小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

夕まず目に山女と遊ぶ


 5月1日夕方、そろそろ後かたずけも一段落、蟲が疼いてきました。
 5時から一時間ほど遊んできました。


P5010049.jpg

 何時ものとおり車で5分集会場の駐車場に車を停めて、ウェーダーに履き替え、竿を伸ばしてフライを結ぶ。
 なんと幸福な時間でしょう。
 釣りをしている時は当然なんですが、この時は必ず釣れると思っていますから、鈎を結ぶ時間ももどかしく思っちゃうんですね。
 ワクワクしながら妄想にふけっています。
 今年は釣り人が入っていないのか?
 とにかくヤマメが出ます。
 #12 プードル(僕は不器用なのでこの鈎は3年ぐらい前に貰ったものです)出ますね。
 ほとんどキャスト毎に出ます。
 場所によっては数匹出ます。
 でも下手くそなんですよ。
 バクの釣りも下手くそですが、ヤマメも下手なんですね。
 ヤマメの下手ってナアンダ??
 下手なんです。
 上手い事ドラグもかからず、ハリスがU字型になってフライ先行で流れますとヤマメはドバっと飛び出して喰います。
 ここまでは想定内で、その先で出ると思言えばほぼ予定通りの所で出ましたが、外れてしまうのです。
 コスイというのか何なんでしょ。
 そんななか、100回(ちょっと大げさですが)位当たりがあってやっと鈎掛かりした一匹です。
 嬉しかったです。




P5010047.jpg

 こんな所を釣りあがっていきました。
 右の山が矢大臣山?、左の尾根が先記事の風量発電のプロペラが立ってまして、その向こうが小白井そして少し左のずーっと向こうが原発です。

 民家の軒先を釣りあがっていきます。
 安近短の私にはうってつけの川なのです。

 川が段になっているところ、必ずいますよね。
 流れが左下で当たって右に変わります。
 こんな所のボサの下から飛び出します。
 右側コンクリートには鉄製の手すり式階段が付いています。
 こんな所を見つけて川に入り、また終わったらここから上がります。
 ここで3匹遊んでくれましたが結局鈎がかりせず。

 良い時間帯でしたが、がっかりでした。
 リベンジを誓い6時には終わりました。
 賞味45分の釣りでしたが、久しぶりの里川、楽しい!!
 先ほどまでの疲れが吹っ飛びました。
 でも少しストレスが残りました。
 これは明日作業が終わったらまた来よう!
 その時ストレス発散だと勝手に決めて今日は終わりにしました。










スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/07(土) 06:50:30|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<常葉町5月2日昼 我慢できない! | ホーム | ゴールデンウェークは福島へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/296-67e0245a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)