小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

オイカワが冬になると消えてしまうの何故なの?

 京都大山崎を流れる小泉川の状況についてリンクしているkyotoflyさんがブログアップしているのを見まして、不思議だなーと思うと共にそうなんだよなと思うところがありました。


 一般に水温が低くなるとオイカワよりもカワムツの方が活動的ではないかということなのです。

 盛期には瀬にオイカワ、淀にカワムツと棲み分けていますが、水温が下がるとオイカワが何処かに消えてしまいます。
 しかしながら翌年も復活するわけで、生息域を移動するのではなく実際は活動をしなくなるのではないかと推測するのです。

 今までは水温の低下とともに支流から本流に下り、深みに潜むのではないかと思っていたのですが、そうでもないようなのです。

 幾つかの河川観察の結果、オイカワは生息河川で越冬する。
 少しでも水温の高いところを探してじっとしている。
 体色が保護色で底の色や周りの色に溶け込んで観察できない。
 できるだけ深いところに向かうので観察したり網ですくうことが難しい。
 大型は、小型より水温の変化に敏感なため、真冬には動かないので見つからないが、低水温度に比較的対応できる稚魚は群れて泳いでいることがある。

 こんな結論に達しました。

 これは、小畔川を主とした釣り場として、××川、○○川、△△川(関東)猪名川、武庫川、芥川、小畑川(関西)中島川、天降川(九州)で釣りをして思ったのです。

 ヒントになったのは、前回の中島川、過去の小畔川、最近の××川、△△川の季節により変化する状況そして、通年オイカワが釣れる天降川からです。
 時系列に添って整理してみると

1.小畔川で大規模工事が入る前は河床から湧水がありワンドを形成し、池のようになっているところがありまし  た。
  ここには通年良型のオイカワが入っており活発に泳いでいました。
  残念ながらユンボで河床を平たんにしてしまったためこの泉は流れの中に消滅してしまいました。

2.××川下流の一部に極端に大きなオイカワが冬季かたまっていたことがありました。
  △△川は湧水があり、冬でも青々とした水草が茂りオイカワが釣れます。
  冬はオイカワよりもカワムツの方が優勢と聞いています。

3.1月になって猪名川でオイカワが釣れました。
  ワンドになっているところで減水のため本流と分離され池になっています。
  先週、再度釣行に行くと全く反応がありませんでした。
  確実に水温が下がっていました。
  武庫川ではオイカワが確認できなかった。

4.長崎、中島川ではカワムツのライズがありドライで釣れました。
  オイカワの反応は全くなし。
  目視でも確認できなかったのです。
  この場所は大きな堰の上で、魚道が設置されていますがオイカワには遡上が不可能で、隔離されています。

5.天降川では通年良型のオイカワが釣れる。

 最近は河川環境によりオイカワ、カワムツが混生しているところがほとんどで、水流の速さで棲み分けています。
 しかし、本来は下流部にオイカワ、上流部にカワムツのテリトリーが形成されていたと思います。
 先日、伊勢神宮の森について紹介した番組では最上流部の低水温部にはカワムツのみが生息していました。


 このことを踏まえて今までの観察結果上記1.2.3.4.5をまとめてみると、

 *オイカワは生息河川に留まっているが、低水温で活動できなくなり釣れない。
 *カワムツが釣れるのは低水温にオイカワよりも対応できるから。
 *オイカワの成魚が消えても稚魚が群れていることがあるのは稚魚の方が低水温に対応ができるから。
 *更に水温が下がるとカワムツも活動しなくなる。 

 こんな結論になりました。
 水温が下がり、オイカワもカワムツも活動しなくなると、一見、魚がいないように見えるのではないでしょうか。

 検証がなくて観察のみの結果ですが、kyotoflyさんの記事を見て考えてみました。


 今後の課題として水温による活動の変化をオイカワ、カワムツについて観察して、フィールドにおける実証ができたら良いなーと思っています。
 これからは水温計が必要です。

 オイカワが釣れた、カワムツだけだった、どちらもダメ、ドライでパックン、ウェットでも反応無し、色々な状況があると思います。
 もし宜しかったら釣行の場所、水温、ドライ、ウェットの別、魚が見えた見えない。
 こんな情報を寄せて頂けると助かります。
 できるだけ沢山のデータを整理することにより偏りが無くなり正解に近付きます。

 今日の水温が××度、ドライで行けるぜ―!
 ××度かウェットで出るか出ないか、境だな!
 今日は無理!
 これ以上水温が上がるとオイカワもお休み!
 等々、面白い統計が取れるのではないかと思っています。
 
 鱒類についてはこういった議論、研究が進んでいますが、オイカワについてはまだまだ感覚論ばかりです。
 オイカワ釣りも少し進化させようかと思っていますのでデータをお寄せ下さい。
 オイカワ仲間で研究してみましょう。

 ブログへのコメントでも、koaze-oikawa@ae.auone-net.jpこちらのアドレスでもOKです。








スポンサーサイト
  1. 2013/02/02(土) 08:24:40|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:34
<<猪名川上流北田原管理釣り場に行くも、今世紀最大級の寒波で震え止まらず! | ホーム | 平日の水上公園>>

コメント

こんにちは。

なるほど鋭い考察です。
このところ何度かロッドを振っているY川のゆる瀬では5~6cmのオチビばかりがかかります。
大きいのはどこにいったのか?
川鵜にやられたのか?ということもありそうですが、むしろ、いるのだけれど動かない、と考えるほうが納得できるように思います。

  1. 2013/02/02(土) 12:20:36 |
  2. URL |
  3. Windknot #-
  4. [ 編集 ]

Windknotさん

 2連チャンで楽しまれていますね。
 
 水温が気になりだしたのは、オイカワが釣れないが、カワムツは釣れる。
 今まで沢山いた良型のオイカワが消えて稚魚ばかり??
 この変化が寒くなると突然やってくるからでした。
 先週は釣れたが、今週はダメ。
 そんな訳で水温ではないかと推測しています。
 水温データと釣れた釣れない、魚っ気があるのか無いのかetc。

 どれだけ沢山正確なものを集められるかにかかっています。
 宜しくお願いします。



 データ収集にかかっています。
  1. 2013/02/02(土) 16:44:55 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。今日はご一緒させて頂き、ありがとうございました!
本日もお話しましたが、この記事を読んで、やっぱり水温計を買わなきゃ・・・って思いました。いつも通っている川でできるだけたくさんの情報を集め、自分自身の釣果を振り返る時の一つの材料になれば、と思っています!
  1. 2013/02/02(土) 19:22:46 |
  2. URL |
  3. Green Cherokee #-
  4. [ 編集 ]

オイカワ・カワムツの本場、淀川水系の鴨川、桂川では、

最上流域はタカハヤ、
上流域ではタカハヤとカワムツの混棲、
上~中流域ではカワムツとオイカワの混棲、
中流域ではオイカワ(とコイ・フナ)、

と水域によって棲み分けができています。

オイカワが上流域で釣れることもありますが、
ほとんどが夏で、アユと一緒に遡上してきます。

ちなみに、アマゴは
カワムツとタカハヤの混棲する上流域に棲息しますが、
最上流部にいくと、ほとんどがタカハヤになります。

また、原則として
淀川水系にはイワナはいません。

淀川水系は標高も緯度も低く、
イワナには適さないのでしょう。


  1. 2013/02/02(土) 19:31:48 |
  2. URL |
  3. kyotofly #R8mXoq1Q
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰してます。

冬のオイカワ,どこ行っちゃうのか不思議ですが,毎年ちゃんと復活するのでどこかで越冬しているんですよね。大変興味深く記事を拝見しました。

利根川はやはり流れの緩やかな場所で5cm程度のオイカワが群れています。カワウがガガガーーと補食してますが,数が減る様子は無く、暖かい日には雨のようなライズをしているようです。
  1. 2013/02/02(土) 21:36:35 |
  2. URL |
  3. 自転車通勤人 #-
  4. [ 編集 ]

 Green Cherokeeさん

 
 もう少し早い時間にお会いできたら良かったですね。
 まだまだ、話し足りない事がありました。
 それでもnishiさんに初めて会いましたし、楽しませてもらい良かったです。

 今回の記事は、水温に関しての一つの推測に基づく考察ですが、せっかくですからデータに裏付けられた結論まで持っていきたいです。
 オイカワにも蘊蓄があっても良いかな―、なんて思っていますよ。
 

 
 
  1. 2013/02/02(土) 23:06:44 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

kyotoflyさん

 水系の標高に基づく水温によって棲み分けているんですよね。
 一部混生域が重なりますが、極端な生息域の重なりはないということですね。
 おっしゃる通りオイカワの生息域よりカワムツが上流部位にあるため、より低水温に適している事が判ります。
 どのくらいの温度がオイカワの限界になるのか、体長によって適水温が変化するのか興味深いところです。
 
  1. 2013/02/02(土) 23:13:53 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

稚魚の方が低水温に対応ができる

なぜ固体が大きいと低水温に弱いのか?
ココが謎ですね

大型は冬眠するのか?
(バスは砂泥の中で冬眠するとか・・・)
ごく深場でじっとしているのか?

例えば山上湖ならワカサギとオイカワがいますが
冬はワカサギしか見かけませんよね・・・
オイカワはどこに行っちゃったんでしょう?


考えてたら寝られなくなっちゃいました(笑)


  1. 2013/02/02(土) 23:22:51 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

 自転車通勤人さん

 まだ、推測で実証がされていませんが、そうかなーと思うようになりました。
 釣れた釣れない、水温何度、データを集めないとと思っています。
 誰か良く判っている方は居ないのでしょうかね。

 雑魚は湧いてくると言いますから、川鵜が幾ら食おうともオイカワは絶滅しないようですが、冬になると何処に消えてしまうのか、不思議、不思議。
 
  1. 2013/02/02(土) 23:34:07 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ねずみおやじさん

 稚魚の方が低水温に耐えることができるのかもという仮定なのです。
 これが実証できればいいと思っています。
 ほんとは、もう既に何処かの研究者がこの案件については解決済みなのかもしれませんが、知りたいのです。
 オイカワは何処にいるのか実に不思議です。

 考えて眠れなくなっても平気ですよ。
 夜寝れない時は昼寝を十分に取って下さいね。

  1. 2013/02/02(土) 23:39:14 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

お久し振りです。今年初コメです。
遅ればせながら今年も宜しくお願い致します。

本件、私にとっても凄く興味のあるお題です。
オイカワを追い求める人ならば必ずぶつかる問題ではないでしょうか。
私も22~23年間不思議に思ってました。
しかし、初夏になれば釣れると自分に言い聞かし、深く追求もしなかったのも事実です。
近年、湧水がある所はそこで越冬するという事が判りましたが、湧水が無い河川ではどうしているの?と思ってました。

記事に書かれた様に、魚種によって対応水温に違いがあるというのが一番納得出来ますね。
私が通う例の堰下でも、昨年11月でも釣れましたし、茨城のメッカと言われる河川では水面に氷が張った下に隠れて過ごしてると聞いた事もあります。
「下流に下る」というのも定説としてありますが、実際は冬期滞在型が多いのでは?と思いました。
データ採取出来れば現実味を増す、というか実証になりますね。
  1. 2013/02/03(日) 18:44:31 |
  2. URL |
  3. Avant-garde #-
  4. [ 編集 ]

初コメ失礼します。

やはり冬になり、オイカワの居場所がイマイチ把握できません。

記事は大変、参考になりました。
また色々と教えてくださいね。ありがとうございました(^^)


  1. 2013/02/03(日) 20:11:49 |
  2. URL |
  3. かずき #L9s05DP.
  4. [ 編集 ]

 Avant-gardeさん

 今年も宜しくお願いします。
 冬のオイカワは何故消える?
 ズーット考えましたが、結論が出無かったのです。
 仮説を立ててみましたが、水温によるオイカワ、カワムツの活動状況を確認しなければなりません。
 それによって深場で、おとなしくしして留まっているのかが判るかと思っています。
 特に、猪名川のワンドで水位が下がり本流と分離された状態でオイカワの活動が、水温により大きく変化したのが参考になりました。

 お気づきの点がありましたら教えてください。
  1. 2013/02/03(日) 21:42:55 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 かずきさん

 冬のオイカワは何処に行ってしまうのか?
 不思議ですね。
 先週まで良型が釣れていたのが、ふっと消えてしまい稚魚だけが残ります。
 そして、温かくなってくると突然釣れ出します。
 長年、釣りを続けているから、川のことは何でも知っているようにおもっていますが一つ一つ検証してみると判らないことだらけです。
 釣りをしながら、判らなかったこと、不思議に思っていたことが解決できればと思っています。

 今後とも宜しくお願いします。


 
  1. 2013/02/03(日) 21:52:52 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰しております。

大変興味のあるテーマです。
僕もオイカワの冬パターン解明したいです。

こうなってくると冬の釣れない時期も
楽しくなってきますね。
  1. 2013/02/03(日) 21:59:14 |
  2. URL |
  3. sanche #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

 sancheさん

 冬のオイカワは何処に行っちゃったのと考える人は多いと思いますが、納得できる回答をして下さる方とは巡り合えない。
 それならばと、考えてみました。
 まだ、仮説です。
 冬遊びで、興味のある方からのデータを集めたいです。
 遊びながら、答えを出したいですね。
  1. 2013/02/03(日) 22:35:38 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

なるほど~
やはり生ものって奥深いなぁって、思い直しますね。
  1. 2013/02/04(月) 00:50:32 |
  2. URL |
  3. tontan #0iyVDi8M
  4. [ 編集 ]

tontanさん

 そうなんです。
 知ってるようで本当のことは知らないことがあるんですね。
 何時も時期になれば消えて、また現れる。
 昔からずーと続いてきたことなんですが、メカニズムが判らないことがあおるんですね。
 何も気にせずともうまく事が運んでいるんですが、kになるとどうもホントはどうなのと知りたくなってしまいます。
  1. 2013/02/04(月) 06:40:22 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは。
この問題はやはりみなさん不思議に思われていたのですね。私も同じです。
今年1月2日に精進場橋付近で玉砕した日も稚魚の群れは何度も見ていますし
8センチほどの成魚?と思われる群れも浅瀬で一度見ています。
これが確実にオイカワだったのかは少し自信がありませんが、フライを投入しても逃げる一方で
そのうち群れごと上流方向へ泳いでいってしまいました。
そして2月2日、今度はエサ釣りで玉砕です。
これには私もびっくりでした。
いくらなんでも少しは釣れるだろうと思っていただけにアタリすらなかったので
2時間ほどで切り上げてしまいました。
いるのに反応しない?
ほんとにいない?
謎だらけです。
  1. 2013/02/04(月) 12:59:17 |
  2. URL |
  3. kintaro #p7j7VgTM
  4. [ 編集 ]

 kintaroさん

 オイカワ七不思議?

 水温の変化によって徐々に性格が変わる?
 おおらかだったのが神経質に?
 何でも食べる良い子が好き嫌いのある偏食に?
 昨日まで沢山居たのが、今日は全く居なくなる。
 貪欲に飛びついたフライも無視。
 考えたら沢山ありました。

 でも、何故、何処に行ってしまったの?
 何が原因なのとあんまり考えていなかったです。
 水温によるオイカワの行動が具体的に判れば冬の釣りも楽しめるかななんて考えています。

 ということは水温計持参で釣りですね。

 宜しくお願いします。

  1. 2013/02/05(火) 06:22:39 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

経験が浅いので考察はできませんが、
水温計は持ち歩いているのでデータを取ることはできそうです。
あとでメールします。
  1. 2013/02/05(火) 17:56:55 |
  2. URL |
  3. ダブル #-
  4. [ 編集 ]

 ダブルさん

 大変心強い御言葉です。
 僕も仮説でどこまで証明できるかは不安です。
 水温、釣れた釣れない、魚が見えた見えない。
 瀬なのか瀞なのか、いろいろなデータが集まれば、上手く整理ができれば、見えてくるのかなと思っています。
 宜しくお願いします。
  1. 2013/02/05(火) 20:46:18 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

冬のヤマベの探し方

お久しぶりです。
冬のヤマベを探す方法を提案します。
この場合、他地区の川だといろいろと面倒なことになりそうなので、ホームのI川かN川でやりましょう。いい具合に私も貴殿もその漁協の総代ですし。やり方は適当な渕を見つけたら、飛び込んでいるかいないかを確認する、たったこれだけです。河原の焚火は小生が責任をもって担当しますので。組合長のFさんには小生から承諾をとっておきます。

  1. 2013/02/05(火) 21:46:07 |
  2. URL |
  3. TenkaraOkumusashi #6facQlv.
  4. [ 編集 ]

TenkaraOkumusashiさん

 聞いただけでブルってしまいましたよ。
 焚き火だけでは足りないので熱燗グビグビ付にしてください。
 そうっと覗いてみないとだめなんですね。
 ドボンと潜ってはだめなのです。

 かの鯉取りまーしゃんはそうっと頭を押さえ尻尾を掴み暖かい人肌で抱きかかえ捕まえるとおっしゃっています。

 オイカワを見つけたらたき火で十分に温めて御手手でそうっと包んでみたいです。
  1. 2013/02/05(火) 23:19:55 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

鯉取りまーしゃん

「鯉とりまーしゃん」。ああ、かの文豪の名文を思い出しました。そおーと、そおーと、潜りましょ。
  1. 2013/02/06(水) 12:57:09 |
  2. URL |
  3. TenkaraOkumusashi #6facQlv.
  4. [ 編集 ]

TenkaraOkumusashiさん

 マーシャンの川魚料理店は三代目になっていました。
 
 焚き火に熱燗ですからね。
 忘れないでください。
  1. 2013/02/06(水) 20:55:13 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

了解、りょうかい。
  1. 2013/02/07(木) 20:00:31 |
  2. URL |
  3. TenkaraOkumusashi #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは^^

あっという間にもの凄いコメントですね。
遅ればせながら。。。
jetpapaさんの考えには私も同じように思いました。
先日の釣行では水温の安定したところでは魚の反応がワンキャストワンバイトほどありました。
おそらくわき水の安定した環境と、隠れ家になる水草が繁茂しているおかげで居付いているんだと感じました。魚の気持になってみてもそんな感じがします。
その反応の流れでは言うほど針掛かりしないで数匹でしたがが、すべてオイカワでした。
カワムツの方が。。。というところはちょっと分かりませんでした。
  1. 2013/02/08(金) 23:22:19 |
  2. URL |
  3. ジョニー #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん

 あの川は冬でも水温が9から10度と安定しており、魚にとっては最高の環境だと思いました。
 水温による魚の移動、定着がはっきり判るのが湧水に集まることではないかと思いました。
 小畔でも湧水があるところでは良型のオイカワが付いており真冬でも活性が高く釣れます。
 問題は、何度ぐらいが境になるかということで気になっています。
  1. 2013/02/11(月) 11:22:10 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

ヤマベ、探しにいっちゃった?
  1. 2013/02/15(金) 18:52:22 |
  2. URL |
  3. TenkaraOkumusashi #-
  4. [ 編集 ]

TenkaraOkumusashi さん

 先週はインフルエンザで伏せっていました。
  1. 2013/02/16(土) 09:57:16 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

養生してください。春はすぐそこです。
  1. 2013/02/16(土) 14:34:48 |
  2. URL |
  3. TenkaraOkumusashi #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

お体の方、大丈夫でしょうか?少しゆっくり休めると良いですね。返信はいりませんよ。
  1. 2013/02/19(火) 10:16:58 |
  2. URL |
  3. kintaro #p7j7VgTM
  4. [ 編集 ]

TenkaraOkumusashi さん kintaroさん

 今日から釣り始めました。
 やっと体の調子も戻ってきたようです。

 昼から管理釣り場に連れて行ってもらいました。
 やっぱり釣りは良いです。
  1. 2013/02/24(日) 19:16:40 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/515-d1d3275e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)