小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

 暑い夏です。
 この夏休みは連日30度を超えていました。
 川越ではエアコンがある生活は当たり前ですが、こちらではそんなものありません。
 夏に何日か30度を超える日がありますが、夕方から涼しくなり夜は布団をかけないと寝冷えしてしまいそうなのが通年の夏です。
 ところが、今年は暑い。
 日が昇るとどんどん気温が上がり10時には30度を超えていました。
 夜も寝苦しく朝方にやっと涼しくなる毎日でした。


P8220025.jpg

 田村市滝根町広瀬地区は古い家並みが続いています。
 改築されて瓦屋根が多くなっていますが、よく見ると古い作りの家がほとんどで、道に沿って並んでいます。
 宿場町のような雰囲気です。
 昔は茅葺の屋根が並んでいたのだとおもいます。
 ここを通る度に妙に気になっています。
 また、この手前には大きな古い家が道から離れてあります。
 屋根の作り等々気になっています。
 



P8220031.jpg

 和貢地区から入新田地区を望。
 夏井川は右側を流れています。
 源流は風車がある尾根とその手前の尾根に挟まれた谷の上流にあります。
 何ともほっとする風景ですが、遠くに見える風車が気に入りません。
 風力発電はエコだそうですがヨーック考えてみると踊らされているのではないでしょうか。
 この工事で夏井川源流は土砂が流れ、一度は壊滅状態になってしまいました。
 漁協には保証料が支払われたとか。
 この工事にかかる資材。
 コストパフォーマンスを考えてこれだけの数で元が取れるのか疑問です。
 というのは、先にアリゾナを訪れた時に(記事あり)風車、風車、風車、どこまで行っても風車。
 その数数千数万、いくつあったか数えきれないほどでした。
 転換期に来ているようで風力発電はもう増やさないそうです。

 ヨーロッパ、ドイツ平原を列車で旅した時も異様でした。
 日本で風力発電がブームになるずっと前のことでした。
 バルジ大作戦、知ってます?
 第2次世界大戦でドイツ戦車群と連合軍戦車群との戦いです。
 この戦場を列車で通りました。
 一面の平原に丘陵が続く雄大な景色でした。
 しかし、この丘に風車が並んでいました。
 なだらかな曲線の風景の中に幾何学的な直線。
 緑の中に純白。
 違和感がありました。
 これが今の日本の景色の中に増えてきています。
 嫌いな風景です。




P8230043.jpg

 話が脱線してしまいましたが、入新田地区を登っていくと浄水場の下に不思議な物が作られていました。
 これなんだ?
 大きな丸い柵ができていました。
 その中には白いアンテナのようなものがずらっと並んでいます。
 青森県三沢、沖縄県読谷にある情報収集施設と同じ物?
 そんなふうに見えた施設でした。
 ホントは何をする所???
 とっても気になります。
 滝根にお住まいの方、なんなのか教えてください。


P8230036.jpg

 草刈り地獄、隣との境を刈りましたが、そこから自宅のほうはパス。
 当然、何時もの剪定もパス。
 庭は荒れるに任せています。
 そんなわけで上だけ。
 このエンジュの木(正確な名前は解りません。皆さんエンジュと呼んでいますので)
 庭で一番大きな木です。
 ここないろいろな鳥が飛んできます。
 特に朝は鳥が起こしてくれます。
 なんという鳥か解りません、姿もわかりませんが元気をくれる鳥がいます。
 毎朝、同じ時間に囀ります。
 キョロキョロピーピー、キャララキャララ、ピョウーキャラリン。
 ピリョリョキャラーピョンピーヒャラリン!!
 とても長い囀りです。
 「起きて起きてもう朝ですよ、今日も元気で頑張ってくださいね。」
 こんなふうに聞こえるのは僕だけでしょうかね。

P8240044.jpg


 玄関から私と一緒にオニヤンマが入ってきました。
 なかなか出られません。
 疲れてしまったのでしょう。
 蛍光灯に留まって休憩です。

 オニヤンマはこんなふうにぶら下がって留まります。
 赤とんぼとか塩辛トンボは水平に留まりますが、ヤンマ類は垂直です。
 小学生の頃、学校にヤンマを持ってくる子がいました。
 ヤゴから羽化するところを持ってきます。
 つまりヤゴが水辺の草とか葦を登って良いところでぶら下がってトンボの羽化する奴を見つけて、草ごと触らないで持ってくるのです。
 大事なのは絶対に触らない事なのです。
 触ってしまうと羽がきれいに伸びなかったり体が曲がったりしてしまい死んでしまいます。
 この羽化寸前のヤンマを教室の窓際に置いておくのです。
 そうするとお昼までには羽もピーーーンと伸びてしっかりします。
 そして窓から外に飛び出していくのです。
 時には頓馬な奴が教室を飛び回って愛嬌をふりまいたり、そんな事を思い出しました。
 のどかでした。

 網戸を開けておいたらいつに間にか外に出て行きました。


 
スポンサーサイト

テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/08/26(木) 07:44:25|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<夏井川、桶売川、鹿又川、千翁川そして大滝根川 | ホーム | これってどんな味??>>

コメント

こんにちは

銚子にも風車がたくさんあります
何だか歩き出しそうで恐いです(笑)

円柱形の施設は気象だか航空関係のモノだと
アタシのメインフィールドへ向かう途中にもあります

↓ヤキソバいい色ですなぁ♪♪
  1. 2010/08/26(木) 17:33:47 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

 ジェロさん こんばんわ

 風車不気味なんです。
 ドンキホーテが風車の巨人と戦う寓話がありますが、不思議な光景です。
 自然の中の直線、純白は少し、違和感があります。

 この円形の建造物、何なんでしょうね。
 山の中ですよ。

 焼きソバは今までにない食感で癖になりそうです。
  1. 2010/08/26(木) 18:48:58 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

風景の中に

こんにちは。
今日も暑いですね。外へ出たくなく今朝から竹をいじってます。
温暖化の問題にたいしては賛成ですが設置に対しては景観は良くないですね。
低い周波数帯域での振動の問題や、関わった人の利害関係がすくなからずかかわるこなどいろんな問題がありますね。
岩手でも牧場など多い地域では子の手の風力発電が盛んに行われています。
すごいなーとおもう反面こうなるまえにもっと。。。
なんとも残念な景色に感じて成りません。
  1. 2010/08/28(土) 10:36:31 |
  2. URL |
  3. ジョニー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん こんにちわ

 景色がだいなしでがっかりです。
 自然の中で直線とか純白は浮いてしまいます。
 あんまり回っているのを見たことがありません。
  1. 2010/08/28(土) 14:00:47 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/233-03a176c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)