小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

FFオイカワ釣り入門(5) 流し方

 しばらく釣りができないので、気になっていましたFFオイカワの釣り方の続きを書いてみたいと思います。
 毎回思うのですが、へたくそなキャストでうんちくを述べていると、釣り友からはとりあえずキャストを真面目に練習するのが先じゃなーい!
 と 言われそうですが、そちらはそれなりに練習しているので無視をして本題に入ります。



P7050024.jpg


 この場所はご存知でしょうか?
 金堀橋から下流を覗いたところです。
 最近は何時も釣り人が入っていますね。
 ということは、魚が着いているということになります。
 
 橋の下から川に入ると瀬になっています。
 左岸は葦が程良く生えてその根元は流れが当たり少しえぐれています。右岸はブロックで護岸ができています。
 右岸のほうが少し浅くなっています。
 少し下ると(20mぐらい)大きな桑の木が生えています。
 ここまで下ると右岸は深みとなり左岸は駆け上がりになっています。
 つまり、桑の木の下は深く(とはいっても平水時で7,80cmぐらい)なっている訳です。

 ここの区間はどの様に釣ったら良いでしょうか?


 おすすめは、川に入っての釣り下りです。
 両側ともに草が背丈ほど生えていますからキャストが難しいですね。
 桑の木まで下ればそこから下は次の桑の木まで岸沿いに行けそうですね。

 ここの瀬はほとんどの方が釣り下っています。
 ダウンクロスで流すと瀬付きのオイカワが元気よく飛び出してきます。
 水位が高めの時は絶好のポイントですね。
 
 桑の木の手前から左岸に上がって桑の木の下を流します。
 ドライが面白いですよ。
 ここで注意が必要です。
 川幅が狭いので少し上流からのキャストが必要になってきます。
 不用意に近付いての釣りは厳禁です。
 オイカワはすぐに何処かに行ってしまいますよ。
 
 駆け上がりから瀬頭にかけて次は流します。
 そして最後にウェットで同じところを流してここの場所は終わりです。
 右岸の樋管の流れ込みまででです。
 
 僕はこの区間は桑の木の下から右岸から釣っています。
 釣る順番は同じです。


 
  






P7050031.jpg


 ここは右岸、桑の木の下です。
 僕はここから釣り始めます。
 理由は、長靴で橋の下から入ると沈。
 バカ長じゃないのでちょっと無理なのです。
 
 ここからドライで始めています。
 桑の木の下へアップでキャスト。
 対岸の駆け上がり。
そして流れに乗せてみます。
 これでで無ければウェットにします。
 狙いは瀬頭にかけてですが、対岸の流れが分岐しているところから手前まで上手く流れに乗るとオイカワが追いかけてきます。
 何回も喰ってきます。
 
スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/23(火) 20:22:03|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<FFオイカワ釣り入門(6) プレゼンテーション | ホーム | 今朝の小畔川 釣れる釣れる! 8月12日>>

コメント

ネットの海からお邪魔します。フライフィッシングをやったことがないのですが、キャッチしたらやっぱりリリースですか?オイカワって天ぷらにしてしか食べたことがないですが。
  1. 2011/08/24(水) 01:46:34 |
  2. URL |
  3. TORU #-
  4. [ 編集 ]

 TORUさん おはようございます。

 小畔川ではお持ち帰りになって、美味しく食べても飼育されても全く問題はないですよ。
 本来、釣った魚は食べるのが大原則と思っています。
 
 リリースしなければならない魚種、大きさについては管轄する漁協の遊漁規則に定められています

 釣ったらリリースしてはいけない魚、持ち帰ってもダメな魚(バス、ブルーギル、アメリカオオナマズ等)が県の規定で定められます。
これらのさかなは、 その場で〆るか、烏の餌にしてください。

 次にキャッチアンドリリースの考え方ですが、食べもしない、釣るだけの楽しみでしたら、是非リリースをしてください。
 オイカワは沢山いますが、競技会で無ければ魚籠に入れるのも止めていただきたいのです。
 リリースの仕方も考えておかないと魚にダメージを与えてしまいます。
 釣った魚に触らないでリリースが最高のテクニックではないかとおもいます。

  1. 2011/08/24(水) 05:59:27 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

しばらく更新がなかったので、ちょっと心配していました
確かに金堀橋付近はいつもアングラーがいますね!

ところで気になっている事がひとつ
小畔川の河川敷の草刈が進んでいますが
梅雨頃までは結構な数の雉の巣があったと思います
特に八幡橋より下流では何度かカップルを見かけていますし・・・
夏を過ぎるとどこか別の場所に移るのでしょうか?
雉さんたちがホームレスにならなければいいのですが(笑)
  1. 2011/08/24(水) 07:59:21 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

 ねずみおやじさん こんばんわ

 ちょっと事情がありまして更新が滞っていました。
 例年行われている草刈ですね。
 足元からバサバサバサと飛びだされるとドキッとしますね。
 下流を歩いていると雉が何羽も居ますね。
 何回も驚かされて腰が抜けそうになっています。
 毎年草刈りを年2回実施していますし、大雨が降って水位が上がり河川敷まで上がってくることがあります。
 でも、雉は居るんですよね。
 草刈りの心優しきおじさんは雉が飛び出すと付近に巣があるんじゃないかと、気を使って周りの残しているようです。
 こんな所を見たことありませんか。
 
 一年中居るようですよ。
 意外と居心地が良いんでしょうかね。


 
  1. 2011/08/24(水) 17:39:02 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

なるほどですね。私個人の好みでいうと、食いもしない魚を釣るかぁ?っていうのがあって、釣った魚は毒がない限り食べてきたんですよね、、、。キャッチアンドイートでした。どうも釣った魚を傷つけずにリリースする自信もないですしね。。。まわりのフライをやっていた友人たちは、みんなキャッチアンドリリースだといってたので。
しかし、バスは持って帰ってもダメなんですか。食べれば食べられないこともないのに、、、。
  1. 2011/08/25(木) 01:25:41 |
  2. URL |
  3. TORU #-
  4. [ 編集 ]

 TORUさん おはようございます。

 どうも私の伝え方が悪かったようです。
 先のコメントを再読してみるとバス等はお持ち帰りは駄目なように書いてしまいました、ごめんなさい。
 持ち帰って是非食べて下さいね。
 バスは鱸の仲間で白身の美味しい魚です。

 バス、ブルーギルは入間川水系では再放流及び他水系への移動が禁じられています。
 ということは、釣ったら持ち帰って食べるか烏の餌にしてくださいということなのです。

 リリースの仕方は決して難しいものではありません。
 このシリーズに基本的な手順を書き加えていきますますので参考にしてください。

 日本では遊漁証ですがアメリカではfishingライセンスになります。
 ご存じのとおり各州毎に規則が定められ違反した場合には非常に厳しい罰則があります。
 バスについては本場ですが、ある意味では日本より数段厳しいことが書いてあります。

 個人の権利よりも自然保護が優先されるように思えます。

 規則は規則として 釣りは楽しいですね。
  1. 2011/08/25(木) 05:18:53 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます

我が家の辺りのオイカワさんはとても優しく?
あまり流し方を考えなくても遊んでくれます
でも、やっぱり、出てきてくれないときもあるので参考にして釣ってみたいと思います

幸いにして、いつも行く川にはバス等は居ないようです
釣れたことや見たことはありません
ちなみに、釣り人もほとんど見かけません
良い川なんですけれどね

釣れたオイカワさんは飼育したことが有りますが、かわいいですね
  1. 2011/08/25(木) 07:30:00 |
  2. URL |
  3. 自転車通勤人 #-
  4. [ 編集 ]

 自転車通勤人さん おはようございます。

 小畔川は釣れる時は何をやってもパックンと食ってきますが臍を曲げるとウントモスントモ。
 特に冬場のオイカワはよく考えて釣らないと難しいです。
 赤城白川は良い川ですね。
 機会を作って行ってみたいです。
 バスは誰かが放流しない限り居ません。
 これは犯罪ですからどんなに立派な講釈を垂れても犯罪者です。
 群馬県にはそんな人が住んでいないんですね。
 良い土地です。
 でも、川越も捨てたもんじゃないんですよ。
 地道にバス駆除、ゴミ拾いをしている方が何人も居らっしゃいますからね。

 僕もオイカワの♀を飼育したことがあります。
 網をしっかりかけておかないとピョンと水槽から飛び出してしまうのでとっても気を使いました。
 じっくりと顔を見ると美人さんですよ。
 今時の娘さんのように金ラメで目の回り、額を御化粧してイケてました。

 2シーズン飼育してから小畔川にもどっていただきました。
 
  1. 2011/08/25(木) 10:38:46 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/335-589e96da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)