小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

ジェットラグなんかミネソタ州でバスを釣ったら忘れた

 
 ここはミネソタ州、クルックトンタウンの近くメイプルレイクのそのまた近くの名もない野池です。
 何でこんな所に居るの?
 不思議ですよね。
 火曜日に出発して日曜日に帰ってきた?
 時差でボロボロになって居眠りばっかりしていた人がなぜ?
 確かにノースダコダ州グランドフォークスではフラフラしていましたが州を越えてミネソタに入った瞬間シャッキーン!!
 釣り!! この一言で時差はどっかに飛んで行っちゃったかも。
 出張と釣りお約束ですね。
 去年の同じ場所はこちら      

P7090007.jpg

 釣り友と再会。
 グランドフォークスに到着しているのを知っていました。
 帰る前日、金曜日の昼まで書類の整理、質疑応答 忙しかったのです。
 お昼ご飯は近くのコンビニでホットドックとコーヒーを仕入れホテルに戻ると釣り友が玄関で待機していてくれました。
 やーフレンド、昨日は親父が15ポンドを2匹あげたぜ!
 顔を合わせたら握手もそこそこにジャブが来ましたよ。
 今回ロッドも買っといたんだぜ。
 チョコット加減を見てくれるか??
 なんて言われました。
 僕はオイカワフライで10gの魚が専門。
 そんなデカいバスを釣るロッドなんてわかるわけないじゃないのと内心思いながら、一発かまして、まっかせなさいー”!
 一路ホテルから彼の家まで1時間少々。
 乗用車からトラックに乗り換えて。
 二人でボートを積んで湖を目指します。





P7090009.jpg

 ここが目的地の野池。
 去年は釣れたな。
 今年は数は少ないがデカいのが居るんだ!
 15ポンドだぜ、15!
 ボートを浮かべるのがもどかしい。
 バッテリー推進が最高なんだそうです。
 静かにポイントに接近。
 最高のウエポンです。







P7090010.jpg

 早速釣れました。
 岸際の葦の際を攻めていきます。
 バス釣りは昨年初めて、今回2回目です。
 どんなアクションが良いのか?
 とりあえず投げて沈めてピュピュピュッと引いて停めて沈めてまたピュピュピュの繰り返し?
 多分そういったんだと思う。
 それでもだめなら放っておけ!
 はーい、そうしたら釣れました。
 これで2.3ポンドぐらいでしょうか。
 良く引きました。
 
 



P7090012.jpg

 このクラスは良く釣れます。
 ここの葦周辺でライズがあります。
 ここの近くにソフトルアーを着水させると一発で食ってきます。
 フライをやりたい。
 フライでバス。
 楽しいだろうな。
 
 こちらでも魚族保護。
 お持ち帰りは6匹までだそうですが、隠れて20ぐらい平気で持って帰っちゃうんだよ。
 だから年ごとに魚が小さくなってきているんだ。
 そう言ってました。
 そうなんです。
 こちらの方は釣ったら食べるんです。
 今回リリースで遊んでいますが、昨年デビルスレイクでウォールアイとパイクを釣った時は調理をして持ち帰り、フィッシュアンドチップスで美味しくいただきました。

 しかし、州の釣り規則はとっても厳しいんですよ。
 違反すると逮捕されます。
 特に水系が違うところに放流したら罪が重い。
 バスが住んでいるから放してもだめ。
 まして居ないところに放したら確実に刑務所行。
 それが嫌なら目の玉が飛び出るような罰金が待っています。
 こちらは性悪節ですからね。

 日本で今やっていることをやっちゃったら逮捕ですよ。
 小畔川でも何人か逮捕者が出そうです。
 



P7090016.jpg

 連れはこのとおりでっかいのをゲット!
 少なくとも10ポンドクラスのようです。
 ドラッグをギギギギーっと鳴らして凄いファイト。
 楽しませてくれますね。
 
 2時ごろから始めてあっという間に5時です。
 6時からは別件がありここでストップ。
 名もない野池でバス。
 楽しかった。

 今回ミネソタ州政府はお休みでした。
 どういう事?
 ライセンスを買わなくっちゃねと釣り友に言ったら、無理無理、買えないよ!
 カベラスで買えるでしょう。
 違うのライセンスを発行するとオンラインで政府に登録されるけど予算不足で今週はお休みだから買えないの。
 ええええーー!!
 だったら釣りできないじゃん。
 何のために来たのかしらん?

 良いんだよ。
 こんな時は買えないから釣ってもいいの。
 俺が案内するから問題ないんだよと言ってましたが、ホントに良かったのかしらん?



P7090017.jpg

 帰りの踏切で、列車とバッティング。
 どうしてアメリカの列車ってかっこいいのかな。

 この貨物列車が曲者。
 夜中にホテルの横の踏切を通過するのですが、毎晩プヲーンと大音響を鳴らして通過して行きます。



スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

  1. 2011/07/11(月) 09:26:02|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<今朝の小畔川 活性は高いが韋駄天は何処? 7月16日 | ホーム | jetpapaはjetlagに滅法弱い!>>

コメント

jetpapaさん、こんばんは。

相変わらずの獣偏ぶりですね。(笑)
しっかり釣果を上げる所も素晴らしいです。

忙しい中、時間を作ってする釣りは格別ですね。
  1. 2011/07/12(火) 01:16:26 |
  2. URL |
  3. プラントF #-
  4. [ 編集 ]

時差ボケに最高の薬はやはり釣り。
楽しそう?です。

アメリカの列車っておっしゃるとおりカッコいいですよね。
もう10年以上前ですが、サンフランシスコ観光のため
ロスからアムトラックに乗ったことを思い出します。
CMでやっていた予約電話番号がgotrail、よく覚えています。
  1. 2011/07/12(火) 01:44:55 |
  2. URL |
  3. いわなたろう #-
  4. [ 編集 ]

 プラントFさん こんばんわ

 誘われたら行かなくっちゃね。
 行ったからには釣らなくっちゃね。
 なんてかっこのいいことを言ってますが、ヘロヘッロになりながらの釣りでした。
 そのおつりが残ってまして昨夜は9時過ぎに寝ましたが、1時に目が覚めて、その後眠られずこんな状態です。
 時差が抜けなくって辛いです。

  1. 2011/07/12(火) 02:17:36 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 いわなたろうさん こんばんわ

 帰って2日目ですが時差に負けて今頃目が覚めて悶々としております。
 辛いのです。
 このまま寝ないで6時半には出勤です。
 今日の職場では居眠り必至です。

 gotrail!
 かっこいいですね。
 アムトラックの旅は豪華、リッチマンの旅。
 僕は未だ鉄路は未経験。
 釣り友の娘さんも同乗していましたが、未だアムトラックは使ったことが無いそうで、飛行機か高速道路をひたすら運転してるそうです。
 ちなみに長距離バスもマイナーらしいです。
  1. 2011/07/12(火) 02:31:18 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

うわぁ~、すっご~い

ちゃんと息抜き時間確保ですね(^^)
たのしそう~

  1. 2011/07/12(火) 10:37:44 |
  2. URL |
  3. とあ #-
  4. [ 編集 ]

懐かしい!

jetpapaさん、こんにちは。
バスフィッシング!懐かしい!!
日本じゃすることはありませんが、この釣りの面白さは変わりません。
いつの日か、アメリカに行って再び楽しみたいですね(^。^)
写真の野池、バズベイトやスピナーベイトが効きそうですね!
特にバズは、バイトが視覚的にも楽しめるので、次回はぜひとも試してみてください(^。^)
  1. 2011/07/12(火) 18:32:31 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは(^_^)v

釣りと聞いて時差ボケも吹っ飛びましたか~(笑)
たぶん私も・・・・

小畔川でのフライと違って今回は豪快な釣りでしたね。
しかしライセンスと規制・・・厳しいのとルーズなのが入り交じってますね(^◇^;)
  1. 2011/07/12(火) 19:56:11 |
  2. URL |
  3. ティーグ #ZN1EW8ls
  4. [ 編集 ]

 とあさん こんばんわ

 ??   !! です。
 これは獣編になりますと常識で絶対に断われないパターンです。
 
 堪りません。
  1. 2011/07/12(火) 21:37:48 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 しげさん こんばんわ

 流石バスプロ!
 目の付け所が違いますね。
 去年はホッパーで見えバスを釣りました。
 今回はライズにワームを落とすとバッシャと一発で食いつきました。
 アメリカでは何でもありのような気がしますが、生態系を守るための規定は実に厳しいです。
 日本の遊漁規則は剥け穴だらけで、罰則規定もとおっても甘いですね。
 あちらでは銃を持ち逮捕権を持った監視員がしっかり見ています。
 とっても大事にしてました。
  1. 2011/07/12(火) 21:50:15 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ティーグさん こんばんわ

 当たり前のことをぼんやりしないでちゃんとやってればフレンドリーに対応してくれますが、外れると大変です。
 規則に頼らずマナーで対応できる事が大事と思っています。
 普通にやってれば問題なしと思っています。
 
  1. 2011/07/12(火) 21:58:24 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

jetpapaさん

訪問ありがとうございます

アメリカBass釣行いいですね〜

なんだかテレビの世界の出来事みたいでとっても羨ましいです^^;

お金と時間が許されればいつかは行ってみたいです

FiyでBassめっちゃ面白いですよ^^

今度おいらのブログでも書いてみますね^^

おいらはルアー知り合いに全部譲っちゃったので

基本BassはFLYです^^

時々ワームで狙ったりはしますが^^w

ほとんどがモンタナマラブーで釣ります^^

色は黒、赤、青、紫を使い分けます^^

活性のいいときはポッパーも使います^^

jetpapaさんもフライバザーになりましょう^^www


お邪魔しました^^
  1. 2011/07/12(火) 23:03:56 |
  2. URL |
  3. toらうと #-
  4. [ 編集 ]

toらうと さん こんばんわ

 フライでバスを時々狙ってマスがなかなか釣れません。
 御存じのとおり入間川水系では密放流?バスにとって環境が素晴らしい?空から飛んできた?
 どの理由か判りませんが爆発的の増えたり少なくなったりまた増えたりしています、
 小畔川でも数年前に確認してからどこにでもいるようになりました。
 再放流の禁止をお願いしています。
 私を含めて数名のバスハンターが活躍していますが焼け石に水一度やっちゃうと元には戻りません。
 節度ある釣りをお願いしています。
 バスは面白いんですが、変な増え方をすると最後はバスどおしの共食いになって頭が異様にデカい骸骨バスが残ります。
 こんなことにならないよう微力太字の文ですが駆除をしています。

 何時もお願いしているのが

 放すは一時! 駆除は永遠!
 いたちごっこが続いています。
  1. 2011/07/13(水) 04:02:19 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
僕のブログにコメント頂きまして、ありがとうございます。

本場アメリカの釣りは楽しそうですね。
でも、アメリカってバス以外のルアー釣り(特に海)って意外に流行ってなさそうなのですが、実際はいかがなのでしょうか?

ところで、リンクさせてもらってよろしいでしょうか?
  1. 2011/07/13(水) 22:43:25 |
  2. URL |
  3. booboo_ksr #-
  4. [ 編集 ]

生態系って一度変わると

戻らないんですよね><

分かります

おいらがBassを釣りに行くのは岐阜の大江川って

ところによく行きます^^

岐阜も再放流禁止の条例を出す動きが
でてきてますが
おいら的には遊漁証を購入して再放流禁止ってのは
ちょっと複雑です^^;

漁協の話で納得いかないことが多々;;

確かに生態系が崩れるから移植は
良くないと思いますが
ブラックバスが来たことによって
潤ってきた街も有るわけだから漁協と地域振興課が上手く協力して
もうちょっとどっちもが幸せに(納得)
いくような方法を取るように考えてくれると
ありがたく思います。

例えば琵琶湖だったらある一画を仕切っちゃって
Bass専用区にして
連れたBassはそこにリリースするとか
勿論キャッチ&イートももっと広めるといいと思います^^(大江川のBassは食べる気がわきません><)
実際条例が施行されてからおいらは琵琶湖に
釣りにいったことありません><

釣り券を販売するのですから
それを漁協がうまく使って
上手に立ち回ればもっと地域振興にも
貢献出来るのでは?w

昔の話になりますが漁協ってどうなの?
っていう不快感をかんじたことがありました><
おいらのブログにUPしときますね^^;

勿論jetpapaさんと同じ考えもちゃんと持ってます

岐阜の小鳥川って川にはブルックトラウト(toらうとw)が増えていてもとからいたヤマトイワナが激減してます><
ブルックは繁殖力が強くてイワナとでも繁殖するそうです^^;
だから
イワナが釣れても斑点がちょっと変わってて
ジャガートラウトって言うらしいですね;;
これがつれるとめっちゃ寂しさ感じます;;
勿論キャッチ&イートですけどね^^

長くなりましたが多分;;
おいらは小心者ですから
決められたルールは守ってるつもりでいます^^w
もし間違っていたら
又指摘お願いします
長いコメントですみませんでしたm(_ _)m

お邪魔しました

又お邪魔します
  1. 2011/07/14(木) 22:45:30 |
  2. URL |
  3. toらうと #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。
素敵な湖ですね。 何処までも青い空の下で人工的な構造物が無い素晴らしい景色。
そんなバス釣りしてみたいです。
最近の筑後地方は川の濁りが取れる頃になると夕立、大雨、なかなかオイカワ釣に行けません。

  1. 2011/07/15(金) 00:31:55 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #-
  4. [ 編集 ]

toらうと さん こんばんわ

深く考えていらっしゃるんですね。
数年前に同じことがありましてその時に思ったことを旧小畔川通信に書いてみました。
次のアドレスが記事のあるところです。
http://blogs.dion.ne.jp/koaze/archives/7859742.html#comments
 バス以外にブルックのことも書かれていますが、この他に霞水系のアメリカナマズ、北海道のブラウン、在来種を念頭に置かなかった放流のための交雑等々沢山問題になっていることがあります。
 一番問題にしているところは繁殖力が強く在来魚が駆除されて、だんだん数が少なくなってきていることのように思います。
 更に進むと絶滅でしょうか。
 リンクさせていただいている「源流親父の釣り日記(クラさん)」
 
 http://satoyamagenryu.web.fc2.com/

 では、イワナの交雑について心配しており活動されています。
 
 toらうとさんのお考えに近いように思えます。
 是非このサイトを訪問してください。

 交通手段が発達するに伴い世界中の魚がどこでも手に入るし、その魚を日本の河川に放したらどうなるか、解っている方ばかりじゃないという事ですね。
 小畔川ではバスの他に、ミシシッピーアカミミガメが沢山います。
 在来のクサガメはほとんど見かけなくなりました。
 スッポンも少なくなりました。
 ワニガメでしょうか。
 大きくなってかみつくやつです。
 これの15cm位の個体を見たことがあります。
 釣友とは卵も見ています。
 川に浸かっていると変化がよく解ります。
 魚だけじゃなく植物も沢山入ってきています。
 オオフサモ、カナダもも記事も書きました。
 オオフサモは又発生しています。
 きりがありません。
 
 一度変わってしまったものを元に戻すことはできないと思います。
 進化の過程で生態系も変わるものと思いますが、人為的に短期で変化させると今までの歴史を振り返って見ても、失敗がかなりあるように思えます。

 弱いものを守ってやるのも大事かと思っています。




 

 
  1. 2011/07/15(金) 04:07:00 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 booboo_ksr さん おはようございます。

 拙ブログリンクの件、ありがとうございます。
 こちらこそよろしくお願いします。

 アメリカの釣りはよく解らないのです。
 何時も釣竿を持って隙あらばと構えていますが、なかなか時間の制約、交通手段、お誘いが無い等々でチャンスをものにできていません。
 日本では何でもありだと思われていますが、日本以上に厳しく細かい規則で縛られているのは現実です。
 罰則もはんぱじゃありません。

 資源を守り環境を守るのは大変な事ですね。

 
  1. 2011/07/15(金) 04:26:33 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

Megaceryle さん おはようございます。

 ここは畑のど真ん中の野池ですよ。
 周りは大豆、麦などを見渡す限り地平線の向こうまで畑が続いています。
 ほとんどの池(湖)が独立しているので閉鎖空間のようです。
 小魚も居るようですがあまりよく解らなかったです。
 水中は水草が繁殖しており魚の隠れ家が良い具合にできていました。
 また、冬には結氷します。
 一部湧水地のみが凍らないので越冬するバスの数が限られるからバランスが取れているのかと個人的に思いました。
 そんな素晴らしい池でした。

 昨日大分に行ってきました。
 九州は梅雨が明けカンカン照りのいい天気。
 この分では直ぐに濁りも取れて朝夕のオイカワ釣りには、良い季節到来ですね。
  1. 2011/07/15(金) 04:33:57 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
  1. 2014/02/15(土) 12:16:38 |
  2. URL |
  3. 履歴書の書き方の見本 #-
  4. [ 編集 ]

 履歴書の書き方の見本さん

 ありがとうございます。
 また、遊びに来てください。
  1. 2014/02/16(日) 06:51:22 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/324-51203f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)