます。

 底抜けのお人良し。
 釣り人には多いと思っています。
 特に教えてなんて聞かれたら、絶対釣らせちゃうぞ――! なんて人が大半です。
 もちろん、中には何寝言言ってんだ、なんて態度の人もいますがこれらは例外でしょう。
 濡れている人は親切です。
 
 日本人も底抜けに親切だと思っているのです。
 知らないところで道を聞いたり、お店の場所を聞いたりすると中には目的地まで連れて行ってくれる方もいます。
 特に外国人がカタコトの日本語で尋ねてこられたら、なんとかしなくっちゃ、このまま放っておいたら日本人の恥だなんて思わないけど親切になっちゃいますね。
 釣り具の発達で釣り師のハンディキャップは無くなってきていますね。
 細くて強いライン、美味そうなルアー、反発力が素晴らしい竿そんな装備に性能抜群のボートで何処にでも、何処からでも攻められる、これで釣れなくてどうする?

 大物が簡単に釣れて楽しかったのですが、私の求めている釣りと何処か違うような、そんな違和感が本文では書かなかったのですが少し残ってしまったのです。
 当然、機会が有りましたらまた釣りますよ。
 釣りをしないということではないんですが、日本でこのスタイルは自分だけ良ければになってしまい無理かなと思ったのです。
  1. 2010/06/13(日) 02:05:05 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/207-25a041a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)