小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

FFオイカワ釣り入門(4) ウェストバッグの中には

 小畔川に釣りスタイル。
 決まりはありませんが、皆さん工夫をしています。
 今回はウェストバッグの中身とリーダーとティペットについて。

P6180001.jpg

 僕の使っているウェストバッグです。
 元々は何かの景品だったようです。
 数年前釣り友からいただいた物でこれは景品だったと。
 中身は、ごらんのとおり左上からけがをしたときに使う予定の救急バン、老眼鏡、これが無いと手元が見えないので釣りができません。最近は鈎を失くしたらそれでℬ釣りを止めてしまうことが多いです。
 岩太郎とへらハリス、リーダーに岩太郎を50cm位繋いで更にヘラハリスを繋いでいます。
 魚はずし、これはゼムクリップですよ。
 鈎箱、100円ショップで見つけたピルケースです。
 リーダークリーナーとクリッパー。
 フロータント。
 右にウェットティッシュー。
 これが七つ道具。

 その他にパンが入ったりペットボトルが入ります。

P6180004.jpg

 鈎箱を覗くとこんな具合にフライを入れています。
 上段は頂きもののフライが並んでいます。
 ビーズを付けたり、CDCで巻いたり不器用な僕にはここまで細かな作業はできません。
 下段が自家製です。 


P6180009.jpg

 自家製を拡大してみました。
 左上から右回りに#20の巻いた小畔3号。
 この鈎は1号、2号と発展して3号に落ち着きました。
 その他の鈎は#21です。
 下段左2個はウェットをイメージしましたが、釣れません。
 3,4,5番目はグリズリーハックルをグルグル巻きに、これって結構釣れます。
 右下はブラウンでグルグル巻きにしたものです。
 これも釣れます。
 2段目3,4,5番目を除きどの鈎もドライ、ウェット兼用です。


P6180013.jpg

 ラインクリッパーとラインクリーナーです。
 フローティングラインを使っているのでラインドレッシングはしょっちゅうやってます。


P6180007.jpg

 フライラインドレッシング剤をフェルトに塗りこんでいます。
 ミッシュリーンなんかを塗りこんでおくとかっこいいのですが、これでやってます。
 こちらのフロータントも中身が無くなって来たのでドレッシング剤をそのまま入れてます。
 全く問題なし。
 最近はもっと安上がりにショックオイルで代用しています。
 これは模型のレーシングカーのショックアブゾーバー用のシリコンオイル。
 全く問題なし。
 ドライフライを巻いた時、どぶ漬けにしています。
 


P6180020.jpg

 ここからは持ち物に入っていませんが道具立ての続きです。
 リーダーは何でも構いません。
 手作りからテーパーリーダーまで色々なものを使っています。
 そんな中でお気に入りはマキシマリーダーです。
 これはとってもしなやか。
 #6に0・6号の岩太郎を50㎝それに0.3号のヘラハリスを継ぎ足して使います。


P6180022.jpg

 ここにある鈎はオイカワ用にと思ってそろえたものです。
 実際に使っているのはTMC103BLが主です。
 ほとんどの鈎は103BLで巻いています。
 今回少し大きめの鈎という事で、バリバス2200BLで小畔3号を巻いてみました。
 上段の各種鈎は左上3本がバリバス、その他はTMC103BLに巻いています。

 鈎は全てBL バーブレスです。
 渓流も管釣りも小畔川も使う鈎はバーブレスです。
 理由は刺さりが良い事。
 安全な事。
 少しハンディキャップ。

 バーブレスは返しが無い分スムーズにしっかり刺さります。
 間違って手やその他に刺さった場合、バーブがある鈎はとても危険です。
 鈎を外す場合、体に大きな負担がかかります。
 大の大人が泣き叫びます。
 基本的には外科に行く必要があります。
 
 少しハンディキャップとは?
 確実な合わせをしないと、やり取りをしっかりしないと、鈎が外れてしまいます。
 遊びですからね。
 100発100中は面白くありません。
 確率を上げる努力、練習が面白いのです。
 僕らは漁師ではないのですからね。
 


P6180024_01.jpg

 フライラインとリーダーの接続です。
 とても簡単にしています。
 フライラインの中心にリーダーを2,3㎝入れて瞬間接着剤で固定しています。
 オイカワ釣りだけでなく渓流、#8ロッドを使ったコイ釣りの接続も同じ方法でやっていますが、未だリーダーが外れたことはありません。
 とっても丈夫なんですよ。
 そしてもう一つの利点はガイドに引っ掛からないのです。
 スムーズにラインの出し入れができますよ。
 そして簡単。
 不器用な僕にとってこの方法を考えた人は偉い、恩人です。
 ちなみにアメリカ人らしい。

 リーダーはどのくらい使っているか。
 フライラインを下した時に繋いだリーダーをずーっと使っています。
 もう2年過ぎました。
 



 
スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/06/19(日) 17:05:05|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<今朝の小畔川 産卵?  6月25日  | ホーム | 今朝の小畔川 元気一杯のオイカワ 6月18日>>

コメント

jetpapaさんおはようございます

持ち物は皆似たような感じですね(^^) 毛鉤BOXは小畔用ですか?何処の河川でも一緒ですか? 昨日FFタックルを下見に狭山上州屋に行きました!#4の4本仕分けが有りお気に入りを発見!!残りがないので裏に隠しちゃいました(^^)しかし#4を試し振りしましたが軟らかい!jetpapaさん、jetクルーは#1、、??ワカサギロッド並みに軟らかいんですか?#1のロッドが見付からず試し振りは出来ませんでしたが想像上扱いにくそうな、、(^_^;)慣れですか?
  1. 2011/06/20(月) 07:12:30 |
  2. URL |
  3. カワセミ #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
様々な道具のなかにも、jetpapaさんの経験、こだわりが感じられました(^^
ロッド編もリクエストしていいですか?
バーブレスは大賛成です。
魚もそうですが、もしも人に刺さったら…事実、大学生のころ、ドデカイフックを足に刺してしまい、メスで切開して縫った経験があります(^_^;)
  1. 2011/06/20(月) 07:15:18 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

 カワセミさん おはようございます。

 このバックは小畔川専用です。
 鈎が#20と#21ですから渓流管理釣り場ではミッジの釣りになり限定されてしまいます。
 小畔川でオイカワ専用に釣る場合はやはりライトタックルでないと面白さが伝わらないような気がします。
 僕は不器用なので竿を自作したりはしていませんが、ハマった方々は#0とかの手作りで楽しんでいます。
 また、市販の竿でも#1、#0.5等を探して使っている方が居ます。
 竿はバランスですから、僕はあまり不便を感じていません。
 どうにかなるもんですよ。


  1. 2011/06/20(月) 08:18:00 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 しげさん おはようございます。

 道具を公開するのは一大決心でした。
 特にへっぽこフライをアップするのは恥ずかしかったです。
 しかし、こんなものと現物を見るのが一番、皆さんの参考になればと思いました。
 ロッド篇は軽くアップしましたが、画像は無しでしたね。
 大した竿を持っていませんよ。

 鈎なんですが、遊びでしたらバーブレスを常に使うべきと思っています。
 バーブレスのシングルフック!
 事故があった時の対応が全く違いますからね。
 また、魚にとってもダメージが全く違います。
 日本ではバーブレスが世界で一番初めに採用されていますよ。
 江戸時代のヘラ釣りではもうバーブレスだったようです。
 リリースの仕方も十分に研究されていたようです。

 
  1. 2011/06/20(月) 08:25:47 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/06/21(火) 15:55:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

瞬間で止める方法も知っているが何だか頼りなくて心配で ー~)
結んでいます。 

フライ安心しました 私も似たり寄ったりですから (^^ゞ しかも
Boxにグチャぐちゃに入れて居て人には魅せられません
  1. 2011/06/22(水) 08:31:59 |
  2. URL |
  3. 照ちゃん #A3//m3MQ
  4. [ 編集 ]

 照ちゃん こんばんわ

 瞬間接着剤は凄いですよ。
 #8ラインで鯉も釣りますが、同じ方法でリーダーとフライラインを止めています。
 80㎝台の鯉を釣っても外れません。
 その前にフロロ2号のハリスが切れてしまいます。

 フライボックスのかっこいいフライ上段は頂いたもの、下段のだっさいのは僕が結んだものです。
 #12とか#14のフライはそりゃすごいですよ。
 どうしたらこうなっちゃうのといった具合で見せられません。
  1. 2011/06/22(水) 19:37:57 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、おはようございます

今、名栗川にいます(^^)今日はなぜか昔のブラックバスタックルを持ちスプーンを持ち5時から初チャレンジ! ウェダー着て雑草の森をかきわけ頑張りましたが釣果0(^^)初めてもあって1人であーだこーだと独り言言いながら遊んでたので楽しかったです!やっぱり河川はどこの河川でも水が流れさざ波音が聞こえで近くに居るだけでも安らぎます!! しかし今日のポイントは最近?フライ、リール専用区域になった場所みたいでブラックバスが游いでました!!40と30位のが2尾!ツガイかな? なぜブラックバスが??? 小畔といい名栗といいなぜブラックバス???(;_;)昔はブラックバスに楽しまさせてもらったけど、、さすがに河川にまでは居なくても、、なんてそれはわがままですよね?(^_^;)
  1. 2011/06/23(木) 07:50:36 |
  2. URL |
  3. カワセミ #-
  4. [ 編集 ]

 カワセミさん こんばんわ

 名栗は気持ちが良かったでしょう。
 
 入間川のバスですが誰かが密放流をしたものが繁殖しています。
 下流はオオクチバス、上流はコクチバスが沢山います。
 特に名栗湖にも放されてしまい駆除ができない状態です。
 漁協としては定期的に刺し網を入れていますが焼け石に水、全然効果がありません。
 誰が放したのか?
 自分の欲望のために放したのでしょう。
 対策に大変なマンパワーとお金がかかっています。
 放すは一時、駆除は永遠!
 やってられません。
 そんな訳でバスバスターです。
 釣ったら絶対にリリースはしない。
 烏に食べてもらっています。

 何人か趣旨に賛同して活動されている方が居ます。
  1. 2011/06/23(木) 23:05:31 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/317-5738c28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)