小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

グリーンリバー

 シアトル郊外のウェスト・バレイ・ハイウェイというところのホテルに滞在していました。
 このホテルの裏がグリーンリバー。
 ラッキー!
 行けますぜ!
 街の釣り具屋さん、オービスショップで聞きました。
 グリーンリバーではどんな魚が釣れるんかしらん??
 グリーンリバーだって?
 んだ!
 隣のメイプル・バレーを流れる川はサケが遡上するし、スチールヘッドも居るし、○○鱒も××魚も居るよ。
 知ってます。
 昨日、川を見に行ってきました。
 ここで生殺しの刑にされました。
 釣りたいのに、この川にはサケが昇るとかスチールヘッドがそこの沈んだ木の下にいるとか、あおられっぱなしでした。
 橋の上から川を覗いてのお話で竿があったら、ウェーダーがあったら、飛び込んでやろうと思ってしまいました。
 こんなのが生殺しですよ。
 仕事帰りに車でスーーイっと連れて行ってもらっただけでした。

 車が無いと行けません。
 歩いては行けないのであります。

P8090074.jpg

 僕が知りたいのはホテルの裏を流れるグリーンリバーの情報です。
 曰く、居るんじゃない。
 どうゆうこと?
 オービスショップでは河川情報として今釣れている魚を有名河川ごとに表示していますが、グリーンリバーは無かったのです。
 街の中を流れる、小畔川よりも大きい川ですが、その名のとおりグリーンの水が流れています。
 グリーンリバーねーー!
 たぶん魚がいるんじゃない。
 こんな反応でした。
 せっかくですからライセンス下さいって、お願いしたら、うちじゃライセンスは扱っていませんとのこと。
 他の釣り具屋で買ってねと簡単に断られてしまいました。
 
 さて、グリーンリバーです。
 宿に帰って5時、外は明るいのです。
 早速竿は持たずポイントは?
 アクセスは?
 チェックに行きました。
 竿を持ってライセンス無でしたらこちらでは大変なことになってしまいます。
 密漁は罪が重いのです。
 牢屋に入らなくてはなりません。
 そんな訳で手ぶらでブーラブラ、川岸の散歩道を歩いてみました。
 本当は進入禁止でした。
 上流のダムがオンボロで決壊するかも知れないので遊歩道の外側に土嚢が高く積まれていたのです。
 これくらいは勘弁してもらい探索に行ってきました。


P8090067.jpg

 あれれれれ?
 水辺に行けません。
 土手は全面にわたり木イチゴが密集しており通れないのです。
 また、急斜面で落っこちたら上がれません。
 こちらの木イチゴ、ブラックベリーですよ。
 誰も採っていません。
 歩きながら何個か食べました。
 甘くって粒粒の種が入って最高の味。
 また、実がでっかいのです。

P8090072.jpg

 木イチゴの茎の太いこと。
 日本の木イチゴの何倍も太くって大きいのです。
 これが川岸にズーッと生えていました。

 ウサギも沢山いました。
 足元からピョンっと出てくるとドキッとします。
 そうか、こいつをとっ捕まえて顔の皮をはがして売っているんだ。
 直ぐにピンときましたよ。
 正にフライショップで売っているあれでした。

 結論!
 川に近付けないので今回の釣りは無!
 辛いです。

 歩いて川面を眺めても夕方だというのにライズもありません。
 川底は砂のようで、渓流魚が住む川とは違ったようです。
 何か川の中を泳いでいるような感じがしましたが、確認はできなかったのです。

 今度はウェーダーも必要になりそう。
 何処かの川に放流してもらいたいです。

 ちなみに、3本川を見に行き、湖も高台を走るハイウェイから眺めましたが、釣り人は何処にもいませんでした。

 皆さん、何処に行って釣っているんでしょうか?

 こちらでは安近単は流行らないんでしょうかね?





スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

  1. 2010/08/12(木) 09:38:00|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シアトルは涼しくって快適 | ホーム | 今朝の小畔川 何度目の産卵でしょうか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/228-9898ae9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)