小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

5月2日 鹿又川、入新田ダブルヘッダー

P5020007.jpg
 鹿又川でやっと釣れました。
 厳しい状況でした。
 水温8度そして9度に上がってやっと食いました。
 フライを覗きに来るのですがUターン。
 バシャっと出ますがフライは咥えません。
 さんざん遊ばれてこの日は4匹でした。

P5020008.jpg

 此処で出ました。
 下流から遡ってやっと釣れました。
 ヒレピンのオレンジ、昨年稚魚放流され冬を越した魚のようですね。
 こんな綺麗なヤマメが釣れてうれしいですね。

 ここは道路のすぐ脇ですよ。
 安近短そして快までついた4拍子の釣り場です。
 家から30分でここに到着できます。
 フラットな流れで安全に川に入れます。
 魚も多いですよ。
 埼玉で釣っているとここは天国です。

 夕方は夏井川の最上流部になる入新田へ行ってきました。
 釣れません。
 魚は居るんですが、ヘボなんでしょうね。
 スレで2匹。
 いまいち不完全燃焼でした。
 最初はリバーサイドの住人さんの家の上流を、その後は下流に下って釣り上ってきましたが、全然反応してくれません。
 釣れないので、どんどん飛ばしていきました。
 上流にフライマンが入っていました。
 釣れるわけがありませんね。
 近寄って見るとなんと、老眼親父さんでした。
 昨年も橋の上からバッタリ、そして今度は川の中でバッタリ。
 積もる話をしながら駐車場まで戻ってきました。
 今度はゆっくり飲みながらですね。
 泡盛を仕入れておきましょう。

 ここは釣り人が入れ替わり立ち替わり入っています。
 ここで、練習しておくと何処でも釣れるような来がします。
 老眼親父さんにここで釣るためには、フォールスキャストなしに一発で狙った所に入れることが一番と教えられています。
 スレスレですからね。
 釣れた時のうれしさは最高です。
 次回リベンジ。

 
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/05/05(火) 22:00:41|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<釣りばっかりではありませんよ。 | ホーム | 連休中は福島へ 5月1日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/39-139393ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)