小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

小畔川で釣りをする時に守らなければならないこと

 6月末に漁場監視員の更新講習を受講してきましたので、遊漁者(釣り人)が楽しく釣りをするために守らなければならない決まり事を簡単ですが、ここに紹介します。
 詳しい内容は埼玉県のホームページに記載されていますのでこちらを参考にしてください。


漁場監視員1_0005

 規則そのものはほとんど変更事項はなかったのですが、リリース禁止についてということで、オオクチバス、ブルーギル、コクチバス、チャネルキャットフィッシュの4魚種が決まりました。
 簡単に言えば沢山釣って、駆除してくださいということです。
 アメリカの各州で定める釣りライセンスに近い内容となりました。
 これが大きく変わったところです。



漁場監視員1_0003
 
 漁場監視員必携と言う小冊子が配られました。
 心得
 ルール
 調整規則抜粋
 遊漁規則抜粋
 釣り場
 遊漁料金
 遊漁券取扱店
 よくある質問
 等々

 こんなことが記載されたいますが、これも抜粋で


漁場監視員1_0001


漁場監視員1_0002

 小畔川では小学生、中学生の遊漁料はただです。
 身障者は半額と規定されています。
 見えにくいのですが、印をつけたところが当該部位です。


漁場監視員1_0006

 ここに入間漁協の管轄下にある第5種漁業権が明示されています。 
 矢印で示したところです。
 印刷が違っていました。
 武蔵漁協では管理ができないということで入間漁協が小畔川を見ることになっています。。
 県でも認識しています。
 入間漁協が配っている釣り場案内には小畔川が入っています。


漁場監視員1_0007



 入間漁協の規則です。
 小畔川で釣りをする方に適用される規則、3項目を載せておきます。

漁場監視員1_0013



漁場監視員1_0008



漁場監視員1_0009



漁場監視員1_0010



漁場監視員1_0011



漁場監視員1_0012

 以上が関連規則ですのでご理解ください。

 ここから本音の話になります。
 しっかり規則を読んだ方にだけ、ここまでたどり着いた方だけに本音を語らせていただきます。

 規則は定められていますが、その前に、モラルに則って行動して欲しいということ。
 漁場監視員はボランティアであるということを知っていただきたい。
 決して、報酬を頂いているわけではありません。
 便宜を図っていただくこともありません。
 自分の時間を使っているのです。
 県の方に指示、お願いに従わないときはどうしましょうかと質問したところ、担当者は規則xxの00項に違反しているからダメって言えとのこと。
 アンタ、言うことを聞かない屁理屈を並べてやりたい放題の輩に言ったって聞かねーよ!
 机の上で考えたってそうはいかないんでがんすと、柔らかく切り返したんですが、規則通りにと。
 で、更問いで申し訳なかったのですが、県の本音は何かどこまで求めるかを聞きました。
 規則を守らない釣り人には注意!
 それでも聞かない!
 規則を説明!
 それでも聞かない、反抗的!
 警察に通報!

 最終的には警察官の出動があるそうです。
 県警と調整済みだそうです。
 かなり外来種、密漁については神経を尖らせているようです。
 他河川で非常に厳しい管理をしているところがあり、付近の住民の多数が監視員を兼ねかつ警察が巡回をしているところもあります。
 そこまでするかと思いますが、県も相当の覚悟をしたのだそうです。

 外来魚に関しては厳しく対処してくださいと言わrましたが、難しいですね。
 釣ったら〆てお持ち帰り。
 これって、難しいでしょう。
 小畔川ではどうしましょうか?
 以前のバスバスターには釣ったらその辺に放ってください。
 鳥が、イタチが食べますと言ったのですが、これもだめだったらね。
 穴でも掘りましょうか。

 個人的には外来魚駆除の目的を鑑みると釣ったら水に返さない、〆てそのあたりに埋めるなりしていただければ大丈夫。
 放っておいたら、僕が見つけたらどうにか処分しましょう。
 ちなみに、無給のボランティアが監視員をしていることを忘れないでくださいね。
 金を貰っていないということはとっても強いんですよ。
 破れかぶれになったって誰に遠慮もいりません。
 警察だって直ぐ呼んじゃったっていいんですよ。
 冗談です。

 今まで小畔川の釣り人に無茶をする人はいなかったです。
 気がつかないところについてはお願いすると快く受けてくれました。

 釣り場環境を守るのは規則ではありません。
 そこで釣りをする方々のモラルに支えられていると思っています。

 楽しく釣りができるようよろしくお願いします。








スポンサーサイト
  1. 2014/07/15(火) 12:36:27|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<癪に障る!!じゃなくって、尺に触る! | ホーム | 韋駄天>>

コメント

おはようございます。
漁協の監視員の皆さんも大変ですねm(_ _)m
地元、行政、警察、漁協が一体となって取り組む必要があるレベルまできたことに、外来種問題の深刻さが伺えます。
ここに、一つ欠けているものがあると感じました。
釣り業界です!(釣りマスコミ含む)
今でも雑誌やTVでは、リリースせずに〆てる絵を見たことがありません。
“売れればいい体質”が、いずれ“釣り”そのものを失うことになるように思います。
何も住めなくなってお終いですよね…
  1. 2014/07/16(水) 07:23:26 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは
結構規則にもグレーな部分含んでますよね・・
まあ反抗的になって監視員に詰め寄るのは
論外ですが

以前T川で夜釣りの話があり隣で釣っていた監視員の方が
基本は全域禁止になっているけど 東京の規則では
投網・・・・・(漁具類)による採取が夜間禁じられてるだけで
厳密には夜釣りが禁止とは言ってないんだよね
この川昼間なんて釣れないし 
鰻なんて夜しか釣れないしね~
本格的に説明しろと言われると難しいよね
特に外国の人も多いでしょ ここは ほんと大変なんだよね~
言っても通じないし聞かないし 
下手すると刺されるからね・・・・(笑)
夜さ川に飛び込む人が多いからじゃないの?(冗談)
なんて監視員の人もぼやいてました

ここまでくるとあれはダメとかこれはいいとは決めちゃった方が
いいよな気もしてきましたが寂しいですよねなんだか・・・
結局規則でがんじがらめにすると
川遊びする人が少なくなって無関心になって
また汚くなっちゃいそうで何だか心配です

使う側のモラルが一番大事なような気もしますが
元来 フリーな場所なのでもう少し何とか上手くいかないもんですかね・・・
  1. 2014/07/16(水) 11:17:37 |
  2. URL |
  3. YUTKUN #-
  4. [ 編集 ]

 YUTKUNさん

 おっしゃるとおりですね。
 規則なんかなくても、お互いのことを考えて行動できる方ばかりでしたら上手くいくと思うのですが、中にはね。
 問題を起こす方が居まして、体を張って対処しようとは思いません。
 なんせ、無償のボランティアですから。
 アメリカの規則、カナダの規則は強烈ですよ。
 パブリックでもライセンスが必要。
 私有地に無断で入った、撃たれても文句は言えませんからね。
 日本と違って個人で川を持っている方もいます。
 オフィシャルの監視員は銃を携行しています。
 話してわかる方ばかりではないですからね。

 小畔川は平和ですよ。
 
 
  1. 2014/07/17(木) 18:41:14 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 しげさん

 その通りですね。
 麻薬と同じなんだと思います。
 売人の最高刑は死刑でもいいと思っています。
 外来魚も同じことで、密放流に対しては破産するぐらいの罰金刑または実刑が必要と思っています。
 業界では自然を大事に等とたわごとを言っていますが、商業主義、売れなくては生きていけません。
 映像に〆るところを出すと離れて行くからなんでしょうね。
 ルアー、ロッドの売れ行き、プロと言われている人の報酬が無くなるんでしょう。
 バーブレスも同じです。
 生き物を大切に何て言ってますが、人を大切にして欲しいです。
 事故を考えると危険極まりない。
 少し注意深く物事を見ていると見せかけの真実の裏にホントのことが隠れていますね。
 ホントのことを言うと怒られます。

 本気で解決しようと思えばできますが、利害が絡んで邪魔ばかりする。

 また、初心な釣り人は洗脳されてつまらん理屈をもとにリリースだ、命の大切さだ、と踊らされています。
 駆除にどれだけエネルギーを使っているか。
 放すは一時、駆除は永遠です。

 
 
  1. 2014/07/17(木) 18:54:42 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/689-be47efc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)