小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

春を食する 福島から川越まで


 日曜日は福島へそして月曜日川越に美味しい物を食べながら帰って来ました。
 


DSCN3847.jpg

 福島市の郊外に花見山という桃源郷があります。
 春になると梅桃桜コブシウイキョウネコヤナギ・・・・
 さまざまな花が咲き乱れます。
 ある写真家が桃源郷と言ったのです。
 ここはその花見山です。
 まだ、花は咲きません。
 あと20日過ぎると咲き始めるのです。
 桃源郷が現れるのです。

 中腹からの眺めです。
 福島市中心部、その向こうには雪がまだ深い山々が見えます。

DSCN3851.jpg

 花見山から川俣へ。
 この町の名産、シャモを使った親子丼。
 コレ絶品!



DSCN3852_20130319221217.jpg

 こちらは奥が注文したシャモ重。
 美味しい!

DSCN3863.jpg

 翌日、川越に帰り囲坊主でランチ!
 これも良い!
 お腹が一杯になってしまいました。


DSCN3864.jpg

 そして小畔川でからし菜を摘む!
 黄色い花が咲き食べて下さいと待ってます。
 アブラナと勘違いされている方がほとんどです。
 さっと湯通しして塩でもみ込みます。
 そして密閉された容器に入れて一晩冷蔵庫に!
 すると鼻が曲がるほど辛いお漬物に変身。


DSCN3867.jpg

 美味しいですよ。
 ほの苦く、ツーンと辛く、春の味覚です。

 ちなみに今日は名栗でふきのとうを摘んできました。
 ふきのとう油味噌にしました。
 こちらも、ほろ苦さと香り!
 春の味覚ですね。

 残念ながら写真を撮るのを忘れてしまいました。

スポンサーサイト
  1. 2013/03/19(火) 22:37:21|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<また、名栗の渓へ | ホーム | 解禁は名栗の渓で!>>

コメント

こんばんは〜
福島だったんですね
軍鶏に囲坊主のランチ、
そして春の幸!
いいですね〜
  1. 2013/03/19(火) 23:27:12 |
  2. URL |
  3. とあ #-
  4. [ 編集 ]

 とあさん

 今週はお彼岸ですから、日曜日は福島市へ直行、市内信夫山にあるお墓参り、そして田村市のお墓参り、その他もろもろの野暮用を済ませ郡山に一泊して戻りました。
 シャモは美味しいですね。
 身は決して柔らかくはなく、むしろ硬い方ですが、噛めば噛むほど味が出ます。
 お酒と一緒に食べたい食材。
 囲坊主 皆様のブログを読むにつけ行ってみたい!
 やっと入れた。
 この御値段で、このランチ。
 コスパ。
 大丈夫なのというコメントが良く判りました。
 実に良心的。

 からし菜の写真が面白いのです。
 月曜日の午後は低気圧に吹き込む風が強く土手は埃交じりの強風。
 からし菜が風にあおられて画面からはみ出してしまいました。


 
  1. 2013/03/20(水) 06:43:43 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

中央に見えるのが信夫山でしょうか、父の田舎がこの山の向こう13号を北へ行った飯坂町になります。
懐かしいです。何年かぶりに福島の叔父と電話で話す機会があり、帰国したときには家族を連れて行こうかと
考えています。
からし菜は父がよく荒川の河川敷や、その他見つけるととってきては同じようにおひたしを作ってくれました。
  1. 2013/03/20(水) 17:36:58 |
  2. URL |
  3. tontan #0iyVDi8M
  4. [ 編集 ]

シャモでしたか?
最初シシャモと読んでしまい,
????????
でした。
うまそうです。
カラシナは奈良盆地を流れる川の土手に
いっぱい咲いてきます。
一度採ってきて,やってみます!!


  1. 2013/03/20(水) 18:14:14 |
  2. URL |
  3. リョウ #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。


あつ!囲坊主ランチ、いいですね!
素材が厳選されているから、人気が高いですよねー

フキノトウの油味噌、食も春らしい時期になりましたね
自分は天ぷらでいただくのが大好きです

ところでそのからし菜の見分け方って有るんですかね?
  1. 2013/03/21(木) 01:24:13 |
  2. URL |
  3. 旋風と用心棒 #GAkJEmLM
  4. [ 編集 ]

 tontanさん

 お父さんの実家は飯坂なんですね。
 此処も不思議な縁があります。
 飯坂温泉には千人風呂という大きな風呂があったのを覚えています。
 残念ながら温泉街もさびれてしまい昔の面影が無くなりつつありますが何度か泊まっています。
 
 子供の頃は福島市陣場町に住んでいました。
 駅前の繁華街、第4小学校付属幼稚園から小学校へ。
 そして清明小学校。
 その後三春町に越しました。

 信夫山には父が眠っているのでお彼岸にはできるだけお参りするようにしています。

 これからの季節。
 今年は早いのですが、例年でしたら連休には福島盆地に北から下って来る道路沿いはリンゴ、梨、、モモの花が咲き乱れ言葉も出ないくらい綺麗です。
 飯坂からフルーツロードというのが市街を廻り込むように西側を走ります。
 ここは果樹園の中です。
 素晴らしい景色です。
 ご家族で福島を訪れる最高の季節かもしれません。

 そして、冬がまた宜しい。
 雪を是非体験して下さい。
 飯坂温泉に泊まり、スキー。
 ご家族にとって素晴らしい福島発見となるのでは。

  1. 2013/03/21(木) 06:02:10 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 リョウさん

 シャモと書かずに軍鶏と書けばよかったのかも。
 川俣町ののぼりがシャモだったのでこちらにしました。
 この街は絹織物が盛んな土地で、50年ほど前には沢山の織物工場がありました。
 その当時、三輪車です。
 亜炭です。
 石炭より質の悪い燃料になります。
 父は三輪車で川俣まで運ぶ訳で、助手席に便乗して小旅行。
 何よりの楽しみでした。
 今は当時の面影はなく織物工場の数も少なくなりました。
 臭いもしなくなりました。
 繭を茹でる臭いが強烈でした。
 川俣というとこの匂いが記憶に残っています。

 
  1. 2013/03/21(木) 06:15:59 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 旋風と用心棒さん

 囲坊主、良いですね。
 ランチも美味しくて満足でしたが、接待が素晴らしい。
 駐車場が一杯でどうしようかと思ったらこちらのお母さんでしょうか?
 忙しい中、わざわざ秘密スポットに案内してくれました。
 年配の方、ご近所さん、そしてサラリーマンと客層が多岐にわたっているのも素晴らしいと思いました。
 夜が楽しみです。

 からし菜は簡単に判ります。
 基本的に川越周辺の河原、土手に咲くこの時期の黄色い花の菜の花と言われているのはほとんどがからし菜ですよ。

 前記事にツーンと来る作り方を載せていますから次記事で再紹介しましょうね。
 辛くなくてはからし菜ではない。
  1. 2013/03/21(木) 06:24:34 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/520-b57f8e42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)