小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

長崎ではオイカワが少なくなってカワムツが増えた?


 月曜日は長崎へ火曜日はそのまま東京へ水曜日に伊丹に戻る忙しい出張でしたが、長崎でオイカワ?カワムツと遊び、自宅にも7時間ほど帰る事が出来た価値ある出張でした。
 長崎市内を流れる中島川の近況を報告します。

DSCN3155.jpg

 この陶器製の絵地図は中島川に架かる石橋群を判り安く説明しています。
 長崎と言えば眼鏡橋が有名ですが、この絵地図を見れば判るとおり、石橋が沢山架かっているのです。
 どの橋も趣がありじっくりと見物をしては如何でしょうか。
 この石橋群が架かっている中島川、誰も釣りをしていません。
 毎回貸切で遊ばせてもらっています。
 今回は眼鏡橋から数えて三つ上流の市民会館への道へかかる橋(何と書いてあるか判らないのでこんな表現)上流を川が二股に分かれる大井出橋上まで釣りました。

DSCN3156.jpg

 まずは有名な眼鏡橋です。
 この下はコイが沢山居ます。
 白、赤等々、錦鯉が沢山泳いでいます。
 観光客もイッパイ。
 そして問題もあります。



DSCN3174.jpg

 こちらは眼鏡橋の上流からの景色です。
 気がつきましたか?
 下流から上流に流れています。
 そうなんです。
 ここの辺りまでは潮の満ち引きの影響を受け水位が変わるし、流れも変わります。
 そのために川には何段かの低い段が作られ潮が上流まで登らないようにしてあります。
 そのために淡水魚が生息できるようになっています。

 この下にはボラも居ますよ。



DSCN3162.jpg

 ここから上流です。
 第一投!
 一発でカワムツが喰ってきました。
 次も次もその次も、カワムツが喰います。
 このペースで行くと一時間で100を超えてしまいます。
 今日は探索です。
 上流を目指します。



DSCN3169.jpg

 上流、川が二股に分かれているところです。
 下流側から見て右側の最初の橋が映っています。

 カワムツです。
 オイカワも居ますがカワムツ10でオイカワ1.
 どうしたのでしょうか?
 初めてこの川で釣った時はオイカワ10にカワムツ1だったのが逆になってしまいました。
 何が原因中は判りません。


DSCN3172.jpg

 そんな中でやっと良型のオイカワと出合えました。
 水中を覗くといました。
 狙って釣りましたよ。

 今回はドライ中心の釣り。
 FFではなくテンカラでした。
 しかし、バシャっと出るタイミングは同じ、興奮も同じ。
 楽しめました。

 その報い、反動、何なんでしょうか?
 かなり疲れまして帰ると何もせずお酒を飲んでバタンキュー!
 やっと、疲れが抜けました。

 長崎の川は短くて急な川です。
 少しの雨で直ぐに増水するので危険です。
 そんな川にオイカワがいてカワムツがいて、バスもギルもいるのです。
 当然下流にはコイが居ます。
 流されないのが不思議です。
 しっかりと生きています。 
 そんな中でオイカワが減ってカワムツが増える。
 環境がカワムツに適しているのか?
 それだったらもっと以前に変化が起きているはず。
 理由が判りません。

スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/01(木) 22:48:30|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:20
<<猪名川のオイカワはウェットがお好き? | ホーム | 猪名川でオイカワが釣れずにバスを釣り、最後は天神川でオイカワを釣る!>>

コメント

jetpapaさん、こんばんは。長崎で良い釣りをされましたね!
めがね橋から3つくらい橋を上がった右側に、大きなイケスの店があって、美味い烏賊と魚を食べた記憶があります(^^;;)。
勢力的には、カワムツ>オイカワ、なのでしょうか・・・?。カワムツの方が口も大きく餌にも貪欲なのかもしれませんね。カワムツはルアーも追うと聞きますから、fish eaterなんですよね、きっと・・・
  1. 2012/11/01(木) 23:22:26 |
  2. URL |
  3. Green Cherokee #-
  4. [ 編集 ]

カワムツの魚影が濃そうですね。
オイカワが多く釣れた時季は春〜夏だったでしょうか?
埼玉を主にした関東で私が感じた傾向ですが、河川の水量豊富な春〜夏はオイカワ、秋口から水位が下がるとカワムツ、という場所は少なくありません。
やはり、勾配が急な河川や洪水対策済の都市型河川ではカワムツが断然の様です。
そういう意味で、小畔川はオイカワが勝っているので貴重な河川だと言えると思います。
  1. 2012/11/02(金) 01:13:34 |
  2. URL |
  3. Avant-garde #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
長崎にはお邪魔した事がないです。
川には釣りに良さそうな段がある?すてきな場所ですね。
  1. 2012/11/02(金) 08:09:26 |
  2. URL |
  3. 自転車通勤人 #-
  4. [ 編集 ]

  Green Cherokee さん おはようございます。

 長崎市内を流れる中島川と浦上川。
 どちらもオイカワが生息しています。
 ところが前回(前年)もそうなんですが、カワムツが勢力を伸ばしています。
 
 眼鏡橋の上のいけす料理。
 それらしいお店があります。

 今回は眼鏡橋横の立ち飲みでした。
 昨年の長崎の釣り記事にアップしていますばさらっかというお店です。
 美味しい焼酎を飲ませてくれます。
  1. 2012/11/03(土) 06:30:50 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 Avant-gardeさん おはようございます。

 やはり最近の傾向でカワムツが優勢ですか。
 中島川は完璧な三面護岸、お寺前から底が石に替わり2面護岸、さらに川が二股の分かれるところから3面に替わります。
 コイが悠々と泳いでいるので流れが緩くオイカワの大好きな瀬が少ないのもカワムツが頑張っている理由かとも思っていました。
 霧島市を流れる天降川ではオイカワとテラピアを楽しんでいますが、カワムツを釣ったことはないのです。


 
  1. 2012/11/03(土) 06:37:46 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 自転車通勤人さん おはようございます。

 中島川は石橋がかかり暗いと水面が見えないので雰囲気が宜しいです。
 地元の方は誰も釣りません。
 エエエエーー???
 コイの外に魚がいるの?
 こんな反応です。

 明るくなると上からみんなに見られて少し恥ずかしい釣りです。
  1. 2012/11/03(土) 06:42:49 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

初めまして

いつも読ましてもらっております。
さてオイカワとカワムツの話ですが京都大学の川那部浩哉の宇川での研究によるとカワムツとオイカワが両方生息する川では、オイカワが流れの速い「瀬」に出てくるのに対し、カワムツは流れのゆるい川底部分「淵」に追いやられることが知られる。
さらにこれにアユが混じると、アユが川の浅瀬部分に生息し、オイカワは流れの中心部分や淵に追いやられカワムツは瀬に追い出されアユと瀬で共存する。このことから河川に住むカワムツは河川が改修され平瀬が増えるとオイカワが増えてカワムツが減ることがわかっており、生態学の例として生物の教科書に載っていたり試験問題になっております。
しかし、この研究とは全く逆の事が起こっているなんて不思議ですね。
確かに埼玉県でも場所によってはカワムツ優勢の場所があります。

同教授によるとオイカワの稚魚は餌を求め下流に下る習性があるために堰などができるとカワムツ逆転するみたいな事も言っておりました!また、越辺川で研究している方の話だとヌマムツとオイカワの場合は改修で堰が連続するとヌマムツが増えるとの話があります。

本来カワムツが生息する四国のある川ではオイカワが増えてカワムツが減ってるのに、古くからオイカワが生息する関東ではカワムツが増えオイカワが増えている川があり逆転現象が起こっております・・・
川那部氏はオイカワとカワムツの増減については注意して観察を続ける必要があるとのこです。
  1. 2012/11/03(土) 20:50:33 |
  2. URL |
  3. a #NCcnZXFM
  4. [ 編集 ]

國中の曽我川では

今日,國中の曽我川でオイカワに遊んでもらってきました。

ぼくはまだカワムツを奈良盆地で釣ったことがありません。

もちろん経験が少ないからかもしれませんが,

曽我川や大和川上流ではオイカワしか釣っていません。

不思議ですねえ。

  1. 2012/11/03(土) 21:36:05 |
  2. URL |
  3. kyoto #-
  4. [ 編集 ]

 aさん おはようございます。そして初めまして。

 オイカワの生態に関する情報ありがとうございます。
 ネットで調べかたが悪いのでしょう、表面的な情報のみで混ぜそうなるのという素朴な疑問が解消されていません。
 一番気になっているのはオイカワの行動パターンなのです。
 この釣りを始めて季節によって成魚がいなくなったり何時ん間に蚊戻ってきたり、判らないことが多すぎます。
 瀬と淵の住み分け、流れの強さによるオイカワ、カワムツのポイントは十分に理解しているのですが、川の規模によっては、あてはまらなかったり、迷うことばかりです。
 小畔川では常にオイカワが優勢でカワムツはあまりいません。
 こちら、猪名川、武庫川水系では未だカワムツを釣っていません。
 不思議なのです。

 先の疑問に戻り寒くなると大型のオイカワは何処に行ってしまうのか、本流の何処に行くのか見当たらなくなってしまいます。
 このあたりの行動パターンについて教えてもらいたいのです。
 参考文献、サイトがありましたら教えてください。
  1. 2012/11/04(日) 09:41:17 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 kyotoさん おはようございます。

 猪名川、武庫川水系でもオイカワですよ。
 カワムツは釣っていません。
 伊丹周辺では浅い瀬のような流れが続いているのでオイカワ天国なのかもしれません。
 國中の曽我川はどんな環境の川でしょうか。
 いるとしたら流れの緩やかなところなのです。
 瀬でも岸に近いところです。
 オイカワと比べて口が大きいのでしっかり食ってくれますし、同じ大きさでしたらグラマラスなのでぎゅんぎゅん引きます。

 生態は学問だけでは判らないところが多いようで、フィールド調査の重要性と言ったところでしょうか。
 こういった情報は釣り人が一番知っていると思っています。

 だって、釣れるとことを探しまくる訳ですからね。

 釣れない釣りはつまりません。
  1. 2012/11/04(日) 09:59:41 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

私の推測ですが越冬の為深場に移動するのではないでしょうか?恐らく探せばどっかに溜まっているのでしょう。

カワムツの方は関西ではアマゴ域にも生息している場所があるので低水温でも動き回ってるのだと勝手に納得していますが・・・
  1. 2012/11/04(日) 13:10:20 |
  2. URL |
  3. a #-
  4. [ 編集 ]

 aさん 早速の情報ありがとうございます。

 小畔川ではオイカワもカワムツも成魚がいなくなり稚魚が残ります。

 昨日今日と猪名川、武庫川と見ていますが、武庫川支流の天神川では水位が下がり成魚は本流に落ちたようで見えません。
 猪名川は、本流オイカワが釣れました。

 カワムツはオイカワより水質が良い所を好むと聞いています。
 長崎では臭いがあり、水質が今一と思いましたがカワムツ優勢。
 猪名川は綺麗な水ですがオイカワのみ。
 元気いっぱい泳いでいました。
 
  1. 2012/11/04(日) 17:20:23 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

>>長崎では臭いがあり、水質が今一と思いましたがカワムツ優勢。
もしやヌマムツでは?

カワムツと似た魚でヌマムツと言う魚がいます。
ちょっと前まで同じ魚とされその後にカワムツA型、B型に分けられて現在は生態が違う点などを理由にA型をヌマムツ、B型をカワムツとする事になりました。
両者は見た目は近いですがカワムツは水質の綺麗な上流域から中流域を好む流水適応型であり水質が悪化すると姿を消しますが、ヌマムツは主に小河川や農業用水路に多く水質が多少汚れてる川でも見られ増水後に出来る水たまりでもオイカワやカワムツより長く生きられる上水適応型であることが確認されてます。
ちなみに両者とも埼玉県内で確認してますがカワムツは大河川中流域、ヌマムツは小河川や水路に多く小畔川ではどちらも確認してますよ!
  1. 2012/11/07(水) 23:11:08 |
  2. URL |
  3. a #-
  4. [ 編集 ]

 aさん こんばんは

 貴重な情報ありがとうございます。

 小畔川の水質はⅠをここ数年続けていますから渓流に近い状況にあります。
 当然カワムツの生息のみと思っていましたが、ヌマムツとやらもいるんですね。
 あまり気にしていなかったので、全てカワムツと思ってました。
 中島川では皆同じと思い当然カワムツとしか思っていませんでした。
 鮮明な写真があります。
 昨年4月の中島川で釣ったカワムツです。
 しっかり映っています。
 また、大村市を流れる大上戸川で釣ったカワムツ??
の画像が2009年7月の記事にあります。
 どちらも出張の釣りに分類していますので、カワムツかヌマムツか鑑定をお願いできるでしょうか?

 
  1. 2012/11/08(木) 22:12:34 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、おはようございます。
カワムツとヌマムツの区別、ずっと気になっていました。大阪府環境農林水産総合研究所のサイトに両者を並べた写真がありました。転用厳禁って書いてあったので、リンクは貼れませんが、”カワムツ ヌマムツ 区別”、のキーワードで引っかかりました。
けど・・・写真を見ても相当注意して見てみないと、簡単には区別できなさそうですね。今後、釣れた時にじっくり眺めてみようと思います。
カワムツが瀬で釣れたためしがなく大抵はトロンとした場所で釣れ、鮎が多いY川ではオイカワが瀬からばんばん出てくる・・・これが私の皮膚感覚なのですが、生育環境によって変わるのでしょうか・・・?奥が深いですね!
  1. 2012/11/10(土) 09:02:37 |
  2. URL |
  3. Green Cherokee #-
  4. [ 編集 ]

 Green Cherokee さん こんばんは

 カワムツとヌマムツ、判りませんね。
 判別用に比べて見ます。
 やはり、注意深く、いつも観察しなければ判りませんね。
 注意して観察します。
 生息場所ですが、猪名川、武庫川では釣っていないので小畔川を参考にすると、瀬ではやはりオイカワが良く釣れています。
 カワムツの生息数が少ないので、何処かと探してみるとやはりとろんとした流れのところ、岸際の緩やかなところにいるようです。
 体型から流れの強いところは好きじゃないみたいです。
  1. 2012/11/10(土) 16:54:03 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

カワムツでしたよ!
このサイト一通り見ましたがヌマムツは2010/06/13(日) 「今朝の小畔川 久しぶりでしたがオイカワが遊んでくれました」の魚がそうでした。

見分け方ですがヌマムツはオイカワのように腹鰭・胸鰭に赤いラインが入っています。
カワムツの方は腹鰭・胸鰭が黄色(一部透明な個体も)です。
  1. 2012/11/11(日) 20:13:08 |
  2. URL |
  3. a #-
  4. [ 編集 ]

aさん おはようございます。

 ヌマムツが居ましたね。
 小畔川はカワムツだけと思っていましたが、ヌマムツがいるとは意外でした。
 また、見分け方、鰭の赤い色はとても判りやすいです。
 有難うございました。
 一つ楽しみが増えました。
  1. 2012/11/12(月) 04:53:05 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

中島川での釣り

初めまして。長崎は中島川沿いに住む者です。中島川での釣りを取り上げてくださってありがとうございました。この川のいいところは川の両岸の高い所や橋の上からポイントを覗き込みながら移動できるとこですね。100均で買った竿セットにウインナーを餌にして、5歳の娘と短時間で20匹ほどカワムツを釣りました。簡単すぎて娘が釣りってこんなもんか、と舐めてしまわないか心配です。あとナマズも鯉に混じって泳いでるのを見たことありますよ。云われていたように釣りをする人は珍しいので通行人に見下ろされると少し恥ずかしいですね。(だから子供でカモフラージュしてる部分もありますが)
  1. 2013/02/27(水) 18:41:33 |
  2. URL |
  3. ケンドーナガサキ #-
  4. [ 編集 ]

 ケンドーナガサキさん

 コメント有難うございます。

 大村出張時には長崎市内に泊まることにしています。
 空港から往復でリムジンバスが1200円ですから。
 ホテルも沢山、食事も美味しい。
 しかも、オイカワ、カワムツの釣れる川が中島川と大浦川と楽しめます。
 長崎はその他にも情緒があり街の雰囲気が大好きなのです。
 リンクに入れている古い小畔川通信にも記事がありますから是非読んで下さい。
 このブログでは出張の釣りに分類してあり、数件書いています。

 この時期は水温が低く伊丹や川越ではオイカワ、カワムツの釣りは非常に難しくなっています。
 しかし、長崎は暖かいのですね、通年、出張の度に楽しませてもらっています。
 夏は録に素晴らしいですね。
 グラマーなダイナマイトボディーで楽しませてもらっています。
 九州の河川は豊かです。

 くんちも諏訪神社の桟敷で見物しました。
 投げられた手ぬぐいも運よくゲットできました。
 思い出が沢山あります。

 最近は眼鏡橋の脇にある立ち飲みショット焼酎バーに引き寄せられています。
 このお店も記事にしてしまいました。

 また、長崎にお邪魔しますので宜しくお願いします。
  1. 2013/02/27(水) 22:29:50 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/485-09e4f764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【長崎ではオイカワが少】

 月曜日は長崎へ火曜日はそのまま東京へ水曜日に伊丹に戻る忙しい出張でしたが、長崎でオイカワ?カワム
  1. 2012/11/04(日) 10:53:48 |
  2. まっとめBLOG速報