小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今年初の韋駄天!



  6月20日、1700時 小畔川の水位は125㎝ 活性が高く最高の状態になった。
 そして、待望の韋駄天と会うことができました。


DSCN8133.jpg

 韋駄天

 一年ぶりでやっと会うことができました。
 魚がかかった瞬間から、ひきが強く、おおっと思います。
 韋駄天のひれは大きく同じ大きさでしたら抜群に活動的なのです。

 この顔!
 この体色!
 改めて韋駄天は凄いと思います。
 
 この体になるには体力をかなり消耗するとある方から聞いたことがあります。
 ホルモンが極めて強い個体だけが韋駄天に変身する資格を持っているらしいのです。
 つまり、オスの中で体力の十分にあるものだけが韋駄天に変身し繁殖活動ができる。
 種の保存をするにあたって、色で強いと、優秀であるとメスにアピールしているのです。

 産卵に適した流れで、砂利底。
 理想的なところで釣れました。


 取り込みの最中でした。
 瀬から引っ張り出し手元に寄せていると、後ろからザザザーっと波を立てて大きな魚が追いかけてきました。
 ニゴイ!
 危うく韋駄天さんが胃袋に入ってしまうところでした。

DSCN8129.jpg

 夕方は金堀橋から下流を釣ってみました。
 ドライでと思いましたが、流れがあるところではライズは確認できません。
 フライを流しても反応なし。
 それではと、そのまま流れに任せてフライが沈んで三角波を作ると食ってきました。

 今回のパターンは水面を三角波を作りながらウェット風に流すと好反応!
 場所によっては毎回あたりが出る状況でした。

DSCN8141.jpg

 絶対ドライで釣ると狙ったのがここ
 ライズリングが出ています。
 金堀橋下、右岸、樋管のすぐ下流にプールがあります。
 ここの浅瀬でライズが。
 狂ったように飛び跳ねています。
 水面をようく見ると、#30から40というところでしょうか?
 実に小さいユスリカと思われる虫が水面ギリギリを飛んでいます。
 これを狙っているようで蚊柱の下に集まり激しいライズが続いています。
 釣りたいですね。



DSCN8142.jpg

 ところが、#20では無視されました。
 ライズの真ん中に失速したようにフラフラッと落としても、何の変化もございません。
 すぐわきではライズが、。
 フライには目もくれず、直ぐ脇でライズが続きます。
 ドルフィンジャンプをするやつも!

 スレッカラシのヤマメのようです。
 偏食をしている、プールのヤマメと同じです。
 全く反応なしです。

 そんな中、変な奴がいるんですね。
 やっとパックンと食ってくれました。

 熱くなり、絶対ドライで一匹と狙った甲斐がありました。

DSCN8143.jpg
 
 金堀橋上では良型が出ました。
 イワナ、ヤマメの大型の出方と同じようでした。
 水面直下を流すと反応有!
 ラインが動きます。
 鈎がかかりをしても動かないのです。
 じっとしています。
 竿を立てて、取り込みを始めるとグググーーーと抵抗するのです。
 小さい魚はすぐに動き回りますが、今回は違いました。
 この型を何匹か釣りましたが、ほとんどが同じ動きをしました。
 でっぷりと太っておなかに卵を持っているからなんでしょうか?

 
DSCN8138.jpg

 河床の状況です。
 しっかりと締まっているのです。
 今回335㎝まで水位が上がったのですが、表面は綺麗になりましたが、底石は動いていないのです。
 一部で動いて河床が変わっているところがありましたが、川に入って底石を探ってみると硬く締まっているところがほとんどでした。
 歩いてみると良くわかります。
 小砂利の底でありながら、舗装されたようになっていて靴底が砂利の中に入っていかないのです。




DSCN8137.jpg

 釣りながら川耕しをしてみました。
 簡単ですよ。
 ツイストをするだけです。
 ツイスト!
 知っていますか?
 ツイストです。
 両足のかかとを中心に左右に振るのです。
 踊ったことがある方は、それなりのXXなのですね。

 川耕しをすると底石が浮いて色が変わりました。
 砂利も浮いて綺麗になりました。
 瀬頭付近で川耕しをしっかりやるとここが付き場となり、絶好のポイントになります。
 産卵に適したところになるのです。
 オスの縄張りです。

 川に入って釣られる方にお願いです。
 あたりを待っている間、川耕しを!
 是非お願いします。

 腰を振っている姿がみっともないって??
 飛んでもございません。
 セクシーでアピール度 抜群!
 韋駄天も血が昇って直ぐ鈎がかりします!

スポンサーサイト
  1. 2014/06/21(土) 04:15:28|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今朝の小畔川 水位高めで絶好調! | ホーム | たった2回で折れました!>>

コメント

おはようございます。

今年の初物、いいですねぇ。
夏ですね。
梅雨明けはまだ先なんでしょうが、大雨はもういいという感じ。
でも、川底はあまり動いてないんですね。
  1. 2014/06/21(土) 06:43:18 |
  2. URL |
  3. windknot #-
  4. [ 編集 ]

 windknotさん

 今朝は上流側へ入りました。
 韋駄天さんがここでも挨拶に来てくれました。
 小畔川絶好調になってきまして、良型連発です。

 瀬頭付近は良型が占めています。

 ドライ良し、ウェットはもっと良し。
 ドライで遊んでいると渓流に入ったような錯覚に!
  1. 2014/06/21(土) 08:36:09 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

なんと見事な韋駄天!
ほんとうに同じオイカワとは思えませんね。正に清流のかぶき者ですね。

ヒレも大きな韋駄天は同じ型でもヒキが違う。
観ても釣っても愉しめるこんな素晴らしい韋駄天に釣りたいです。
  1. 2014/06/22(日) 09:23:35 |
  2. URL |
  3. Gran Lusso #-
  4. [ 編集 ]

Gran Lusso さん

 これからが旬ですからどこの河川でも見られるようになります。
 韋駄天を釣ると得をしたような気になるのは僕だけでしょうか?
 韋駄天は同じオスでも一枚違うんですね。
 やはり、千両役者です。

 韋駄天さんと会うと夏になったんだなーと思います。
  1. 2014/06/22(日) 10:41:11 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/681-6d9f739c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)