小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

佐々里C&R専用区でフィールドチェック!

 関西の釣り友であるkyotoflyさんが渓流という名の超強力スーパーflyをjetpapaの目の前に流したらパックンとフライングバイト!
 フライが水面に落ちる前に簡単に釣られてしまいました。
 渓流!!
 うううううーーーん♡♡♡♥
 何と美味しいお言葉!
 バイトしないなんて考えられません。

 関西初渓流は奈良県天川で筆おろしの予定でしたが、当日は大雪でせっかくリョウさんに案内していただいたのですが、勇気ある撤退をしまして涎を垂らすだけで御預けを食らったままだったのです。

 尚更ワクワクなのでした。

 今回は京都府南丹市美山町の佐々里というところへ行ってきました。

 ワクワク満足そうだったのか等々、一杯詰まっていますので一寸長い記事になってしまいました。



DSCN4306.jpg


 目覚まし時計が2個あるのですがまず使ったことがありません。
 しかし、今回4時にセットしました。
 2つともですよ。
 ところが、目覚ましが鳴る前に、3時過ぎには目が覚めてしまい我慢してもう少しと寝てましたが、3時半に起きてしまいました。
 ワクワクしてすぐ目を覚ましてしまいます。
 前日は宴会が梅田であり2次会3次会と続いていましたが、10時前には2次会に移るところでこっそりと誰にも知られず隠密行動で抜け出してきたのです。
 いい加減酔っ払っていましたが「明日は佐々里」
 この言葉を自分に言い聞かせることにより、蒼いネオン、赤いネオンの誘惑から冷静に逃れることができました。

 小学校の遠足と同なじです。 
 ワクワクして寝れないところは酔っ払った勢いで気絶できましたが、予定時間より前に目が覚めて何のための目覚ましかしらん??
 ワクワクなのです。
 
 4時45分自宅発!
 阪急伊丹5時4分始発から塚口、十三で乗り換えkyotofly産の待つ大山崎駅には6時2分着。
 そこからはおんぶにだっこ、車に乗せてもらい楽チンで佐々里に向かいました。
 ちなみに以前でしたら京都市内を北上し鯖街道を通り佐々里峠を越えて釣り場に向かっていたそうですが、高速道路が開通し、一時間強で釣り場まで行けるようになったそうです。

  



DSCN4309.jpg

 藁ぶきの家屋の集落を通り佐々里に向かいました。
 京都市内には観光で何度も行っていますが、山間部に行く機会は今回が初めてです。
 こんな機会は釣りが趣味で無ければね。
 山に雲がかかり雨模様!
 そう、今日は低気圧を伴った前線が南岸を通過するため昨日の昼ごろからぐずついた天気が続いているのです。
 こんな時は釣れる!
 そう思って佐々里を目指しました。

 山は燃えるような命が感じられました。
 緑と黄色を混ぜた色!
 萌黄色??何という色か判らないが新緑のこの季節の葉の色は命の息吹を感じます。
 一年で一番好きな木々の色なのです。

 この時期が渓流で一番楽しい季節だからかな?
 そうかもしれません。


DSCN4323.jpg

 
 ここで遊魚券を購入します。
 特別区遊漁証。
 3000円でした。
 年券は10000円だそうです。
 お昼の鹿カレーは美山地区の町興しで作ったそうで、美味しかったですよ。
 喫茶店になっていますから情報交換休憩とC&R区の中心となっています。
 ちなみにkyotoflyさん作の佐々里専用フライはここで売ってます。


DSCN4347.jpg

 佐々里までバスが通っているようですが、公共交通機関を使ってここまで来ると何時になるか判りません。
 やはり車が無いとここには来れませんね。

 


DSCN4332.jpg


 今回、持参した左はプラントFさん作のSaltriver、右はしげさん作の韋駄天。
 制作者の両人からフィールテストをしてもらいたいと、またその感想、評価を歯に衣着せず率直に伝えて欲しいと申しつかって来たのです。
 しかし、僕はヘッポコキャストの我流ですから、性能を究極まで絞り出すことはできません。
 道具、機材の評価で一番大事なことは何処が限界で、その限界はどの部材、又はどの工法をを使ったから発生しているのかを究明することにあります。

 どうしましょう?

 そんな時、渡りに船!
 佐々里の御誘い。
 フィールドテストを御願すると快く受けて下さったのです。

 kyotoflyさんって何者?
 日本キャスティング協会理事であり、ロッドビルダーであり、フライタイヤーであり、フィシングガイドでありプロとしての活動をしています。
 しかも、ロッドビルディング、キャスティングの理論を十分に理解されています。
 
 
 うってつけですね。
 しっかりと評価していただきました。


DSCN4313.jpg

 韋駄天とSaltriver。
 午前中はkyotoflyさんが韋駄天を僕はSaltriverを振り、午後はその逆。
 しっかりと評価をしていただきお昼ごはんを食べながら夕御飯を食べながら評価判定、講評をしていただきました。
 この中身については制作者に正確に伝えたいと思います。
 ここでは割愛します。



DSCN4320.jpg

 そしてもう一つの目的はアマゴを釣ることです。
 ヤマメを沢山釣りましたが、アマゴはまだ釣ったことが無かったのです。
 佐々里にはアマゴが居るとのこと、是非一匹とこれが次の目的でした。
 午前中、韋駄天の入魂はアマゴでした。
 カワムツじゃなくて良かった。
 佐々里のポイントは意外でした。
 解禁から狙い目は流れのある泡がたつぐらいの一番早いところ。
 この時期でしたらヤマメも活発に動き出しますが開きの狭まって水流が集まるところなどを中心に狙うと思いますが、ここでは違いました。
 そして、距離感が違います。
 遠くから狙わないと魚に直ぐ見つかってしまいます。
 教えていただいた通りに流すとガバッとでましたのが最初の一匹!

 これで責任を果たすことができました。
 少し朱点が薄いアマゴ?かな!

DSCN4337.jpg

 昼からは完璧アマゴが釣れました。
 朱点が鮮やかに側線に添って現れています。
 埼玉、福島で釣るヤマメとは違います。
 しかし、朱点が無ければヤマメだなと言うのが率直な感想でした。
 引き味も同じ形も同じにしか見えません。

 念願のアマゴでした。

 何故距離感が違うの?
 川を見れば判りますね。

 そう、傾斜が緩いので流れが緩やかなところでは距離を取らなければ魚に直ぐ見つかってしまい走られます。

 上流部はそれなりに落ち込み等があり今前のスタイルで釣ることができました。
 そして、C&Rエリアですから、すれているんですね。
 魚も必死、、痛い思いはしたくない訳ですから賢くなります。

 セオリーをマスターしたらそのとおりにやれば釣れますよ。
 これを簡単に教えてくれた釣りガイドでした。

 kyotoflyさん、ありがとうございました。

 次も御誘いがあったら直ぐバイトですからね!







 その他にも収穫があったり悲劇が起きたり楽しい一日でした。



DSCN4335.jpg

 写真の撮り方を丁寧に教えてもらいました。
 土台を作り魚をおとなしくさせ、想いの恰好にして、アングル、カットを決めて撮る!


DSCN4334.jpg

 この方が姿を見せてくれました。
 最初の一匹じゃなくて良かったです。
 盛期にはとんでもない大物のカワムツが釣れるそうです。
 今回も、実はカワムツの大物を密かに期待していたのですが、これ一匹でした。



DSCN4331.jpg

 ここにはイモリが沢山居るのです。
 道路を歩いているので川に戻してやろうと優しくつまんだら余計な御世話とクネクネされちゃいました。
 川の中にも土手にも沢山居ます。
 触った後は手を洗って下さいね。
 子供の頃、言われませんでした?
 ミミズを触った手で御叱古をしたらダメだよ!
 腫れちゃいます。
 こちらの方がチョイ強烈!
 粘液に弱い毒性があるとか。
 この後、手を洗ってから御叱古しましたから大丈夫でした。

 赤い御腹は何故か?
 二人で考えました。
 
 きっとあれだよね!
 ん、ん、そうだよ!

 そうだと思います。



DSCN4349.jpg

 悲劇!

 釣りの間、弱い雨が降ったりやんだり。

 釣りが終わり竿を仕舞おうと思ったが抜けません。
 どうやっても抜けないのです。
 フェルールを持って引っぱったらフェルールが断裂!
 その他は抜けず。
 帰ってから、そしてブログを書きながら何度か外そうと引っ張っていますが抜けません。
 
 雨、抜けない、出張先ではどうしよう?

 工作精度が良すぎるようです。
 何時になったら抜けるのかなー???

スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/12(日) 11:49:48|
  2. 関西の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
<<猪名川 いよいよオイカワシーズン到来! | ホーム | Saltriver入魂??>>

コメント

やっちゃいましたね。(^_^;
オイルフィニッシュなので当然ですがウレタン塗装よりも雨には弱いです。
出張のお供はカーボンロッドの方が余計な心配をしなくて済みそうですね。

金属フェルールのように固着して抜けなくなっている訳ではありませんので、
水分で膨張した竹が乾燥さえすれば抜けますよ。
  1. 2013/05/12(日) 13:24:39 |
  2. URL |
  3. プラントF #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/12(日) 13:28:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

楽しみです!

フィールドテスト、ありがとうございますm(_ _)m
jetpapaさん、kyotoflyさんのお二人に使っていただけたなんて!!!
辛口のレポを楽しみにしています(^^)
それが良い竿を作れるようになる最善だと思っています。

一昨日、co-dropさんと渓流へ行き、スローな渓流テーパーのバンブーを使っていただきました。
今度はフェルールがきつ過ぎて、夕方前にフェルールの接着が剥離してしまいました^^;
もう少し、加減を変えてまた作ります。
韋駄天二号も、テスト結果を受けてまた作りますので、ぜひ宜しくお願いします。
  1. 2013/05/12(日) 14:21:33 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

今回は赤が目立つのが多かったですね。
いもりはやはりあの色ですよね。

サイパンにもたくさん家の中にもいるんですが、肌色なんです。
  1. 2013/05/12(日) 14:35:32 |
  2. URL |
  3. tontan #0iyVDi8M
  4. [ 編集 ]

 プラントFさん

 作りが良すぎます。
 フィールドテストの結果はメールいれました。
 竿壊してしまいごめんなさい。
 あれだけ使用前使用後について説明を受けましたが、不注意でした。
 他の方にも振ってもらいたかったのですが当分お預けになってしまいました。
 出張バージョンじゃなくて猪名川バージョンも宜しくお願いします。
 こんな竿ですよと見せたいのです。

 
  1. 2013/05/12(日) 15:36:05 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 しげさん

 前回のレポではフェルールのつなぎが緩すぎてすっぽ抜けと言いましたが、渓流ではあの緩さが丁度でした。
 雨模様、流れの飛沫がかかれば竿は当然濡れます。
 竹ですからね。膨れますとピッタリで緩みなし。
 かといって仕舞う時はストレスなしに少し力を入れるだけで問題なく抜けました。
 フィールドテストの重要性を再認識しました。
  1. 2013/05/12(日) 15:41:24 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 tontanさん

 もしかしてチチチチー!って鳴くあいつですか?
 網戸にへばりついて虫を食べている奴。
 手のひらを何時も広げて指の先には吸盤が付いて、体色はうす茶色、目玉が大きく少し飛びだしている御茶目な顔立ち。
 ヤモリです。
 こちらはイモリ
 水辺にいまして家の中には入ってこないのです。
  1. 2013/05/12(日) 15:47:58 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは,jetpapaさん

ええ思いをされてきたようで,よかったです。
いや,ロッドのことを考えると・・・・
今度は奈良ですね。
天川ではなく,最近はまっている上北山を
ご案内しましょうか。

実は,今さっき帰ってきたところなんです。
これから,記事を書こうと思います。
jetpapaさんの釣行できる土日をぼくのブログにメッセしてください。





  1. 2013/05/12(日) 15:50:34 |
  2. URL |
  3. リョウ #-
  4. [ 編集 ]

 リョウさん

 ウハウハですね。
 これだけ釣れたら言うこと無し!
 楽しまれたんですね。

 後ほどメールします。
  1. 2013/05/12(日) 18:08:50 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

そのとおりです。
すいません(笑)
  1. 2013/05/13(月) 11:37:14 |
  2. URL |
  3. tontan #0iyVDi8M
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。
まず最初に、レンゲ畑の写真に癒されました・・・ 思えば、最近、なかなか見る機会に恵まれません。昔は坂戸駅の近くにレンゲ畑があったのですが、実家に行く機会もめっきり減ってしまい・・・
そして、愛竿バンブーでの初アマゴおめでとうございます。おまけに、アカハライモリもカワムツも・・・嬉しいゲストでしたね!!
  1. 2013/05/13(月) 20:29:09 |
  2. URL |
  3. Green Cherokee #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

kyotoflyさんは僕がタイイングを始めてないときにオイカワプレジデントでお世話になったッス

フライ巻くの上手いですよね!(当たり前か・・・)

あとアマゴも羨ましいです。東京には居ないようですね・・・
  1. 2013/05/13(月) 23:41:48 |
  2. URL |
  3. nishi #-
  4. [ 編集 ]

 tontanさん

 北九州、沖縄に住んでいた時は何時も網戸に決まった場所に居ました。
 チチチチーーー
 御茶目な顔立ちですね。
 屋守と書き、家を守ってくれるからとむやみに捕まえることも無く、彼?彼女かも。
 見守っていました。
 毎晩同じところに出てきました。
 蚊、ハエが好物のようで近くに虫が来たときの動きがこれまた面白くお気に入りの生き物です。

 残念ながら、伊丹には生息していないようです。
  1. 2013/05/14(火) 05:24:28 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 Green Cherokeeさん

 蓮華畑、癒されます。
 その向こうが京都の北部独特の屋根の形の藁ぶき家屋が集まっている観光名所だそうです。
 地方地方で家屋の形が,気候に合うよう変わっているんですね。
 釣りも楽しいのですが、佐々里、京北には初めて行きました。
 車からの景色に見とれ、謂れの説明を受け興味津々、あっという間に釣り場に到着してしまいました。

 ここは鯖街道。

 日本海から昔はここを通り運ばれたんですね。

 とんでもない山の中ですよ。

 でも風情があります。
 

  1. 2013/05/14(火) 05:32:25 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 nishiさん

 kyotoflyさんと接点があったんですね。
 プレジデントの言われ知ってますか?
 大山崎に小泉川が流れています。
 歴史の話になりますが、天王山は羽柴秀吉が大返しと呼ばれる、織田信長が明智光秀に討たれた時に急遽京を目指して引き返し、ここで合戦になりました。
 西の天王山に秀吉、東の小畑川側に光秀が陣を張りこの川あたりで合戦になったそうです。
 知ってのとおり秀吉軍の勝ち、落ち武者となった光秀は落ち武者狩りで殺されたということです・
 その後秀吉は権力闘争に勝ち進み天下を握ったのは知ってのとおりです。
 そんないわれがある土地なのであります。

 小泉川、オイカワプレジデントはこの川で試行錯誤、開発したそうです。
 時の総理大臣が小泉さん。

 川の名前をかけてオイカワプレジデントと命名したそうです。

 アマゴは関東には居ないですね。
 典型的な朱点を持った別嬪さんでした。
  1. 2013/05/14(火) 05:45:57 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは~
いいな~ヤマメっ
私も釣ってみたいですっ
  1. 2013/05/14(火) 11:36:45 |
  2. URL |
  3. とあ #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます^^。

アマゴ、朱点が鮮やかですね~^^。
関西の渓流で、よい釣りが出来たようで、良かったですね^^。
私のSaltRiverも雪で濡れて抜けなくなりましたが、
プラントFさんがご一緒だったので、ことなきを得ました。
  1. 2013/05/15(水) 08:39:07 |
  2. URL |
  3. farwater #-
  4. [ 編集 ]

 とあさん

 ヤマメでしたら埼玉で釣れますよ。
 渓流に入り確実に釣るには少し練習が要りますが管理釣り場でしたら確実に釣れます。
 最初は餌釣りから始めたら宜しいかと。
 こんなきれいな魚がいるのかと、始めて釣った時は感激しました。
  1. 2013/05/16(木) 05:28:12 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 farwaterさん

 Saltriverの工作精度は素晴らしいですね。
 良すぎて抜けなくなりました。
 火曜日の早朝、丸三日乾燥したら抜けました。
 月末川越に帰ったらプラントFさんに修理をお願いする予定です。

 朱点があると少し艶っぽく見えました。
 写真を撮っている時に見つめられてしまいました。

 これでアマゴの虜になりました。
  1. 2013/05/16(木) 06:14:48 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

ヤモリ

奈良県には7cmほどの灰色のヤモリ,よく見ますよ。

ニホンヤモリというんでしょうか?

奈良県にもいるんですから,

伊丹にもいるはずですよ。



  1. 2013/05/16(木) 20:16:42 |
  2. URL |
  3. リョウ #-
  4. [ 編集 ]

 リョウさん

 奈良にもいますか。
 そうしたら伊丹にも居ないと変ですよね。
 今頃からは窓を開け網戸を閉めて寝ていますが、昨年は一度もヤモリは訪ねてくれませんでした。
 鉄筋の建物は嫌いなんでしょうか?

 遊びに来てくれるといいなー!
 あのチチチチチーーが良いんです。
  1. 2013/05/16(木) 20:58:08 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/540-06a10344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)