小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

鹿又川でイワナと大ヤマメ??

 金曜日の夕方からまた福島へ。
 土曜日早朝と夕方鹿又川へ行ってきました。


P9110131.jpg

 道路脇のこんななところが大好きです。
 車を停めてはいどうぞ。
 ウェーダー、当然長靴タイプでウェストですよ。
 履き替えて直ぐ釣れます。
 安近短には最高の場所です。

P9110134.jpg

 どうもこの川のイワナはこんなのばっかりで、昔釣っていたイワナと模様が違っています。
 前回もこんな模様でした。


P9110135.jpg

 腹の色はオレンジで今までのイワナとおんなじ、
 どうしてこんなに違うんでしょうか?

 今回のガッカリ。
 この後、大物が釣れたんです。
 今季最高。
 デカかったんです。
 下流に走られてしまいました。
 グーーンと伸びてプッツン。
 嗚呼ーー!
 デカかったな!
 尺ヤマメという事にしておきます。

 今朝も行こうと思ッたら朝から土砂降り。
 止めておきました。

P9110133.jpg

 柏屋さんです。
 福島県本宮市にあるカツ丼屋さんです。

 ここのソースかつ丼美味いです。
 奥のお気に入り。


P9110132.jpg

 手前は僕の一押し!
 地鶏烏骨鶏親子丼です。
 これは美味しい。
 地鶏の肉の味が奥深いのです。
 最近はこればっかりです。
 向こうはロースカツ丼です。
 ご飯の上にキャベツが敷いてありその上に自家製ソースを通したカツが乗っています。
 奥の大好物。

スポンサーサイト

テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/09/12(日) 16:37:13|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<夕の小畔川 ドライでオイカワを楽しみました。 | ホーム | 天降川でティラピアとオイカワを釣る>>

コメント

↓ティラピア
子どもの頃の愛読書
「釣り入門」にもすでに載っていましたなぁ

外来魚

何でも水に流すこの国の文化でしょうか


鯖?

流れ文様のあるイワナ
養殖による影響でしょうね

この狭い祖国にあふれる釣り師 魚撮り
自主規制なんて望めないので
徹底した法管理が望まれます

カツ丼注文する女性アタシ大好きです(爆)
  1. 2010/09/12(日) 23:47:33 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

大物をバラシたのは痛いですね~(>_<)
またリベンジお願いします。

烏骨鶏の親子丼はかなり珍しいですね!
食べてみたいな!!
  1. 2010/09/13(月) 03:31:25 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

カツ丼はソースカツ丼ですね、おいしそう!
イワナはすごい虫食い模様ですね。
このあたりで放流のない川では模様がありません。
こんなのも釣ってみたいな!
  1. 2010/09/13(月) 18:09:59 |
  2. URL |
  3. いわなたろう #-
  4. [ 編集 ]

 ジェロさん おはようございます。

 鯖のような模様のイワナが釣れるようになってきました。
 放流の影響でしょうか?
 10年以上前、フライを始める前は餌釣りでした。
 この頃にはイワナらしい模様のイワナだったような気がします。
 放流がされない沢のイワナは昔ながらの模様でした。
 腹はオレンジ色をしています。
 この川も純潔が踏みにじられているんでしょうか?

 柏屋さんではご婦人もカツ丼でしたよ。
 地鶏烏骨鶏親子丼を頼んでいたのは私だけでした。
 美味しいんですがね。
 皆さん、地鶏の噛めば噛むほど味がある肉の美味しさ、ここでしか食べられない貴重な味を解っていないのかも?
  1. 2010/09/14(火) 04:37:08 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 camiさん おはようございます

 何時ものRST#2に#2ライン、#5リーダーに0.8号フロロ1m、その先に0.6号ナイロン0.5mで竿一本分より少し長い仕掛けでした。
 10ftぐらいでしょうか。
 夕まず目でしたから0.8号で通しの仕掛けにするべきでしたが、安近短とずぼらな性格がもろに出まして。
 朝の仕掛けそのマンマ、フライも朝のフライそのマンマ。
 フライがなくなるまでおんなじもので、ラインも切れるまで同じものでした。
 いつものとおりエコですよ。
 おかげさまで大物に逃げられました。
 口にはフライが付いていますが、バーブレスですからもう外れていると思います。

 やることをしっかりやっていないとこうなるんですね。

 しかし、自慢できるのは朝晩を通して今回はフライを失くしたのはこれ一個だけでした。
 ティペットの交換はなし、リーダーなんかは昨年からズーーーっと使ってます。

 これって自慢していいのかしらん???
  1. 2010/09/14(火) 04:48:24 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 いわなたろうさん おはようございます

 虫食いの鯖のようないわななんです。
 これって当たり前なんでしょうか?
 放流のせいなんでしょうかね?
 僕は今までの普通にいたイワナを釣りたいんです。
 ヤマメほどじゃないんですが普通のイワナは薄っすらとパーマークが出ていますが、このイワナには出てません。
 
  1. 2010/09/14(火) 04:52:58 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

尺ヤマメは残念でしたね・・・
ソースかつ丼上手そうですがお勧めの丼は更にうまそう~
食べてみたい(笑)
  1. 2010/09/14(火) 08:29:21 |
  2. URL |
  3. hiraipapa #-
  4. [ 編集 ]

良いところ

こんばんは。
道路脇の流れはほんと安心して釣りができます。岩手の流れにもこんなところありますが、今年は酷暑と台風の濁流でNG。
尺ヤマメはおしかったですね。数年後にはこの血筋を受け継いだ魚が泳いでることでしょうね。
大きな魚、綺麗な魚をたくさん釣ろうとすれば危険と背中合わせで早朝一番にということになりますが、私は安全を優先したい年齢になってます。(笑)
私もフライラインはもう4年くらいだし、リーダーはいつまででもだし。ティペットは替えますけど。
でも私も、jetpapaさんと基本同じです。
  1. 2010/09/14(火) 18:23:35 |
  2. URL |
  3. ジョニー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 hiraipapaさん こんばんわ

 正確に言いますと推定尺ヤマメでございます。
 地鶏の噛めば噛むほど口の中に広がる肉の味が何とも言えませんよ。
 これは絶品であります。
 
  1. 2010/09/14(火) 21:16:38 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん こんばんわ

 私の釣り場はこんな所ばっかりで、安近短を全うしております。
 安は安全も含んでいますからね。

 ラインの手入れと仕掛けの管理をしっかりしないとここ一番で痛い目に合ってしまいますね。
 マーフィーの法則どおりでした。
 
  1. 2010/09/14(火) 21:21:08 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

虫食い模様

jetpapaさん、こんばんは、
イワナの虫食い模様、ブルックが少し大きくなると、
丁度そんな感じですね。
私の近くに釣り堀があり、ブルックを「大イワナ」
と言っていましたが、小さい時は派手な斑点がありますが、
大きくなるとそんな感じでした。
  1. 2010/09/14(火) 22:55:59 |
  2. URL |
  3. けばり #E/G/GWKo
  4. [ 編集 ]

 けばりさん おはようございます

 このいわな?
 交雑によってこんな模様になっているのかもしれません。
 沢筋には居ないのです。
 放流されるようなところで釣れます。
 その川のイワナと違うDNAを持った魚を放し続けるとこんなふうになってしまうのでしょうか?
 川を管理することのむずかしさを感じました。
  1. 2010/09/15(水) 04:19:28 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

お尋ねの件

此方にも貼っておきますネ。
モドキでも苦労しましたが、こう言った件は奥が深くて難しいですよネ。
下記がそのヘナチョコ答えです(^_^;)

オイカワ主流のpapaさんがこれを釣り上げてはいけません(笑)
画像では稚魚放流されたもののようです、雨鱒系の養殖ものでしょうか。
お腹のオレンジはテリトリーを固持する尺前の表れで特に狭い源流域
では顕著です、でも見る限りでは間違いなく交雑の入った岩魚です。
放流された物、もしくは放流魚がその地で繁殖し生まれ育った
岩魚と思われます、放流域ではキャッチ&キープが好ましいかと・・・
なんて書きましたが、また面倒な事に成りますので気にしないで下さい^^;

モドキは突然変異が今の結論ですが、この種は近頃多く見られる
クオーター止まりの位置付けでしょうか。
養殖場から買い付けた時点でこの手の岩魚と言う事も事実です。
漁協に問い合わせると「うちでは完全な岩魚を放流しています」
と必ず帰ってきますが、どの種をどのように育て上げられたものなのか
なんて知る良しもないみたいです、ですのでこれが釣れても不思議では
ないでしょうネ、以前は純潔に近い物が放流されていたのでしょうが、
餌や薬で病気に強い生産性の良い岩魚に改良されてしまったようです。
とまぁ、こんないい加減な答えに成ってしまいました(^_^;)
  1. 2010/09/15(水) 08:15:33 |
  2. URL |
  3. クラ #K7e/u8Dk
  4. [ 編集 ]

 クラさん おはようございます。

 こちらまで丁寧な御返事ありがとうございます。
 やっぱり、DNAが違った魚の放流と交雑が複雑に絡まった結果だったのですね。
 せっかく釣ったイワナが鯖じゃがっかりです。
 10年前、もっと前の渓流を始めた頃はこんな不思議な模様は無かったです。

 今年本流筋で釣ったイワナのほとんどが虫食い模様でしたから、確実に繁殖しているのだと思います。

 謎解きができました。

 オイカワは今のところオイカワのままでいるようですが、
 川睦はカワムツⅠとかⅡがあることもわかりました。
 これも見分け方を教えてもらいました。
  1. 2010/09/16(木) 04:23:25 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

以前の柏屋記事でぐらっ、今回の地鶏烏骨鶏親子丼でぐらぐら。

その距離1100km、車は新調をしたので快調、残るは資金と時間調達。

飲み込んだ涎は体内でどのように循環をするのだろうと思いながら、・・あっそうだ、腹まわりの余裕の調達もしとかにゃぁ。
  1. 2010/09/20(月) 03:00:16 |
  2. URL |
  3. SMR #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

 SMRさん おはようございます。

 1100kmですか、大宮に寄ったついでと言っちゃなんですが、ちょいと東北道をひとっ走り本宮インターまで行ってみますか!!

 その辺を走り回っている鶏をトっ捕まえて〆る。
 烏骨鶏の卵を調達する。
 鶏と玉ねぎ、だし汁で煮る、煮すぎてはいけない。
 生から火が通った寸前で溶き卵をかけて一煮立ち!
 涎が、書きながら思い出したら口の中が一杯になって、今ごくりと飲み込みました。
 炊き立ての米つぶが立ったご飯をどんぶりによそる。
 ここに煮込みを鍋から移す。
 するっと形を崩さないように斜めにしてサッと移す。
 これも職人技!
 ああーーダメ!
 また、食べちゃいたくなってしまいました。
  1. 2010/09/27(月) 05:30:33 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/240-e4892d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)