小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

猪名川は昨日の雨でカフェオーレ、駄六川でオイカワを釣る

 今週末は発達した低気圧が前線を伴って通過したため、土曜日は終日雨、伊丹では37mmの降水を観測しました。
 特に午後からは雨脚が強くなり、外出する気も無くなってしまいました。
 終日、カウチポテトじゃなくて、煎餅ウィスキーで過ごしました。
 疲れがたまっていたみたいです。
 そして今日は朝から晴れ!
 少し肌寒い一日でしたが、オイカワを釣りたくて猪名川に行ってきました。


DSCN3248.jpg

 土曜日の昼です。
 雨が降り続き、薄暗いのです。
 リクライニングのキャンプチェアーに座ってテレビを見ているとベランダにお客さんです。
 風を避け、雨を避け、壁際にかたまっています。
 しばらく休んで何処かへ飛んで行き、また別の雀がやってきました。
 入れ替わり立ち替わり、何羽立ってきたでしょうか?
 アルミサッシ越しにほんの1mほどのところに居ますが全然逃げるそぶりもありません。

 これだ!
 殺気が出ていない状態。
 釣ろうと思わず、気がついたら釣れていた状態。
 よくある、目を話した時に釣れるというあれですよ。
 


DSCN3252.jpg


 本日、昼から出かけてみました。
 ここは駄六川が猪名川に合流するところです。
 猪名川本流はカフェオーレ、水位も高く釣りになりません。
 何時も参考にしている軍行橋の水位観測。
 雨が降る前は数センチでしたが、最高水位は1mを超えていました。
 雨が止んで昼には53cmまで下がりましたが、オイカワを釣るのは無理。
 こんな時は支流にオイカワが入っています。

DSCN3253.jpg

 時々ライズが見られますが、何を食べているのか?
 駄六川もカフェオーレ何時もの透明感がありません。
 こんな時のライズを狙って釣るのはとっても難しいのです。
 後で気がつたのですが、フライの色が最悪でした。
 茶色の水に茶色ではね。
 黒にするべきでした。
 替えればいいだろうって?
 冗談じゃないですよ。 
 せっかく苦労して通したアイ。
 もう一回通すのは大変なのです。
 いつもどおり、フライが無くなるまで使い続けます。
 ちなみにティペットは鹿児島で結んだ0.8号。
 そのまま最後まで使い続けました。

 どうやって釣る。
 キャストしたら引っ張ってフライを沈めます。
 そうしたら、緩いシェイクで手元まで引いてきます。
 少しでもアピールして、興味を持ってもらわないと釣れません。
 難しい釣りでした。



DSCN3254.jpg

 帰りに、伊丹は鮭の街と商工会館に展示してあったこも樽

 今はこの三酒造のみとなってしまったそうです。

 白雪は飲んだので、継は老松と大手柄(おおてがら??) 試してみます。


スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/11/18(日) 18:31:38|
  2. 猪名川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<猪名川軍行橋でイワシサイズが入れ食い | ホーム | 国分 天降川で鱸を釣る!>>

コメント

こんばんは^^。
こちらも晴れましたが、濁りと風で厳しかったみたいです。殺気を消す術を習得されたようで・・・jetpapaさん流石です!
  1. 2012/11/18(日) 19:50:23 |
  2. URL |
  3. farwater #-
  4. [ 編集 ]

  farwater さん こんばんは

 よくよく考えてみると、殺気を殺したのではなくてバカにされていたのかもしれません。
 一寸気持ちよくなってトロロンとしたおやじに何ができるのかしらん?
 なーんて、スズメは思っていたのかもしれませんね。
  1. 2012/11/18(日) 22:10:08 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは
木化け、石化けの術を雀さんに使うとはさすがです。ちなみに、私も家にくるムクドリさんに使いましたが、見事に成功しました。ただし、マス属さんには通用しないようです。

ウチの近所の里川でもまだ、時々ライズがありますがいったい何を補食しているのか全くわかりません。ユスリカとかなんでしょうか?

「大手柄」尺ヤマメ釣ったときにでも飲みたい名前のお酒ですね。
  1. 2012/11/19(月) 20:38:27 |
  2. URL |
  3. 自転車通勤人 #-
  4. [ 編集 ]

なんとも可愛らしい雀さんたちですね!

大手柄と老松、、、知りませんでした
日本酒の銘柄は難しいですね
  1. 2012/11/19(月) 21:56:49 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

木化け、石化け、渓流では必須項目ですがオイカワ釣りではあまり気にしてないような・・・。

近所の川で姿勢を低くしてストーキングしてるときに
対岸のギャラリーと目が合ったりするとけっこう
恥ずかしかったりして・・・(^@^;
  1. 2012/11/20(火) 10:16:32 |
  2. URL |
  3. windknot #-
  4. [ 編集 ]

ナイス

こんにちは
uribauです

雀の写真ナイスですね
鳥は撮影しにくいんですよね
すぐ逃げちゃうし

多摩川はニゴイワールドになってしまいました

  1. 2012/11/20(火) 14:43:49 |
  2. URL |
  3. uribau #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。
煎餅ウィスキー、良いですね! 私もお気に入りです。ついでに、最近は、”鶯ボール&ウィスキー”、も・・・ ハマりますよ、これも。
先日、心斎橋のお菓子屋さんで購入した鶯ボール1袋を息子の友人達にあげたら、それはそれは大好評でした。関東圏では意外にお目にかかれない味ですよね。
  1. 2012/11/20(火) 23:47:39 |
  2. URL |
  3. Green Cherokee #-
  4. [ 編集 ]

自転車通勤人さん こんにちは

 硝子戸っていうのは不思議です。
 鳥は全く気にしないんですね。
 雀のかわいい姿をじっくり見せてもらいました。
 子供の頃は沢山いましたが、気がつかないうちに少なくなったですね。
 子供の頃の焼き鳥と言えば雀でした。
 人串に三羽、たれをつけて焼きあげます。
 頭を噛むとぷチュッと潰れます。
 美味しかったなー。

 今も雀の焼き鳥はあるんでしょうか?
  1. 2012/11/23(金) 12:56:47 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ねずみおやじさん こんにちは

 伊丹市に残っている酒造メーカーはこの三社だそうです。
 武庫川を渡りますと、六甲の麓に灘の酒造地域があります。
 大手柄に老松僕も知りませんでした。
 伊丹の酒屋さんでもなかなか売っていません。
 
  1. 2012/11/23(金) 13:22:08 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 windknotさん こんにちは

 木化け石化け、この時期のオイカワさんには通じないようです。
 近寄るとすぐに逃げてしまうので、渓流ではありえないロングキャストで遊んでいます。

 少し水が出て活性が上がると夏のオイカワのように直ぐに食ってきますが、なかなか難しく、それだけに釣った楽しみ倍増の季節になってきたようです。
  1. 2012/11/23(金) 15:09:09 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 uribauさん こんにちは

 面白いもので硝子戸越しでは、全然気にしないようです。
 ぼんやり見ているといなくなったら、いつの間にか戻ってきて、飽きません。
 しぐさもかわいいです。

 ニゴイの出方が迫力満点です。
 瀬を流したパンフライに横からモノ凄い勢いで飛び出してきました。
 コイはゆっくりフライと一緒に流れて吸い込むように喰いますが、流石魚食魚、バッコーんと派手に出ます。

 でも直ぐにファイトをやめておとなしくなってしまうのが少し物足りないです。
  1. 2012/11/23(金) 15:15:08 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 Green Cherokeeさん こんにちは

 鶯ボールでウィスキー、いけます。
 意外と甘いものに合うようでついつい過ぎてしまいます。
 
 鶯ボールは川越マルヒロの地下お菓子売り場で数年前まで売っていましたが、今はありません。
 ところが、セブンイレブンで時々売っているんですよ。
 
 神戸市にある植垣米菓株式会社が製造元、伊丹ではスーパーSANDYで88円の大安売りです。

 ついつい、もう一粒と止まりませんで一袋食べちゃいます。
  1. 2012/11/23(金) 15:28:54 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして浅川と言います。
私もお酒も釣りも好きなおやじです。
どうか、魚を草むらに放り投げるような事を発信するのはおやめください。
私はトラウトもタナゴ、鮒釣りも、バス釣りもします。
魚が好きなら釣りを趣味にしない事が一番なのかも?とよく言われますが、、
外来種は魚も植物も昆虫や動物もそうですが、生き物は何一つ悪くないです。
駆除は反対も賛成もしません。
野生動物も食べるかもしれませんが
腐敗臭もしますし
せめて、命を尊び簡単に土を掘ってそこに埋めて頂けるようお願いします。
貴ブログを見てる子供達もいると思います。
小畔川を愛し、楽しい釣り、楽しいお酒で人生を豊かに過ごしたいと思う心は一緒です。
  1. 2012/11/23(金) 20:08:26 |
  2. URL |
  3. 浅川 #-
  4. [ 編集 ]

 浅川さん こんばんは そして初めまして

 おっしゃるとおり、草むらに放り投げてなどと書いたのは過激でした。
 バス、ギルを釣ったら再放流をしないで、埋めるとか処分をして下さいと書くべきでした。

 ところで、拙ブログにアップしたバスに関する事項は全て読んでいただけたでしょうか?
 福島の池でバスが全てを食べ尽くし最後は共食い、そして頭が異常に大きく体が細い魚が残ったこと。
 ここを見て外来魚の危険を現実に感じました。
 小畔川で私が最初にバスを確認したのが8年前、精進場橋付近でした。
 それ以前から入っていたと思います。
 昨年、飛び石の橋周辺に工事が入りましたが、飛び石の橋が段差となり以前は上流にバスはいなかったのです。
 また、ギルもいなかったのですが、いつの間にか繁殖していました。
 誰かがバスを上流に放したか?
 飛び石の橋を越えて遡上したか?
 どちらかは判りませんが生息域を行きに拡大しました。
 今は、外環道付近まで生息しています。
 
 確実に魚だけでなくエビなどの小さな生き物を沢山食べています。
 私は駆除をしていましたが、一人の力では到底根絶することができません。
 また、昨年10月から関西に転勤となりなかなか小畔川に立つことができません。

 川というモノは厄介なもので池のように閉鎖されていませんから、一度増えると根絶することは不可能です。
 しかし、このまま放っておくと更に増えて福島の池の二の舞です。
 皆様に愛されている小畔川では弱い魚も生きていけるよう、少なくとも現状を維持したいと思っています。
 私の考えに賛同いただけた方のご協力を持ってバスバスターと称し、駆除をしているのが現状です。
 ご協力いただいているバスバスター各氏には心から感謝しています。

 今まで確認していなかったギルが生息していることには更にショックを受けています。
 この魚は全てを喰い尽くします。
 絶対に再放流しない。
 駆除に徹することが大事と思っています。

 生き物は全て同じといいますが、今までいなかったバス、ギルが入ることで他魚種が壊滅的な被害を受けているところがあります。
 綺麗事では済まないのです。
 放流した人は自然に対する罪を犯したことになります。
 大罪です。
 アメリカはライセンス制度ですが、規定を読むと再放流の禁止事項については事細かく丁寧に規定されています。
 罪は重く、罰金刑から懲役まであります。
 このようなことにならないよう、私は駆除を続けます。
 また、賛同される方には御協力をお願いして啓もうしていくつもりです。
 できるところからやって行きましょう。

 放すは一時、駆除は永遠!

 放した人が責任を持って全てを原状に戻してほしいと思います。
 作業に当たる方の日当を考えたら小畔川だけでも数千万、状況によっては億に届くかもしれません。
 そんなことも考えず秘密に放流した犯罪者がのうのうと大手を振って歩いているのが現状です。

 どうか御理解下さい。
  1. 2012/11/23(金) 21:40:24 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

浅川です、返信ありがとうございます。
外来種を自分の趣味のために、好き勝手に持ち込んだり、その辺に放すのは本当におかしい行為だと思います(犯罪)
駆除は構いません!

子供も見てるので
どんな魚でも
気に入らないから
外来種だから
草むらに放りなげてたり
するのを推奨するのだけは
発信しないでください。

命があります。

また、小畔川を愛しているのなら
魚を草むらに放り投げて
腐敗臭の、なか釣りしたくないですよね?

ぜひとも、お願いします!




  1. 2012/11/24(土) 18:41:25 |
  2. URL |
  3. 浅川 #g7TnvC3s
  4. [ 編集 ]

 浅川さん こんばんは

 私の書いた小畔川および福島のバスに関する記事及びコメントの数々をは全て確認していただいたでしょうか?
 釣り人は誰も居ないところを主としてで行動しますから、人が見てようが、見ていまいがモラルにのっとって行動するべきであると思っています。
 少なくとも私のお付き合いがある方々はこのように行動規範を持ち釣りを楽しんでいます。

 子供が見ていようが見ていまいが関係ないのです。

 
  バスも、ブルーギルもモロコ、オイカワ、クチボソ、タナゴ、カマツカ、カワムツ、ムギック、コイ、ナマズ、ホトケドジョウ、等々沢山います。
 このうちムギツク、タナゴはもういません。
 カマツカも見えなくなりました。
 
 その他に深刻なのはミシシッピーアカミミガメが異常に繁殖して在来種のクサガメが居なくなってしまいました。
 スッポンも何処かに隠れてしまいました。

 拙ブログで小畔川の危機を紹介し、個人的な活動を一部紹介したところ、餌釣り、バサー、フライマンと釣りの分野を超えてバスバスターとして、小畔川のバスを、ギルをこれ以上増やさないと協力してくれました。
 そして、今も継続的に活動して下さっています。

 私もゴミを拾っていますが、黙って黙々と拾われている方が何人も居ます。
 バスが捨ててあったら私が拾います。
 今までも拾っています。
 また、この場で再度、釣ったら放すな、穴を掘って埋めて下さいとお願いします。
 
 ここで浅川さんに御提案をいただきたいのですが、同じ命を守り小畔川を愛して自然を守る方法を具体的に教えてください。

 是非提案して下さい。
 お返事をお待ちしています。

 一緒にやりましょう。
 
 


 
  1. 2012/11/24(土) 22:27:23 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。
私が中学生の頃、越谷の大利根川で雷魚が異常に勢力を奮っていた時期があり、その頃、初めてルアー釣りと出会いました。
当時、中学生では買えないミノーやクランクベイトで、面白いように雷魚を釣り上げる大人の人が居ました。子供心にその方を羨望の眼差しで見ていたのですが、その方は釣り上げるやいなや、小さなギャフで喉元をぐさり・・・数回刺してそのまま雷魚は水中でお陀仏・・・
『何てことをするんだ!』、と、子供の割りには文句言いたげな目で、その大人を見ていたんだと思います。すると、その方が言いました。”僕は鮒を釣りたいんだよ・・・”、と。その時に生まれて初めて、生態系、というものを意識しました。
私はまだ憧れの小畦川で釣りをしたことがないのですが、もしバスが釣れたら、小さいものも全て、自分の腹に収めようと思います。何せ、生来のCatch&Eat派なもので・・・ ^^;;
  1. 2012/11/25(日) 00:34:07 |
  2. URL |
  3. Green Cherokee #-
  4. [ 編集 ]

 Green Cherokeeさん おはようございます。

 利根川では雷魚が大発生したことがあるんですね。
 初耳です。
 この魚は生息域を狭められかつ、繁殖力が弱いので個体数が少なくなってきていると聞いていました。
 小畔川にも数年前までいましたが、今は何処かに消えてしまいました。

 小畔川の水質はここ数年Ⅰという評価を得ています。
 生物指標では入間川本流よりもきれいな川で清流と呼んでも良いようです。
 バス、キャッチアンドイート!
 お勧めです。
 ただし、小物が主ですよ。
 白身でムニエルなんか美味しいです。
 刺身でもいけますが、寄生虫が居ないと言いきれませんからこれは止めた方が宜しいと思います。

 週末はやる気が起きず家でゴロゴロしていました。
 今日は、気分転換に猪名川へ出かけます。

 ピクニック、マックでハンバーガーを買って、河原でゆっくりしてリフレッシュ。

 オイカワが釣れたらこれも良しと、出かけてみます。

 関西ではオイカワFFの愛好者がなかなか増えません。
 面白いんですがね。

 
  1. 2012/11/25(日) 08:51:08 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/491-8c9def9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)