小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

ナイアガラ瀑布

 
先週は19日日曜日から26日日曜日までの日程でトロントへの出張でした。
 3回目です。
 時差の関係で日曜日出発同日到着ですからね。
 日曜日のお昼に出発したら昼過ぎに到着してしまいました。
 翌月曜日は時差で頭がくらくらしているだろうという事で一日休みをいただき時差調整。
 時差に慣れるには、現地時間に合わせて昼間は外でお日様を浴びて昼間ですよと体に覚えさせます。
 という事でお天気もばっちりでしたからナイアガラの滝に行ってきました。




P9210047.jpg

 ナイアガラの滝はご存じのとおりアメリカとカナダの国境にあります。
 昔、私にとっては遠い昔、地理の時間に習いました。
 五大湖のエリー湖とオンタリオ湖を繋ぐところに位置しています。
 オンタリオですよね?
 ヒューロン湖じゃなかったと思います。
 カナダ側がナイアガラ、アメリカ側がバッファローという街になっています。
 滝の上下は橋が架かっていまして行き来が簡単にできます。
 一応パスポートは必要になりますが。
 トロントから約2時間弱のドライブで到着しました。
 カナダ側に居ますから向こうがアメリカという事になります。
 左の滝がアメリカ滝、右がカナダ滝です。


P9210021.jpg

 滝の下に行けるんです。
 ミスト オブ メイド(霧の乙女)号に乗って下からの大迫力を体感できるのです。
 上から見ていると乙女が霧の中に入っていきます。
 あんまり近くには行かないんだ。
 チョコット飛沫を浴びて来たぞーみたいな感じで帰るんだな。
 こんなふうに見えました。
 滝の下に留まって涼しそうそんな感じでしたよ。 




P9210039.jpg

 ところが、とんでもないことになってしまいました。
 せっかくだから乗ってみました。
 アメリカ滝を見て上流へ、カナダ滝に入ると土砂降りの雨が降ってきました。
 ああーこれなんだ。
 雨の定義を知っていますか????
 「瞬時に褌を濡らすを雨と言う!!」
 また昔のことを思い出してしまいました。
 土砂降りの雨が降り出し、傘をさしても濡れるので、今日の仕事止めましょ!!
 時の上司が一言。
 そんな訳でこれが雨と言うものかと。
 瞬間的にずぶ濡れになってしまいました。

 大迫力!!
 



P9210040.jpg

 ああーーー!
 あの中に入っていったんだ。
 上から見るのとすぐそばまで行くのでは迫力が違います。
 行って良かった。
 


P9210043.jpg

 順番で次の船が滝に近づいて飛沫の中に入っていきます。


P9210049.jpg

 お昼はナイアガラタウンでハンバーガー。
 なかなか美味しかったですよ。


 これで終わりなんですが、せっかくですから思い出話にお付き合いください。
 二十年近く前のことですが、向かい側、バッファロー市に一月少々滞在していたことがありました。
 当然、お仕事ですよ。
 サーモンフィッシングのためではございません。
 毎日毎日、厳しい仕事が続きましてストレスの塊。
 言葉も不自由していましたから、辛かったのであります。
 そんな時、「ナイアガラ滝の下はキングサーモンが溜まるんだぞ!」という天の啓示をいただいたのでありました。
 何方からって?
 当時滞在していたモーテルのアルバイト管理人からです。
 良い奴で、是非行け!道具は心配するな、俺のを使え!
 
 当時はまだフライを始めていませんで、ルアーセット一式を借りちゃったんです。

 趣味は身を助ける。
 言葉の壁を簡単に乗り越えることができました。
 だって両手で竿を持つしぐさをしてヒクヒクと釣れたしぐさをしたら相手もおんなじ事したらそれでOK!
 ウンウンと言ったら魚が釣れる事!
 両手を広げたらこんな大きさのが釣れまっせー!
 種類は何ナノ?
 仕掛けはどうする?
 おおーそうか、お前さん、これを見ろ!
 これが俺様の秘密の仕掛けだす。
 こうやってこう結んでルアーはこいつが一番。
 良いか、キャストはこうだ。
 あの流れの筋を読め!
 あの下に怪物は居る!
 信じろ!
 信じる者は救われる。

 言葉は通じなくてもこれでOK!
 
 ライセンスを買って通いました。
 仕事が終わったら毎日夕方車をブッ飛ばして、アメリカ滝の下流1キロから2キロの場所で頑張りました。
 
 このあたりの釣り人、日本と同じ。
 釣れない奴を見ていると我慢ができなくて、
 おい、どうした、釣れてるか?
 ここから始まりまして、ダメだ、俺はここでは釣れるというからはるばる日本からやって来たんだぞ^!!
 釣れないんだよ。
 こんなことを言おうものなら、これ使え、こっちだ、そこじゃないよ、そうそう、その辺、
 絶対釣らせちゃうからね!
 多分こんな事を言っていたのだと思いますが、一生懸命教えてくれました。

 残念ながらキングサーモンには会えませんでしたが、懐かしい思い出です。

 ちなみに、あの徹さんはここで釣っちゃいました。
 12チャンネル千夜釣行という番組です。
 覚えています?
 今は亡き徹さんが、ガッハッハーーと笑いながらでっかいのを抱えていました。

 言い訳をすると釣れなかった私は岡っぱり、徹さんはフィッシングボートでの釣りでした。




スポンサーサイト

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

  1. 2010/09/28(火) 07:37:52|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<夕の小畔川  水位は高くてもポイントを選べば | ホーム | 夕の小畔川 川はピカピカ、魚は元気>>

コメント

スケールが違いますね。

こんばんは。
有名なナイヤガラ。。。
しぶきがすさまじいでしょうね。台風なみなんでしょうか。
写真でこれだけの迫力ですから実際にはものすごいことになっているんでしょうね。
それにしても写真が綺麗です。
私は何年も海外なんていけてないなぁと。。。

  1. 2010/09/28(火) 19:56:43 |
  2. URL |
  3. ジョニー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

うはっナイアガラ♪

最初の写真見て
西山徹さんの番組思い出していたら

最後にでてきて何か嬉しいです(笑)

アタシが見ていたのは
座フィッシング でクランクベイトの陸っぱり
毎キャストごとに水草に苦しんでいながら
デカイのキャッチされてましたなぁ

ハンバーガー♪♪
とても美味しそうです ジュルッ
  1. 2010/09/28(火) 22:30:26 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
ナイアガラですか~、最近カメラにも興味を持ってしまったので、この様な景色を撮影してみたいものです。
しかし、撮影する時間があるなら釣りに行ってしまうというのが現状でしょうか…。

西山 徹さんの釣り番組、懐かしいですね~。
本・ビデオも買ったりしてました。
その影響を受け、中学1年の時にフライを始めてしまいました。
今は、手軽な釣りや飼育の為の釣りになってしまっており、時間もあまり無いのでフライフィッシングが暫くご無沙汰状態です。
今年こそと思ってましたが、もう渓流も終了となりますね。
  1. 2010/09/28(火) 23:13:15 |
  2. URL |
  3. Avant-garde #-
  4. [ 編集 ]

羨ましいお仕事?ぶりですね(笑)
まるで「オーパ!」の1節を読んでいる様な気になりました

西山 徹さん 素晴らしい釣り人でしたね
  1. 2010/09/28(火) 23:29:32 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん おはようございます

 20年近く前にバッファローの滞在していた時は、ちょっと滝を見てあとは毎日滝の下。一時間弱で釣り場に行くことができました。
 アメリカ側には少し下流に行くと川沿いに遊歩道があります。
 道路脇の駐車場(川の上ですよ。)に停めてここから遊歩道まで下ってきます。
 この登り降りがキツカッタなー。
 当時30代でしたが、結構きつかったです。
 釣れなかったからなおさらだったかもしれません。

 ちなみに海外は仕事ばっかりで遊びで行ったことは無いのです。
 毎月地球の裏側に行っていると体がおかしくなってしまいます。
 二日休養して体が戻ったかなと思いましたが、2時に目が覚めてしまい、辛いです。
 これで魚が釣れていれば、絶対調子が良いはずと勝手に思っています。
 
  1. 2010/09/29(水) 02:49:34 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ジェロさん おはようございます。

 サーモンへの道は遠く長かったのですが、徹さんはあっという間に釣ってしまいました。
 昔のことで忘れていることも沢山ありますが、ルアーはカシャカシャ音が出るタイプの平べったい奴でした。
 記念に持ち帰っています。
 隣の親父からも一個もらいましたが、引っかけてロスト。

 実はここの水汚いんです。
 臭いますし、色もそれなり。
 栄養豊富で水草も成長します。

 ハンバーガー2種類頼んで半分こ。
 一度で2度美味しい!
 私は何人かで食事の時は半分づつとか別に取り皿をもらって食べることが多いのですが、外国人は自分のだけを黙々と食べているパターンがほとんどです。
 親父同士で分けっこも変に見えるかもしれませんが、量を食べられない食いしんぼには一番向いています。
  1. 2010/09/29(水) 03:27:23 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 Avant-garde さん おはようございます。

 何処に行くにもカメラと一緒、釣りをしながらパチリ、美味しいものを食べながらパチリ、そんな撮り方です。
 オリンパスμ710.
 最初にパソコンを買ったとき一緒に買ったもので古くなりましたがお気に入りです。
 性能も710万画素数で最近のものの半分ですが、それなりに映っているようです。

 西山徹さんの語り口は絶妙でしたね。
 こうあるべきであるとか、こうしないと釣れないんですみたいに絶対自分が正しいみたいな解説をされる方がいらっしゃますが、彼の場合はそれもいいじゃん!一緒に釣ろうよ。
 こんな感じに聞こえました。
 ようし釣るぞと、そんな気にさせてくれました。
 
  1. 2010/09/29(水) 03:47:51 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ねずみおやじさん おはようございます。

 「オーパ!」の一節を読んでいるようなとは過分も過分ほめすぎ!開高健さんに失礼です。
 でも、うれしいです。
 実は、自分でもなんだか開高さんの文体に似て来たなーと思っています。
 純文学物ではなく釣り関連の書きっぷりが大好きなんで知らず知らずのうちに真似ているようです。
 鋭い御指摘!ありがとうございました。

 西山徹さんですが、ちょっと関係があるんですよ。
 徹さんが亡くなってからですが、前の仕事で高知県にはしょっちゅう行っていました。
 ここで釣りをしていたら声をかけてくださった方が居まして、この方、徹さんの幼馴染、そのまた別の幼馴染も紹介していただき、今でも連絡があります。

 世の中、広いようで狭いです。
 これも遊びで交際の輪が広がりました。
 この事、記事にあります。
 烏川での釣りの時でした。
  1. 2010/09/29(水) 03:59:00 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
現在、西山の世代は約62歳。

手元に世田谷の春風荘でギターを弾いている写真があります、そー白黒。
S.42とあります。

嗚呼~
  1. 2010/10/09(土) 12:00:48 |
  2. URL |
  3. SMR #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

SMRさん こんばんわ

 春風荘ですか。SMRさんと西山さんの東京での交流、どんなだったんでしょう?
 SOKさんを含めた野市での生活は如何だったのでしょう?
 私はメディアからの情報だけでしたが、釣りの面白さ楽しさを教えていただきました。
 また高知に伺いたいです。
  1. 2010/10/09(土) 22:01:11 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/244-89789eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)