小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

青不動と命名! 第7回TNK


 第7回TNK。
 前年に引き続きハス釣りを主体としたTNK。
 昨年は関西勤務で参加できなかったので今年は勇んで参加させていただきました。
 
 カチーフさん

 Farwaterさん

 windknotさん

 Green Cherokeeさん

 ナシオさん

 mihiroさん

 Gran Lussoさん

 Blue Heronさん

 そして私の9人でワイワイガヤガヤ、実に楽しい釣りとお話を楽しみました。
 細部は皆様のブログに詳しく書いてありますのでそちらを是非読んでください。
  

DSCN8444_20140727185137ae3.jpg

 9時ごろ集合、釣り始めましょうと今回のTNK参加案内のメールをGreen Cherokeeさんから頂き即バイト!
 しかし、灼熱地獄の7月26日、5時には到着して釣り始めたのでした。
 釣れる釣れる、入れ食いみたいなもので釣れすぎて休めません。
 皆様がやってくるのは9時過ぎでしょう。
 ハス、オイカワの写真を撮ったり休んだり、贅沢三昧の時間を過ごしながら待っていました。

 しかし、8時を過ぎるともういけません。
 日も昇り、暑くなってきました。
 車に戻り、ドアを全開、バックドアを跳ね上げて日陰を作りまったりモードに入りました。
 お茶を飲みながら毛布とシュラフで作った荷物室の即席安楽椅子に腰かけていたら、いつの間にか爆睡していたようです。

 windknotさん運転のRVが隣に停まり、farwaterさんからおはようと声をかけられるまで天国を彷徨っていました。
 1時間以上熟睡していたようで、朝一から頑張った疲れが取れ爽快に目覚めました。
 嘘です!
 熊が出たーと思いビックリして飛び起きました。

 その後知ったことでしたが、Blue Helonさんは6時から釣りをされていたそうです。
 面識がなかったのですれ違いざまに、この上は釣れますよ、ハスが沢山なんて釣り場案内をしてしまいました。
 この川に関しては良く知っていらっしゃるんですよね。
 元々、ここでハスを釣ることを提案されたそうです。

 10時前、全員集合、挨拶もそこそこに皆様川にすっ飛んで行きました。
 こうでなくっちゃね。
 僕はまったりモードが抜けず、皆様の釣り姿を見物。
 流石でしたよ。
 入れ食いモードに突入してました。
 目の前で韋駄天、ハスを連発!
 
 

DSCN8456.jpg

 ハスは今回初めて釣りました。
 関西で是非釣りたいと思っていたのですがチャンスが無く指をくわえていました。
 それが関東でハスですからね。
 しかも、でかいでしょう!
 ヤマメで尺に触ってハスで仇を取りました。
 出来過ぎです。

 韋駄天、赤不動と名前を付けてきましたが、ハスにもつけようと思い今日は考えていました。
 
 バサラ将軍  これ十二神将の守護です。
          姿が好き!
          呼ぶんだったら婆沙羅
 不動明王   ご存知ですね。
          唇を曲げて牙を覗かせているんです。
          これが一番かなーと思ったんですが
 青不動    青蓮院にある青不動図
          赤不動、黄不動と併せて三不動
 
 婚姻色の出た魚体、鈎にかかったオイカワを追いかけて食いつく獰猛さ、口をへの字に曲げたおちゃめな顔、手元に寄せるとすぐに観念してしまう潔さ?根性なしかも?
 アンバランスながらとても気になる魚です。
 安直ですが決めました。

 青不動!
 ハスは青不動。

DSCN8441.jpg

 オイカワほどの強烈な婚姻色は出ませんが薄っすらと青をベースに縞も出ます。
 よく見るとひれも薄く変色しています。
 オイカワの強烈な輝く青を抑えて薄く染まったその姿は妙に青蓮院の青不動が頭によぎりました。
 釣った後の動きもオイカワと違いました。
 同じ大きさならオイカワが良く引きますし走ります。
 特に、韋駄天と比べると走り具合が全く違います。
 最後まで走り回って頑張る韋駄天、近寄って空気を吸うと直ぐ諦める淡白な性格の青不動。
 



DSCN8409.jpg

 待っている間に沢山水中写真を撮りましたが、全部失敗です。
 恥ずかしくもなく、掲載します。
 何故か、後になって判りました。
 25㎝ぐらいですから大きさが違いますね。
 今まではオイカワですからせいぜい15cmの魚を撮っていました。
 フレームにどのように入るか画像を見ながら撮影できないので、切れたりピンボケばかりになってしまいました。

DSCN8433.jpg

 韋駄天さんも凄かったですよ。
 これ20cmでした。
 初体験です。
 引きますぜー!
 ハスに負けません。
 グイグイ来ました。



DSCN8420.jpg

 色合いも素晴らしい。
 こんなのがすぐ釣れちゃいます。
 小畔川では韋駄天はなかなか釣れませんが、ここではまず韋駄天が釣れました。
 韋駄天を釣り切ってしまうとやっとメスです。
 まいりました。

 やはり食べ物でしょうか?
 川の豊かさとバックウォーターで十分に栄養を取って遡上してくるのかもしれません。
 これだけのオイカワが育つところは初めてでした。
 ビックリするやら、感激するやら。
 オイカワパラダイス!


DSCN8426.jpg

 鰭も凄いでしょう。
 ビンビンでした。

 今回のTNK準備から運営ありがとうございました。
 ただ参加するだけでお世話になりっぱなし。
 心行くまで楽しませていただきました。
 ありがとうございました。




 
スポンサーサイト
  1. 2014/07/27(日) 22:00:23|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26
<<やっと釣れました。 | ホーム | 入魂は済んだものの>>

コメント

jetpapaさん こんばんは

当日はお疲れさまでした。
尺越えのハスおめでとうございます。
うらやましいの一言に尽きます。
青不動いいですね。
バサラ、不動明王がどの魚に
充てられるのかも楽しみです。

また是非ご一緒出来ればと思います。
  1. 2014/07/28(月) 00:18:03 |
  2. URL |
  3. ナシオ #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは!

32cmのハスはすごかったですねー。しかも20cmの韋駄天も
釣り上げてたとは、知らなかった! さすがjetpapa さんですね。
〝青不動〟いいネーミングだと思います。足の速い韋駄天!に、諦めがちな…青不動(^^)

韋駄天は本当に美しすぎました。コイ科なので何処となく鯉っぽさがあるので和っぽいですね。その姿はまるで歌川国芳とかの浮世絵みたい。極色彩、豪華絢爛でしたね。もう泳ぐ芸術品です(^^)

夏の楽しい思い出ができました!またご一緒させてください。ありがとうございました!
  1. 2014/07/28(月) 00:54:37 |
  2. URL |
  3. Gran Lusso #-
  4. [ 編集 ]

凄い!!!

おはようございます。
jetpapaさんのこちらの記事で、また皆さんのブロクでも拝見させていただきました。

尺オーバーのハスとは、さすがですね!
迫力が半端ないです!!
こんな魚が清流にいるなんて…

韋駄天も大きいです!
昔、神流湖でオイワカを釣るとほとんどが20cm以上ありましたから、そのあたりに理由があるのかもしれませんね。
ここまで釣れると、遠征しがいもありますね。

僕は、暑いのが苦手なので、山奥へ遠征してきました^^;
  1. 2014/07/28(月) 07:20:37 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

おはようございます^^
当日は、お暑い中、お疲れ様でございました。
また気持ちよ~くお休みされているところ、驚かしてしまい
大変申し訳ございませんでした。m(_ _)m
しかし、もう僕は飽きたと言いながら、私が昼寝している間に、
こんな大物の青不動を釣っていらしたのですね(驚)。
ずるい・・・。
  1. 2014/07/28(月) 08:47:01 |
  2. URL |
  3. farwater #-
  4. [ 編集 ]

 ナシオさん

 暑かったですが、それ以上に熱い韋駄天への想い!
 今回のハス、僕は初めてでした。
 やや控えめな婚姻色に染まったオスを見て、こいつにも名前をと思いました。
 コイ科で唯一の魚食魚。
 それらしいニックネームとも思いましたが、やはり和で統一と思いました。
 ありきたりの青不動としましたが、不動明王、悪を倒す正義の味方、憤怒の顔の下に慈愛に満ちた心。
 良いかなと勝手に思いました。 
  1. 2014/07/28(月) 09:19:34 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

尺超えですか

琵琶湖では,尺超えのハスが周遊しているとkyotoflyさんから情報が入っています。ただ,フルラインを出す必要があるらしく,あきらめていました。
ええなあ・・・
  1. 2014/07/28(月) 09:26:19 |
  2. URL |
  3. リョウ #-
  4. [ 編集 ]

 Gran Lusso さん

 灼熱地獄をものともせず、Gran Lusso さんにも獣編の称号授与ですね。
 青不動、気にいってもらえてよかったです。
 おっしゃるとおり、浮世絵、錦絵の色使いのままの韋駄天。
 歌舞伎で見栄を切っているようですね。
 和の魚の代表かなと思っています。
 ハスも控えめながら薄い青を基調とした婚姻色に染まり、顔をアップすると追星に近い模様が浮き出ていました。
 よく見ると綺麗です。
 そして、和シリーズに共通の特徴。
 気がつきましたか?
 キンラメのアイシャドーメイクです。
 しっかりとお化粧していました。
 観察ケース、大事ですね。
  1. 2014/07/28(月) 09:27:55 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 しげさん

 僕もビックリでした。
 最初の画像が32㎝の青不動でした。
 26©また理が最高と思っていましたが、居るんですね。
 #16のドライを澪筋の横、ヤマメの大好きな速度の流れをチェックしたら緩やかに、控えめに出ました。
 食ってから底に潜り、ぴったりくっつてほとんど動かなかったです。
 何時ものオイカワ用、ライトスタッフ#1に#6リーダーですから全く心配はなかったのですが、竿が弱いので無理に引きずり出すこともできず、魚の動きを見ながら、最大のテンションをかけながらゆっくり寄せました。
 透明度が高いので水中の動きが最初から最後まで観察でき、大物が釣れた時の参考になりましたよ。

 渓流も行きたいがまたここにも来たい。
 平日、いつでも大丈夫。
 ご一緒しましょうね。
 メール入れておきます。
  1. 2014/07/28(月) 09:38:00 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 farwaterさん

 お疲れ様でした。
 ホントに声をかけられるまで、幸せな気持ちで夢路を彷徨っていました。
 
 夜駆け、朝駆け、抜け駆けが巷で良く釣る釣り人の資質の三拍子だそうで、大嘘です。
 まったりも飽き、下流でfarwaterさんの爆釣を目撃し、フライが付いていないにも気がつかず、釣れない釣りをして、気分転換に新しいドライを結んだら神様がほほ笑んだのであります。
 根っからの濡れるのが好き物なんです。

 しばらく釣り話をする時は両手を縛っておこうかな?
 冗談でございます。
  1. 2014/07/28(月) 09:47:50 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 リョウさん

 フルラインが出せなかったら泳いで行けば良いだけ、夏ですからパンツ一丁で胸まで入ってキャストをすればフルライン以上に行けまっせ!
 琵琶湖の夢をこちらでかなえて余り有!
 また行ってしまいそうです。

 遠征、いつでもお盆を外せば大丈夫ですよ。
 福島のお盆は旧盆ですよ!
  1. 2014/07/28(月) 09:55:17 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。当日はありがとうございました。
長時間頑張った成果があの32㎝なんですね、きっと。
私は最初から最後までずっとドライフライで通しましたが、
あんなハス、こんな韋駄天が延々とドライフライで釣れ続けるなんて、
本当に夢のような機会だったと思います。
あ~、また行きたい・・・けれどもうちょっと涼しくなってからにしようかな…(笑)。
  1. 2014/07/28(月) 12:43:58 |
  2. URL |
  3. カチーフ #0tR8pBJg
  4. [ 編集 ]

でかいですね

20cmのおいかわですか・・
MAXサイズ超えてますね
引くんでしょうね・・・きっと・・

最近リールを使うのですが
45cmのヘラブナでさえ物足りない感じ・・
やっぱり手竿向きなのかな・・・自分は・・・
  1. 2014/07/28(月) 12:45:11 |
  2. URL |
  3. YUTKUN #-
  4. [ 編集 ]

20cmのオイカワですか!?うはっー!まさに、水族館で見た奴です。釣ってみたいですねー。
ハスも大きくて面白そうですね。
  1. 2014/07/28(月) 16:24:48 |
  2. URL |
  3. tom #-
  4. [ 編集 ]

 カチーフさん

 頑張りすぎて二日過ぎてもまだ眠いです。
 と言いながら秩父までお昼を食べに行ってきました。
 デザートは天然氷のかき氷と長瀞に行ったら長蛇の行列。
 諦めてデザート代わりに蕎麦を食べて帰ってきました。
 
 ドライで延々と釣れ続けると疲れますね。
 こんな贅沢な愚痴はありません。
 最高の環境を提供してくださりありがとうございました。

 シーズン中、また行きたいですね。
  1. 2014/07/28(月) 16:50:14 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 YUTKUNさん

 20㎝のオイカワは強烈です。
 ヤマメと同じですから、楽しいですよ。
 韋駄天は鰭が大きい分、魚体以上のファイトです。

 リール無しの天カラも楽しいと思いますよ。
  1. 2014/07/28(月) 16:54:05 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 tomさん

 デカかったです。
 人生初のハスとこれまた人生初の20㎝オイカワ
 居るんですね。
 小畔のオイカワとは別の魚のようでした。
  1. 2014/07/28(月) 16:56:06 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは
先日はお世話になりました。

素晴らしい釣果、それに加えて32cmの尺越えハスを釣り上げてしまうなんてさすがです!
しかもドライで釣ってしまうなんて、やはり腕の違いなのでしょうね。。。
私も尺越え、いつか釣ってみたいです!!

次回もまたお世話になります。
  1. 2014/07/28(月) 18:18:12 |
  2. URL |
  3. mihiro #-
  4. [ 編集 ]

恐れ入りましたm(__)m

こんばんは^_^
こんなサイズが釣れるんですね。
驚きで言葉がありません^_^;
  1. 2014/07/28(月) 19:37:40 |
  2. URL |
  3. ジョニー #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

 mihiroさん

 暑かったけど楽しかったですね。
 あっという間に時間が過ぎました。
 
 尺が釣れたのは腕ではなくって青不動のお気持ち次第。
 交通事故みたいなものでした。
 #1ロッドでしたが、0,6号のティペットでしたからゆっくり動きを観察しながら余裕をもって取り込めました。

 また行かないといけませんね。
  1. 2014/07/28(月) 23:07:48 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ジョニーさん

 居るんですね。
 僕もビックリしました。
 なかなかの重量感がありました。
 今度はご一緒に釣りましょう。
  1. 2014/07/28(月) 23:09:57 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。
いやはや、灼熱地獄を物ともせず爆釣の嵐・・・、この夏一番の最高の思い出になりました。本当にありがとうございました。
青不動、良い命名ですね!! 実は私、ハスを連発できたのですが、雄のハスが釣れなかったんです。すなわち青不動様とはまだご対面できず・・・、是非、近いうちに、”やった、青不動!”、って叫んでみたいです!! (^^ゞ
オイカワの写真、本当に綺麗ですね。私は韋駄天さんを釣り上げると、いつも鰭を惚れ惚れと眺めますが、見事に鰭がピンっと開いた写真になっていますね。私も見習いたいです!!
ブログの縁がきっかけで人の輪がどんどん広がり、私の人生もより豊かなものに・・・。改めまして、jetpapaさんに感謝申し上げます!!
  1. 2014/07/28(月) 23:40:15 |
  2. URL |
  3. Green Cherokee #-
  4. [ 編集 ]

先日はありがとうございました。

32cmのハス、大迫力ですね。さすがの一言。
青不動というネーミングもぴったりじゃないですか!
  1. 2014/07/29(火) 21:38:05 |
  2. URL |
  3. windknot #-
  4. [ 編集 ]

なんか凄かったようで…

ブルーヘロンさん(岩田さん)のFacebookに写真が載っていましたよ。

今の仕事になって、ほぼ平日休みになりましたから、のんびりと釣りに行けそうです。
  1. 2014/07/30(水) 09:42:39 |
  2. URL |
  3. にんにん #0MXaS1o.
  4. [ 編集 ]

Green Cherokeeさん

 ホント暑かったですね。
 それ以上に熱かったのが、TNK参加メンバーのハート!
 釣らなくっちゃオーラが飛び交って、火花が出てましたよ。

 これだけ釣れたらいいでしょうと言ったら、まだまだと返す刀で切られました。
 正真正銘の獣編の集まりでした。

 こんな釣り、最高です。
 気まま一日命の洗濯ができました。

 これもブログ効果なんですね。
 コメントのやり取りで考えが十分に伝わってますから、その奥のお話に入ることができます。
 僕にとって大切な仲間です。
 
 皆様に感謝です。
  1. 2014/07/31(木) 06:18:53 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 windknotさん

 青不動、賛同してくださりありがとうございます。
 灼熱地獄の中、最後に少し日が陰ったら底からぬーっと出てきてフライをパックン。
 一部始終を見ることができました。
 渓流全くダメ、上流まで歩かないと釣れませんね。
 韋駄天、青不動この時期の一番の楽しみかも知れませんね。
  1. 2014/07/31(木) 06:36:20 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

にんにんさん

 釣れ続けました!
 それもでかいのばっかりです。
 イワナ、ヤマメの大きくなる環境と同じところで頂点に立っている魚ですから大きくなって当然だとか。
 このクラスを釣っていると、雑魚のイメージが変わってしまいます。

 小畔川にもお化け韋駄天が出現何て騒いでみたいものです。
  1. 2014/07/31(木) 06:43:12 |
  2. URL |
  3.  jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/694-b87b7741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)