小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

9月17日 夕の小畔川 台風一過水位は下がってもカフェオーレ!

 


 台風18号は小畔川周辺で150mmの雨を降らせました。
 15日昼前に284cmの最高水位、昨日は150から200cm程度、本日夕方には134cmまで下がった来ました。
 しかし、カフェオーレなのです。
 そんな中、オイカワの反応を確認に行ってみました。


DSCN5668.jpg

 15日午前、一番雨足が強かった時です。
 筋状の積乱雲が次々と南から川越上空に!
 雷も鳴りましたよ。
 この後、最高水位を確認しました。

 16日は台風再接近直後に激しい雨が降りましたが、どちらかと言えば風が強かったのです。
 付近を台風の中心が通過したため、最接近時は風が止みました。
 その後吹き返しがありました。

 接近前の16日未明には熊谷で竜巻が発生、また被害が出ました。
 最近の天候は激しすぎる。


DSCN5694.jpg

 本日夕方の小畔川。
 実に穏やかです。
 水位は134cm流れはやや強くカフェオーレ!
 富士山がシルエットになって一寸綺麗!
 こんな夕方、オイカワと遊べる幸せ。
 たのしいー!



DSCN5686.jpg

 河川敷は水が上がり草が倒れています。

DSCN5692.jpg

 増水時のポイントは何処が良いのでしょうか?
 セオリーどおりに攻めてみました。
 流れの穏やかな浅瀬、流れが巻いて緩やかになっているところ。
 今回は金堀橋上のプールで遊びました。
 ここは流れ出し、しかし、水量が普段よりかなり多いので流れがほとんどない左岸側は最良ポイントです。
 案の定、直ぐヒット。
 カフェオーレですが喰って来ます。
 今回のフライはウェットです。
 最初はドライで始めましたがほとんど反応なし。
 フライを替えたら直ぐ反応です。
 面白いですね。
 どう変えたか、この辺りが増水時、濁りが出た時のヒントです。
 最初は茶色のハックルを巻いたドライで勝負!
 軽くあしらわれて撃沈。
 カフェオーレに茶色のフライ選択???
 ばっかじゃないの??
 全くアピール無しなのです。
 カフェオーレ!
 オーレ!
 ですよ。
 こんな時はコントラストがはっきりしたフライを選ぶと良い結果が出ます。
 口元を良く見て下さいね。
 黒いでしょ!
 黒のスレッドに黒のダビングで胴体を作りこれにクジャクの羽根をグルグル巻きです。
 反応抜群でした。
 茶色では反応無しでしたが黒に変えた途端に別の魚のように直ぐ飛びついて来ました。
 手を変え品を変えと言いますが、状況判断の下、フライ選択、久しぶりにフライを替えました。

 当たると嬉しいのが本音です。

 だから、このオイカワは釣れたのではなく釣りました。

 この、カフェオーレの状況で釣ったのは嬉しかったです。


DSCN5693.jpg

 場所を替え、流れが緩やかなところではカワムツも釣りました。

 なんだかんだで1時間、20程度釣れました。
 期待以上に釣れて満足でした。

 2種類の釣り方をしました。
 オイカワは流れが強いところでしたから、ターンをさせてその後はシェイク、これで魅かれるんでしょう!
 
 こちらは流れがほとんどない、巻き返しからのワンドです。
 ここはシェイクで誘いました。
 期待どおりの反応でしたよ。


DSCN5695.jpg

 日が沈み、西の空を見ると、夕焼けが始まり赤く染まり始めました。
 シーラス(絹雲)がとても綺麗でした。
 台風が過ぎて、大気が入れ替わったようです。
 大陸の乾いた涼しい空気が入ってきたようです。
 これからは日中は暑くても朝夕は涼しい過ごしやすい秋がやってきた証拠です。

 厳しかったが今日も楽しい小畔川でした。





 お昼は奥と東屋へうなぎを食べに行って来ました。
 土日は観光客で何時も満席。
 平日にと思っていました。
 1145分、次方次と御客が入って行きます。
 危機一髪、第一陣、最後の客として入れました。


DSCN5685.jpg

 門構えが質素なんですね。
 気がつかず、行きすぎてしまいそうです。


DSCN5684.jpg

 今回は二階のの座敷へ。
 急な階段を上ります。
 急な階段トントンと、島田芸者は昇ります!!
 こんな、小歌が静岡県にはありました。
 ホントに急なんです。
 しかも曲がりの天が狭いので頭を打ちつけそうでした。

DSCN5683.jpg

 庭が綺麗です。
 向こうは喜多院、こちらは成田山別院、鐘が鳴りました。
 心地よい風も入ります。


DSCN5669.jpg

 座敷は隣の席と仕切ってあります。
 ここでうな重が出てくるのを待ちます。
 この時間が堪らない。
 ただし、一人で行くと時間を持て余してしまいます。
 天然の奥と一緒だとあっという間に時間が過ぎていきますので苦になりません。



DSCN5671.jpg

 期待外れでしょう??
 僕が注文したのはナマズの天婦羅でした。
 これが美味しんですよ。
 白身です。
 実にシンプル。
 あのナマズからは想像できない淡白な味なのです。
 奥に一つ食べるか??
 勧めてみましたが、ナマズの恰好を知っているだけに、僕の食感の、味の評価を全く信じないで、食べようともしない。
 俺って信用されていないんだな―――っと、つくづく感じた瞬間でした。
 食わず嫌いは一生の大損!
 とりあえず食べる勇気が必要ですね。
 ホントに美味しいんです。



DSCN5677.jpg

 次の一品は柳川なべです。
 これも美味しいんですよ。
 うなぎを食べに来てメニューを見たらナマズとどじょうがある訳です。
 めったに食べられないものを注文するのが私の在り方。
 また、奥に一口如何と勧めるが、ダッメーっと食わず嫌い!
 美味しいんですがねー!
 美味しい人には堪らない、食べたことない人には食わず嫌いで人生の楽しみを少し損してしまう絶品のナマズとドジョウでした。

DSCN5675.jpg

 奥はうな重。
 美味しくて当たり前です。

 お昼は楽しめました。

 当然、端の方を一口頂きました。
 やっぱり美味しい。
 今日は三回美味しい思いができました。
 幸せでした。

 美味しくて幸せでしたが、奥と一緒に美味しいものを食べることができたことが幸せと言っているんですよ。

 決してナマズとドジョウが美味しくて幸せじゃないんですよ。
 くどいようですが誤解を受けないよう再確認です。

スポンサーサイト
  1. 2013/09/17(火) 20:56:30|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<福島県産品は美味しいよ! | ホーム | 9月14日 夕の小畔川>>

コメント

へぇ・・・
こんな濁流の中でも釣れるのですね!?

なまずの天ぷらはかつて川島?の「はや幸」で良く食べました
雑魚の天ぷらもうな重も美味しいお店でした

懐かしい味です
  1. 2013/09/17(火) 23:06:57 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

 ねずみおやじさん

 川魚料理店は少なくなりましたね。
 以前、モグリ川漁師が無鑑札で網を仕掛けてナマズを捕っていました。
 落合橋たもとの、今は蕎麦屋、ここは以前川魚料理店だったですね。

 濁流では基本的に釣れませんが、そんな中、魚の習性を考えて、水位が下がりはじめたら透明度が15cmぐらい以上になったら場所によっては、釣り方によっては、種類によっては釣れますよ。
 オイカワ、カワムツは釣りました。
 しかもフライです。
 これは釣れたではなく釣りました。
  1. 2013/09/18(水) 06:10:00 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

川魚のお店って少ないですよね~
私もナマズの天ぷら、柳川
好きですよ~(^^)
多分柳川は幼い頃に父が作ってて
母が「きゃ~」的なリアクションだったので
子ども心に「食べちゃいかん」と
一瞬思ったんですが、父が「とりあえず
たべてごらん」と言ったのを信じて
食べたら「おいし~」だったんですよね
同じシチュエーションでも弟は母の
言うことを信じて?食べませんでした
弟も大人になってもその食べず嫌いな
性格のままです(笑)

奥様とデートで美味しいもの
幸せですよね~(^^)
  1. 2013/09/18(水) 09:58:48 |
  2. URL |
  3. とあ #-
  4. [ 編集 ]

 台風一過,何事もなくてよかったです。
 さて,22日の和歌山釣行はイワナでしたが,おまけがつきました。カマスです。初めての挑戦です。
 ドキドキします!!

  1. 2013/09/18(水) 20:08:46 |
  2. URL |
  3. 奈良のリョウです #-
  4. [ 編集 ]

ナマズの天麩羅ですか?ルアーでナマズを狙ってるナマズマンとしては、是非食べてみたいです。

飛び石橋上流の葦にナマズがよく付いていたのですが、河川工事で葦が無くなってしまいました。残念です。
  1. 2013/09/19(木) 07:03:05 |
  2. URL |
  3. tom #-
  4. [ 編集 ]

とあさん

 川魚料理店って少なくなりました。
 今回ナマズの天婦羅があったので迷わず注文しました。
 白身で 淡白、基本的には鰻と同じ味のように思います。
 タレをつけて焼けば蒲焼ですからね。
 塩で食べても天つゆで食べても美味しかったです。
 白身の癖のない上品な味はナマズの姿から想像するのは難しいようです。
 奥に美味しいから食べて見たらと勧めても、食べなかったのです。
 不幸なことですね。
 美味しいものを知らないのは人生の損失です。
 特に、食べず嫌いはね!
 フィーリングでダメなんですね。
 僕は何でもとりあえず食べることにしています。
 ひどい目に合った事もありますがほとんど正解で良い思いをしています。

  1. 2013/09/23(月) 06:27:49 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 リョウさん

 フライでカマス!
 噛まさなかったんですか?

 海フライはガっツンと来るので楽しいですね。
  1. 2013/09/23(月) 07:52:20 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 tomさん

 小畔川はナマズが沢山います。
 上流から下流まで、下流では職業漁師モドキの密漁者が入るほどでした。
 ナマズは意外と弱いのです。
 体に傷がつくとなかなか治りません。
 
 川越は川魚料理店が何軒もあったんですが最近は店じまい少なくなりました。
 是非、ナマズを食べて見て下さい。
 天婦羅、蒲焼 美味しいですよ。
  1. 2013/09/23(月) 08:03:01 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/588-181a1a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)