小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

小畔川河畔林伐採顛末記

 

 前記事で鉄橋から八幡橋の間で全ての樹木伐採がおこなわれたことについて書きました。
 クラさんからお願いメールに対する回答を頂いたとコメントを頂きました。
 同じ内容のメールが私のところにも入っていました。

 今回のメールはお願いでありクレームではありません。
 今までの管理形態に賛同し、このまま続けて頂きたく思っています。

 先の記事で私の出したメールをアップせず回答のみをアップしたのは片手落ちでしたので、誤解の無いようトリガーから回答をアップしておきます。



 けさ、八幡橋から下流を歩いてみました。
 木は伐採されず残っています。
DSCN3398.jpg

 良い木があります。
DSCN3399.jpg


 鉄橋から八幡橋までは伐採してしまったから今さら何を言っても戻りません。
 その下流はまだ伐採をしていません。
 このまま残せないかというのがお願いの趣旨なのです。

DSCN3397.jpg





12月3日

荒川上流河川事務所
荒川市民パトロール隊担当官 殿

隊員番号xxzzxxxxxxのyyyzです。

日々の河川管理御苦労さまです。
おかげさまで主として活動する小畔川の自然環境は極めて良好に保たれていると思われます。

昨日、残念なことに気が付いたら河畔林が標記区間で全て伐採されていました。
護岸の保護及び増水時のごみの引っかかりによる水位の異常上昇等防災の観点から河川敷内に樹木が繁茂するのは望ましくないことは十分に理解できます。
河川敷内の護岸に根を下ろした樹木(桑、胡桃、柳、その他)がそのままでは根が張りすぎて護岸の破壊に至るために伐採したのではと思っています。

しかしながら、樹齢数十年の樹木が河畔林として茂っているところは動植物にとって極めて重要な環境にあります。
また、景観も一変してしまいました。
専門的なことはわからないのですが、河川敷内の低い護岸沿いに生える樹木により水流が弱められる効果と護岸を守るための伐採及び、引き続く護岸整備の費用、防災の担保。
これらを総合的に評価して残っている八幡橋から下流の伐採については控えていただけないでしょうか。


この川は国の管理区域では奇跡的に自然に近い状況が保たれています。
上流では三面護岸の場所が続き、遊歩道、護岸工事を繰り返され川が川として生きていませんが、鉄橋から下流の堤防の間は草刈以外、ほとんど手が入っていません。
その結果、葦が茂り魚だけでなく、鳥、動物(狸、イタチ、キツネ、亀、等々)もたくさん住んでいます。
これが一番の環境保護と思っており、荒川上流河川事務所の河川管理の在り方に賛同し応援しています。

このまま木を切ってしまったら実に味気ないつまらない川になってしまうような気がします。
このことについて、がっかりしている者が少なくとも散歩の立ち話で4人います。

御再考宜しくお願いします。



12月3日

yyyz様

いつもありがとうございます。
荒川上流河川事務所 占用調整課 xxです。

メールをいただきました、
「小畔川 東上線鉄橋から八幡橋間の河畔林伐採について」につきまして、
当事務所の各所に連絡させていただきました。

この場で回答することはできず、
大変申し訳ありません。

ご連絡いただきありがとうございました。
引き続きご協力賜りますようよろしくお願いいたします。



12月11日

yyyz様

荒川市民パトロールの活動、いつもありがとうございます。

荒川上流河川事務所 占用調整課 xxです。


先だって、ご質問・ご意見のありました、
「小畔川 東上線鉄橋から八幡橋間の河畔林伐採について」につきまして、
各部署に連絡させていただきましたが、
当事務所HPの「意見・質問はこちら」のコーナーに同様の質問がありました。
担当部署におきまして、先ほど回答がなされましたので、
その内容を下記【回答】にてお知らせします。

今後、ご意見・ご質問がございましたら、
こちらのページにてお問い合わせいただきますよう、よろしくお願いいたします。

http://www.ktr.mlit.go.jp/xxxxxxxxxxxxxxxxx

なお、こちらのE-mailアドレスにてほかの方からの同様の質問がございましたが、
荒川市民パトロール隊員の皆様との連絡専用の公開していないE-mailアドレスです。
もし、ほかの方にお教えしていらっしゃるようでしたら、
隊員の皆様にご迷惑をおかけしないためにも
控えていただきますようお願い申し上げます。
今後とも、ご協力をお願いいたします。


【回答】

川に関心を持っていただき、ありがとうございます。

ご質問頂きました小畔川の河道内樹木伐採について回答いたします。

洪水時においては、川の水が高く勢いよく流れ、川の中にある樹木を押し流される恐れがあります。
押し流された樹木が、堤防や護岸、下流にある橋(道路橋等)などの施設に損傷を及ぼす恐れや、
橋脚に引っかかり川の水をせき上げてしまうことにより水位上昇が生じ、堤防から川の水が溢れてし
まう恐れがあります。
このため、今回、小畔川において堤防や護岸などに悪影響を及ぼす恐れがある箇所について樹木の伐
採を行いました。

ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

===================
国土交通省 関東地方整備局
荒川上流河川事務所

〒350-1124 川越市新宿町3-12
電話:049-241-0380
FAX:049-248-7523
URL:http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/
=============

12月15日


荒川上流河川事務所 占用調整課 xx 様

下記の回答わかりました。

しかしながら回答の内容は私が記載した内容に対するものとかけ離れていると思われます。
つまり回答の内容はお願いをしたメールの中で背景として記載しましたから、理解したうえでのお願いをしています。
河川整備費用として八幡橋から下流も河畔林の伐採費用として予算を組んでいるのであれば、変更できませんかというお願いです。
勝手に変更はできませんから、それならば市民からこんなお願いが出ていますから検討できませんかという、トリガーとしての御願いメールでした。
回答は伐採する、しない、または今後樹木の成長を観察しながら防災上どうしても伐採しなければならない時期が来る等々の回答が的を射たものではないでしょうか。

伐採を止めて戴くかまたは具体的な施策を伺いたかったのです。

荒川市民パトロールの活動の最も重要な環境保全に関する監視活動ということで占用調整課担当者に御願い及び意見として連絡させていただきました。
今後の活動においても住民としての目線からお話しをしたいと思いますので、是非、具体的なことを教えてください。

小畔川は管理がなされているから自然に近い状況を保たれています。
上流の大規模団地、西武鉄道車庫からの下水も高麗川をパイプで渡り小畔川の流れ込んでいます。
何処かで破たんが起きた瞬間に昔のどぶ川に戻ります。
鉄橋から下流の管理状況は今まで最高でした。
葦が茂り、水質も川自体で良好に保たれる部分がありました。
河畔林も何年もかけて茂ってきました。
このまま管理すると期待していた矢先のことでしたから残っている下流の木は残していただきたいのです。
重ねてお願いします。

次に荒川市民パトロールの連絡先アドレスを教えたのは私です。
次回以降はホームページの方へ意見を投稿するように連絡します。

xx様は個名を記載しての回答をくださいました。
通常はこのようなことはないので誠意ある対応をしていただけたと感謝しています。

yyyzz





 以上が今日までの経緯です。
 このまま伐採を見送って下さるとうれしいのです。



 下記メールアドレスは荒川上流河川事務所に対する意見、質問の窓口です。
 荒川上流河川事務所で検索して表紙ページ右最上部に「意見・質問はこちらへ」と小さな字で書いてあります。
  https://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/iken/input.html




 
スポンサーサイト
  1. 2012/12/15(土) 06:55:02|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<風邪ひいちゃった。 | ホーム | 奈良県のヘソ、天川村管理釣り場に行くも大雪で勇気ある撤退!>>

コメント

この訴えかけが芯となり

小畔川河川環境保護に繋がればと願っています。
jetpapaさん、ご苦労様です。

古より人は水付き場近くに民の場を置くと言いますが、昆虫や小動物達の
最後の砦となる小畔川河畔林にはこれ以上手を付けて欲しくありません。
仰るように浄化機能も低下し骸場となるのは時間の問題です。

人の命は最優先ですがサイクルの短い動物達には致命傷です。
皆さんで声を荒げて訴えかけましょう、1人より2人です。
  1. 2012/12/15(土) 15:39:18 |
  2. URL |
  3. クラ #K7e/u8Dk
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん
こんにちは

大水の大河へ
夜出かけたことがあります

上流から大木が何本も
押し流される様子は圧巻で
ずっと眺めていました
上流はどうなっているのか
下流の堰は大丈夫か
それでも目の前の
流水劇場に圧倒されました

利便を求めて
川の近くに集落を作った
祖先は水と戦いまた共存してきました

線引きは難しいなぁと
机上で考えるアタシ

動き出している
jetpapaさんに
反省させられました
  1. 2012/12/15(土) 15:47:14 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

 クラさん おはようございます。

 景観が変わってしまったのが悲しい。
 下流と比べて見ると単なる水路に変わってしまいました。
 誰かが声をあげて、そのとおりと思う方が同じ声をあげる。
 この繰り返しが必要と思っています。
 言いたくても言えない、気になっているが何処に伝えたらよいかわからない。
 こんな方の水先案内になればと思いました。

 
  1. 2012/12/16(日) 10:03:42 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

ジェロさん おはようございます。

 動き出しているなんてとんでもない。
 景観が変わってしまうのが残念なだけです。
 このままにしておくことができないか、行政にお願いしているだけなのです。
 私一人で言ってもどうしようもないので、同じ気持ちの方がいらっしゃったら一緒にお願いして下さると少し効果があるかなと、そんな気持ちです。
 
  1. 2012/12/16(日) 10:11:47 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

この手の内容は

確かに食い付き辛いですよネ。
批判や中傷することなどは気楽に乗るのですが、良いことなのに
腰が上がらないなどは正直分かるような気がします。
何事も踏み出しには勇気が必要ですよネ。

私が始めた河川清掃のときなどは誹謗中傷の雨あられ、
しかし実行と継続がそれらを払拭してくれました、今では行政も
耳を傾けてサポートしてくれます。
このことから訴え続けて行くことこそ大事と思います。

小畔川界隈を愛する方々、また同意見をお持ちの方々には
「河川林の伐採は自粛して欲しい」とメールを送っていただけたら幸いに思います。
  1. 2012/12/16(日) 15:08:51 |
  2. URL |
  3. クラ #nvribD4c
  4. [ 編集 ]

 クラさん こんばんは

 先ほど伊丹に帰ってきました。
 本来ならば、地元在住の方が動いて下さると宜しいのですが、何処にお願いしたら良いか判らない方が沢山居るようなので、取りえずのトリガーとしました。
 声が上がらなくては、動きようがないですからね。
 ずいぶん前から記事にしていますが、風力発電の風車も大嫌いなのです。
 僕の感性は他の方とずれているのかもしれません。

 
  1. 2012/12/16(日) 20:58:29 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

温度差

jetpapaさん こんばんは。
本当に残念ですね。
同じ川に関心を持つ者、日々水辺を見続けているにも関わらず、大切にしたいものが違うというのは何とも悲しいです。

防災、治水の視点、自然保護、復元の視点。
本当に僕等が生きてゆくのに、必要なバランスが何処なのか、温度差を感じずには居られません。
この行く末を案じています。
  1. 2012/12/16(日) 22:02:51 |
  2. URL |
  3. Megaceryle #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

>風力発電の風車も大嫌い

同感です!
「無公害の天然エネルギー源」
などと言う喧伝はとんでもないです

かといって原発依存もして欲しくないですが・・・
  1. 2012/12/16(日) 23:22:10 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

 Megaceryleさん こんばんは

 川が氾濫したら大変ですから、管理はしっかりしてもらわないと困りますし、不具合を発見した時には通報します。
 そうして、住民のの安全を担保してくれていると思っています。
 しかし、完璧に堤防の中に木が無くなってしまうのも殺風景で味気ない景色です。
 直径が30cmにもなろうかという桑の木を何本も切りました。
 桑の大木はとっても貴重なんです。
 胡桃も点々と生えていたモノを全て伐採してしまいました。

 日本人は直線的な風景よりも曲線のつながりが好きなはずなんですが。

 もったいなく思っています。
  1. 2012/12/17(月) 19:45:35 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ねずみおやじさん こんばんは

 風力発電の風車を初めて見たのは14年前西ドイツの丘陵地帯でした。
 第二次世界大戦の戦車戦の舞台になったところです。
 一面の牧草地、畑、遮るものがありません。
 これならタイガー戦車とかT-34戦車、シャーマン戦車が縦横無尽に走り回れるなーというのが最初の印象でした。
 あちらの特急は速いのです。
 丘陵のてっぺんに近付くと白い羽が尾根筋に無数に並んで異様な光景でした。
 日本の国土には合わない風景と思いました。
 ところが風力発電の羽があちらこちらの山で廻っています。
 これって最高の自然破壊なんですよ。
 福島の風力発電について書いていますから見て下さいね。
 アメリカでは風力発電の山を記事にしています。
 これも異様な光景です。
 エネルギー効率から無駄が多いようで商業には無理で諦めたようです。
 革新的な技術が開発されると宜しいのですが。
  1. 2012/12/17(月) 19:55:39 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。
風力発電・・・ 実は私が勤務している会社の一つのグループではこれを推進しているんですが、そんなことはともかく、私も景観的に嫌いです。綺麗な丘陵や海岸線にあまりに不似合いですし・・・しかも、近くに行くと回転ノイズ音が煩いんですよね・・・
アメリカにもこればっかりの異様な山があり、実際に見たことがあります。”なんだ、こりゃ!”って感じでした。可愛い風車ならまだ愛嬌あるのですが・・・違和感の極みでした。
昨日、愛しのK川を、以前以上に河岸の木を愛でつつ釣行しました。何事も、あるがまま、が良いんですよね、きっと。
  1. 2012/12/17(月) 22:29:14 |
  2. URL |
  3. Green Cherokee #-
  4. [ 編集 ]

 Green Cherokee さん こんにちは
 過去記事にこんなのがありました。
 山全部が風車でド肝を抜かれました。

http://koaze.blog113.fc2.com/blog-entry-180.html#comment
  1. 2012/12/18(火) 14:07:38 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/496-8fbfb51c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)