小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

小畔川の工事を通して思ったこと

 小畔川の工事内容を実地に確認して驚愕と怒りが最初に湧いてきました。
 感情の赴くまま、記事を二つ書きました。
 不適切な表現御下品な表現がありましたが、感情のみで何も考えない素直な気持ちで表現しました。
 小畔川の工事開始は、プラントFさんから情報を得ていました。
 また、藪次郎さんのブログでも開始を知りました。
 しかしながら、10月の転勤で単身赴任生活が関西で開始されること、業務引き継ぎ、体調不良等々、いろいろな要因が重なり小畔川は金堀橋を渡るのみで上流も下流も散策をすることが無かったのです。
 そして、工事内容を実地に確認して、びっくりしたのが正直なところです。

 しげさん、shiroyamasakuraさん、happycoreさん、ジェロさん、シロさん、camiさん、avant-grandeさん、けばりさん、greencherokeeさん、ティーグさん、TEGOさん、クラさん、イセさん、release-windknotさん、こうたろうさんご意見ありがとうございました。
 個々の返答を含めてこの記事を書きました。

DSCN0353.jpg

 この場所は飛び石の橋のすぐ上流です。
 先にアップした河床の掘削状況が遠くに見えます。
 水路に水流分離のための杭を打ち川半分を掘っています。
 掘削場所は飛び石の橋の工事時に底にブロックを沈めたり、コンクリートで覆ったりした物を取り除き更に深く掘っていました。
 この区域はワンド地区とのことで護岸をカーブさせ底に草が生えるようにブロック使用の人工的なワンドにするようです。
 説明図によると底はコンクリートになりそうです。
 
P5220004.jpg

 この場所がワンドになるように掘られているところです。
 飛び石の橋には魚道が設置されるそうです。
 そのために掘り返して見る影もありません。
 左岸には自然に土砂が堆積して葦が茂っています。
 ここには稚魚が沢山群れます。
 また、この付近の瀬で、6月からオイカワの産卵行動が観察できます。

 小畔川は流域で湧水があり、水量が増えます。
 上流では完璧な三面護岸となっていますが、田植え時期でも入間川本流とは違い瀬切れは起きないのです。
 冬の渇水時期でも水流を保っています。 


DSCN0345.jpg

 遊歩道を整備するそうです。
 樋管を渡るところは危険なので橋をかけるそうでこれは大賛成。
 しかし、今の遊歩道では足りないのでしょうか。
 毎日、沢山の方々が楽しそうに歩いているのですがね。
 今のままではだめなのでしょうか。
 護岸をまた掘り返す必要があるのでしょうか。

 民主党の予算査定でスーパーコンピューター関連の予算を2番ではだめなんでしょうかといかにもショーのようにアピールして突っ込んだ方が居ました。
 この場所ほど川遊びに適した所はありません。
 水深も浅く段差もゆるく安全です。
 こんな表現が良いかわかりませんが赤ちゃんでも川の水に触れるところまでアクセスを作るのはナンセンスでしょう。
 限度があります。

 過去には飛び石の橋右岸側壁が出水でえぐれた時に危険なので直ぐに修理をお願いしても無しのつぶてでした。
 現在も上流部で護岸がえぐれており危険なところがありますが全く対処せず、ロープを張って近づかないようにしているだけです。

DSCN0386.jpg

 こちらは東武東上線鉄橋から下流、国の管理流域です。
 金堀橋から下流の風景です。
 埼玉県管理流域との大きな違いは必要以上に手を加えないことのようです。
 遊歩道などはありません。
 人が歩いたところがけもの道となり河川敷を歩く筋となっています。
 ほとんどの方は堤防の道路を散歩しています。
 よく見ると判りますが、水路の護岸は広く取られています。
 右岸の護岸はよくわかると思います。
 左岸は注意深く観察すると河畔林があるのが判るでしょう。
 この木々を結んだ線で護岸が隠れています。
 護岸と水路の間には、葦が茂り自然のワンドとなっており、水質改善、生物のすみか等々役に立て居ます。
 護岸を有する川ですが、自然河川のように蛇行して流れています。
 淵と瀬が適度にできています。
 これが川らしい姿ではないかと思っています。
 
 上流部は川ではなく水路になってしまいました。 
 更に水路を掘ったり塗ったりすることはないと思うのです。

 河川管理で防災が一番と思っています。
 環境保護と声高に叫んで必要な工事を実施しない、させないのは以前からそこに住んでいる方々の安全を脅かします。
 必要な工事は実施しなければならないと思います。
 安全が防災が担保できるようになったら、水質改善、水量確保、景観そしてアクセスを考えれば宜しいかと思うのです。
 何が何でも小畔川の工事について反対をしているのではないのです。

 いじりすぎない、何もしないことも大事かと思うのです。

 今回の工事は埼玉県は川の県、水辺100の整備計画に基づき工事をしています。
 詳しくは、埼玉県のホームページで確認できます。
 担当は県土木整備部水辺再生課となっています。
 
 本工事にあたっては関連市町村、自治会、環境保護グループ、NPO?等々と協議をし開始されたとのことです。
 
 今の状況で十分整備されていると思いますがこれ以上いじったらどうなることやらと思っています。

 私は、入間漁協の監視員をしていますが、一切連絡はなかったですよ。
 この地区の管理は武蔵漁協です。
 南小畔川との合流部から上流が入間漁協の管理となります。
 しかしながら、武蔵漁協では全く管理をしていないので入間漁協の組合長から武蔵漁協に申し入れを行い調整の結果管理をしています。
 この管理に関して、文書処置はしていないようなので連絡が来なかったのかしたん?
 どちらにしても事前に連絡があれば少しはこうしたらいいのかもとアドバイスができたかもしれません。
 情報を得るためのアンテナを張っていなかったのは大反省です。 
 

DSCN0439.jpg

 はなちゃんも、見ちゃいられないと目をつぶってしまいました。

 しかし、今後どのようになるかしっかりと工事の進捗状況を見ていかなければならないと思います。
 本当に必要な工事なのか、そうでないのか、工事概要を説明する看板を見てここに書いてあることに矛盾はないか是非見に来て下さい。

 県議会の活動報告等議員さんの考え方、県土木部長の答弁、工事業者、実施時期等ネットで調べたら今迄の経緯が少しわかってきました。
 
 はなちゃんが目を開けられるようにしなくっちゃね。


スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/24(土) 17:30:27|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<この格好で礼儀正しくオイカワを釣って参りました。 | ホーム | 小畔川を見に来て下さい。>>

コメント

おはようございます。
うむなるほどです。
確かに何もしないのが一番です。
実家の日高団地に居た頃(約30数年前)小畔川は写真の東上線下流より
もっと発達した河畔林がうっそうとしてました。
たっぷりの水量があって沢山の鯉&鮒を釣りました。
河畔林の中ではカミキリムシ&ノコギリクワガタ&コクワガタの幼虫が沢山育っている
クヌギの木(?だったはず)も見つけて毎年楽しみに取りに行ったり
笹藪の中に秘密基地を作って遊んでいたら イタチと遭遇してびっくりしたり。

それが河川改修工事 宅地開発 圏央道建設 日高市高萩地区の区画整理事業で
小畔川が見る影も無くなりました。

30数年経って 小畔川が少しずつ戻りつつあるなあと思っていたのですが

役人のサガというか 税金を使って工事をしたがる 安全を確保するためというよりお金を使うため?
どうせ使うなら もっと有効な税金の使い方を考えることは出来ないのでしょうか?
せっかくいいタイトルの水辺の再生プランなんだから 魚道がいいことなのですか?コンクリで固めてどうする?
せめて河川敷の歩道くらいまででやめておいてほしいなあ。

ほんと いらない工事に思えてきました。
  1. 2012/03/25(日) 08:47:11 |
  2. URL |
  3. こうたろう #-
  4. [ 編集 ]

 こうたろうさん こんばんは

 僕は平成8年に小畔川河畔に越してきましたからここに住んで16年目です。
 今迄に住んだところで一番長く住んでいます。
 小畔川を見ていますが、この16年で下水の完備により柿実に水位質が良くなり指標生物であるヒラタカゲロウ藻生息し、水質Ⅰです。
 これは入間川本流よりもきれいな流れとなっているのです。
 30年前の小畔川は河畔林が鬱蒼としていたんですね。
 そんな小畔川を見てみたくなりました。
 
 
  1. 2012/03/25(日) 16:30:55 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

jetpapaさん
小畔にはなかなか行けなくて、今日の午前中のような陽気になるとウズウズしてきます。聞いた話では3月いっぱいみたいな話だったので軽い工事かと思っていましたがこれは???
税金を使い、人を使い土木事業が潤う。このことが水辺再生?やはり一寸疑問ですね。
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/l08/
このページを読んでみましたがイマイチ意味不明です。
  1. 2012/03/25(日) 18:30:27 |
  2. URL |
  3. ジョニー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん こんばんは

 今年初めに柳瀬川上流へオイカワ釣りに行った時に違和感を感じていました。
 いじりすぎじゃないかと思ったのです。
 ご紹介の埼玉県のページで説明されているとおりですが、いじりすぎはよくありませんね。
 放っておくのも位置方策かと思いました。
 小畔川では上流下流で正反対、どちらが宜しいのか趣味の問題なのでしょうか?

 工事をしてもオイカワは戻ってくると思います。
 また、小畔川へ遊びに来て下さい。

 僕も時々帰ります。

  1. 2012/03/25(日) 18:48:06 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん,こんばんは(^_^)v

うう~ん,なんと言っていいやら・・・・
埼玉県には埼玉県なりの言い分もあるのでしょうがそれが正しいのかと思ってしまいますね~。
現実に治水に問題があったり,危険が生じている状態だったりしたのでしょうか?
jetpapaさんのおっしゃる通り自然のまま残せるものは残しておくほうが良いと思うんですけれどね。
  1. 2012/03/25(日) 22:23:42 |
  2. URL |
  3. ティーグ #ZN1EW8ls
  4. [ 編集 ]

 ティーグさん こんばんは

 川辺に暮らすって素敵です。
 その川がありのままだともっと素敵です。
 水辺再生、賛成ですがやり方が一寸いじりすぎです。
 曲線が好きです。
 自然の中で直線は似合いません。
  1. 2012/03/25(日) 23:06:57 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

行って来ました。
あの光景を間近でみて唖然としました。
なにより自然が一番大事だと思います。

私もブログの記事にしました。
それと、黄金色の天然ナマズを見たこと有りますか?
生まれて初めて見てしまいました。
  1. 2012/03/26(月) 20:29:57 |
  2. URL |
  3. よし #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

不条理

25日、見てきました。小畔川へ向かう道中、楽しくなかったのは初めてです。工事現場をみて思ったのは、不条理の一言です。
精進場橋下の水門近くも手が入ったようです。でもここは侵食を防ぐためと思います。1枚目の写真にある簡易橋脚?(石の袋詰めみたいなやつ)をカーブのえぐれに積んでありました。
飛び石橋付近ではいったいいくつの命が奪われたのでしょうか?
釣りをする人、しない人。散歩する人、走る人。自然のものと人口のもの。
それなりに上手く調和していた小畔川なのに、残念でなりません。
  1. 2012/03/26(月) 20:41:25 |
  2. URL |
  3. kintaro #p7j7VgTM
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、今回は本当に残念でしたね。

小畔川同様にこちら九州でもオヤニラミの生息地に何台も重機が入り、葦原を薙ぎ倒し、淵を砂利で生めて平らな川底にする工事をアチコチでしています。

小川の悲鳴は人間の耳には聞こえないのでしょうか。

何が正しくて、何が間違いなのか。
本当に永遠の課題かもしれません。

生き物の棲めない水辺には人も住めません。
本当に危険なのは自然の猛威でなく、人間の身勝手な行為です。

開発と自然保護。
良いバランスを保つ事が出来れば良いのにと願っています。

永い時が経てば、自然は構造物は風化させ元の姿に戻そうとしてくれます。
あとは水辺の生き物の強かさを信じましょう。
  1. 2012/03/26(月) 22:48:09 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。

治水のための河川工事って、恐らく、日本のどの川にも必要ないレベルだと思うんです。それだけ、やり尽くされた・・・ってことなんでしょうね、この国の川は・・・きっと。

川自身が持つ自浄作用って、まさにjetpapaさんがおっしゃる、『曲線』、が作り出しているって言いますよね。深くなる部分、浅くなる部分で、それぞれ生物が繁栄し・・・

私が大好きな雑木林もそうです。雑木林に虫が沸き、それを食する渓魚が増え、木々が貯水の作用をして水が潤い、山肌も崩れず・・・ 山が健康だと川も海も健康、って言いますものね。スギやヒノキの山には、虫も少なく、山菜もキノコも生えません。

釧路湿原を流れる釧路川。見事な蛇行ですよね。昔、シベリア上空から見た名の知れぬ川も、延々に蛇行していました。きっと、凄い魚がたくさん居るんでしょうね・・・

綺麗に曲がった身近な川・・・ 孫の代に見せてあげたいですよね・・・
  1. 2012/03/27(火) 21:44:49 |
  2. URL |
  3. Green Cherokee #-
  4. [ 編集 ]

 よしさん こんばんわ

 がっかりしましたね。
 雨が降って水が上がってくれば雑魚は遡上してくると信じています。
 工事が終わって落ち着いたらまたオイカワが戻ってくるはずです。
 そう思っていないと気が落ち着きません。

 黄金のナマズでかいですね。
 柳瀬川もナマズが沢山いるようですね。
 初めてみました。
 実は、小畔川も隠れナマズの生息地なのです。
 以前は川魚料理屋に下流の方でナマズを捕まえて卸をしている人が居ました。
 残念ながらこの人は密漁者でした。
  1. 2012/03/27(火) 23:32:58 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 kintaroさん こんばんわ

 散歩の方も口をあんぐり開けてどうなっちゃうんだろうと心配そうに工事を眺めていました。
 精進場橋の水門工事はどんな工事なんでしょうか?
 今週帰りますから確認に行ってみます。
 情報ありがとうございました。
  1. 2012/03/27(火) 23:41:13 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

Megaceryle さん こんばんは

 おっしゃる通りです。
 いじりすぎなんですよね。
 ところが、動物もしっかりしています。
 しぶとく残って落ち着くとまたそこに居ます。
 こうあって欲しいです。
 帰ってこれるようにしておいて欲しいですね。
  1. 2012/03/27(火) 23:57:42 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 Green Cherokeeさん こんばんは

 魚は釣れない。
 釣り場はほじくり返され泣きっ面に蜂とはこんな心境なんでしょうか。
 あまり知られていませんが、この川にはかカマツカが居るんですよ。
 チョロチョロッと泳いできてそこに着くと体をブルブルっとくねらせて砂に潜ります。
 何度か釣りをしながら目撃しています。
 オイカワに限らず、住み心地のいいところをいじられてしまいかわいそうですね。
 
 釧路湿原、数年前に観光列車に乗って湿原を見てきました。
 ここも上空から見ると堤防が作られて水分離、湿原が野原になっているところがかなりの面積であります。
 国立公園のすぐ横でこんなことがされています。

 沖縄では普天間基地の移転をキャンプシュワブにと勧められています。
 県知事は環境保護ができるのかと意見書を提出しました。
 でも、自然が守られているのは米軍基地として一般人が入れないところです。
 ジュゴンが居る??のも米軍基地の御蔭?
 世の中矛盾だらけです。
 何が正しくて何が間違っているのやら。
 ホントのことを言うと嫌われて嫌がられる。
 摩訶不思議です。
  1. 2012/03/28(水) 00:09:38 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/396-3e930897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)