小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

お盆超特急

 8月12日シアトルから帰り、翌13日は福島へ。
 どうしてそんな忙しい動きをしているかって?
 お盆です。
 福島県は旧でお盆があります。
 そのため、奥の実家のあるこの地区では新盆廻りという風習があり私が回ってきたのです。
 ホントは釣りですよね。
 新盆が、つまり昨年無くなられた方のいらっしゃるお宅では灯篭を立てているのです。
 お付き合いのあるお宅にはお盆詣りに伺うわけです。
 その目標が灯篭なのであります。
 私は、この地区にはほとんど知り合いがいませんから、回ったとしてもこの人誰か知らん??
 ご仏前の香典袋を見てどちら様と聞かれることがたびたびです。
 そう、統一規定で新盆周りの香典は1000円と決まっているのです。

 昨年、一昨年とこの行事については詳しく書いていますからそちらも参考に。



P8140090.jpg

 8月14日は午前中あいにくの雨でしたが、廻りましたよ。
 山の上から谷の中まで、滝根町の中をグールグル。
 親戚の方とばったり出会ったり、一念で一番交通量が増える時期です。
 道が狭いところでは離合ができなくなったり大変でした。
 
 ここは入新田地区の最上部です。
 向かいの山が霧に煙っていました。


P8140089.jpg

 この馬、実はオグリキャップなんです。
 ウッソーです。
 入新田地区で釣っていると小高い丘の上からいつも私を見つめているのです。
 今回初登場です。
 実は、川を挟んで山側のお宅で飼っている馬です。
 だいぶ高齢のようで白髪になっています。
 10年前から白かったような気がするのですが、奥は白髪になったといっています。
 この下、釣れるんですよ。
 夕まず目にはいつもライズがあります。


P8140093.jpg

 定点で来ると必ず立ち寄るところです。
 水量が最適、ぶっつけにナチュラルで流したら、バシャっと出るんでしょうね。

P8140091.jpg

 そして反対側の下流に向かってです。
 水量ばっちり、嗚呼ーー、川が呼んでいる。

 でも行けないんです。

 たぶん道具を積んでいるとこんなところに来たら着替えてしまいそうなので、今回は釣り具一式自宅に下してきたのです。
 これって、拷問?
 お盆周りのお宅はどういう訳かこの川沿いに多かったのです。
 車を停めて歩いていくと川が目に入ります。
 見ないようにしても、見えます。
 
 苦しい、福島でした。
 こんな日は釣れるんですよ!!


スポンサーサイト

テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/08/15(日) 16:27:42|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夕の小畔川  お風呂のような水温でもライズがありました | ホーム | シアトルは涼しくって快適>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/229-c0cbaba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)