小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

ウジャウジャの言葉に釣られて、行ってみたけれど


 お彼岸にかけて19日から23日まで定例の福島へ。
 お墓参り、掃除、家の管理等々やることは沢山ありますがその中で、やらなければならないことがあります。
 そのとおり
 釣り!

 土20日、日21日、月22日と3回行ってきましたが、今回のメインは21日の釣りでした。


DSCN8849.jpg

 地元に暮らす高校からのポン友、KNI。
 貴族の釣りをしたいとのことで、FF一式を爆釣を条件に進呈。
 でもね、この方ルアーでは実績があるがFFはやったことがない。
 お前からもらった竿に、リールとかラインとかを着けておくからキャストができるようになったら一緒に釣りをしましょ。
 今回はお得意のルアーのほうが良いんじゃないのということでこのスタイルで釣り。

 両手を広げてこんなのを外しちゃったよと言っているのではありません。
 万歳なのでした。
 ここは天栄村を流れる河川で実績があり、尺が居るんだぜということでやってきましたが、全く反応なし。
 良い川なんですが、生命反応なしなのでした。
 
 うっそうとしているようですが、太い木は桜です。
 そう、桜並木になっているということは、直ぐ上が道路なのです。

 お互いに膝と股関節あたりの調子がイマイチなので道路からすぐの場所で大物が釣れるところを狙ってやってきたのでした。

 今回のKNIは気合が入っていました。
 彼は郡山市に住んでいるのですが、7時半に来いという。
 いや、もっと早く来いと言う。
 釣りたいんなら早く来ないとだめという。

 僕は9時ごろ行くからゆっくり虫が飛ぶころから釣ろうよ!
 緩い釣りが大好きなんだけど。
 
 だめ、せっかく来たんだから尺を釣るには朝一!

 奥さんの入れた珈琲を一杯ごちそうになり、ここへやってきたのでした。

 そんなお手上げの状況でした。



DSCN8852.jpg

 気を取り直して少し下流の支流へ。
 ここは小学校の脇から入れます。
 良い川でしょう!
 でも、魚が沢山いますが釣れません。
 釣り人の数が魚ぐらいいるんです。
 福島で釣り始めて初体験!
 名栗より居るんじゃないのというくらい居るんです。
 ほとんどの方がルアーなんですがここだけで5人!

 とりあえず竿抜けポイントと思われるところを流してみましたがチャポンと一回出ただけで沈黙!
 KNIも見に来るんだけど食わねー!

 それじゃ、この辺で気分転換にしようか。
 どちらともなくそんな雰囲気で釣りは終わり。
 羽鳥湖へ。
 ここを過ぎてレジャー施設のレジーナの森へ行ってみると管理釣り場で釣っている方が。
 ほとんどが県外から来ているようでした。

 管理釣り場ならもっといいところがあるよ。

 白河フォーレストスプリング
 こちらまでドライブ。
 ここのレストランで優雅にランチ。
 禁漁になったらここで遊ぼう。

 釣れなかったが久しぶりに話ができた有意義な一日でした。



DSCN8866.jpg

 有意義な一日を過ごすことができたと書きましたがそんなことはない。
 釣りは一匹なのです。
 一匹とボーズでは雲泥の差!
 まだまだ釣れなくても良いなんて境地にはなれません。
 油が抜けきっていないのでしょうか?

 実は、ここまでに伏線があったのでした。
 前日、土曜日のことです。
 奥を温泉施設に連れて行き、その間に以前、良い思いをした沢に直行!
 柳の下を探ってみたのですが、ここも完全ボーズ。
 この悔しさを晴らすために日曜日は期待していたので、ダブルボーズは効きました。

 そんな訳で、最近お気に入りの車を停めてはいイワナの溪で、22日は楽しんできました。


DSCN8859.jpg

 イワナのはずがヤマメ
 ヤマメ、ヤマメ、ヤマメのオンパレード!
 写真を撮るのももういいか。
 ヤマメだけなのでした。
 そんな中で大物がかかりましたがやり取りをする間もなく、外れてしまいました。
 
 記録として書きますと状況は2m上流の石裏のポイントで、深く巻いている。
 その前に大石がありそこには流木が入っている。
 食った、合わせたつもりがラインがたるんでいるから合わせが効かない。
 魚はびっくりして走る。
 合わせは魚が走って自動的に決まる。
 手前に走ってラインがたるみ、そのまま大石の下に潜り込む。
 ラインを張った状況で魚が出るのを待つが、奥の方でゴソゴソ動いているのが手元に伝わる。
 これって、結構でかい。
 ワクワク!
 スー!
 ????
 がっかり!
 外れました。

 近場でラインを張っていないときに手元に走られると厳しいですね。
 これで大物を逃がしたのは今季2回目で、前回、米沢で逃がした時と同じ状況でした。
 こんな時の対処法を意識する必要がありと再認識。



DSCN8865.jpg

 やっと釣れたのがオチビちゃん。
 #12のEHKが大きく見えますね。

 この上でまたバラし、今日は何匹バラすんだろうか?
 そう思いながらも、十分に楽しめ、癒された最後の福島渓流でした。
 終わり良ければ総て良し!

 宿題はいくつかありますが、今年の福島は楽しめました。



DSCN8869.jpg

 で、その他のことです。
 ここを刈りました。
 ウン十メートル、いやになりますよ。
 しばらくサボっていたのでボサボサになっていました。
 電気バリカンと草刈り機と剪定ばさみでここまでやりました。
 その他に切り倒し
 枝打ち
 草刈り
 
 そうか、何故上手いことフックオンできないかわかった。
 仕事をし過ぎて体がまともに動かなかったんだ。

 ウソ!

 大したことは何もしていません。
 少しは手伝ってよと、奥にはっぱをかけられておりました。
 
スポンサーサイト
  1. 2014/09/25(木) 06:28:25|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<最良の物を知ると良し悪しの判断ができる | ホーム | 小畔川は水源地が狭いので水位変化が大きい>>

コメント

小畔川でお見かけしないと思っていたら
福島に行っていたのですね

>道路からすぐの場所で大物が釣れるところ
ガイドブックに載ってるお店で
安くて美味しいところに出会うくらいに難しそうですね(笑)

  1. 2014/09/25(木) 07:57:32 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

 
 ねずみおやじさん

 そうなんです。
 深山幽谷の未踏の地に分け入っても釣れなかったり、かといって軒先ででかいのが釣れたり、こればっかりはそこに魚が居るかいないかですからね。
 ただし、大物が育つ条件はあるんですよ。
 まず、釣られないこと、えさが豊富で、適正な水量があること、そうすると大物が育ちます。
 そんなところは穴場なんでしょうね。
  1. 2014/09/25(木) 09:40:24 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

同感です!

僕も、「釣れなくても楽しい、」なんて間違っても言いません^^;
ボと1匹には雲泥の差がありますよね。
釣りは、釣れなかったら釣りじゃありませんから。

フライフィッシャーは、どちらかと言うと雰囲気重視、釣果主義を否定する傾向があるように感じますが、僕は“釣りを楽しみたい”のでいつまでも探求者であり続けたいと思ってます^^

お互いに、来季も悪あがきしましょうね!^^
  1. 2014/09/26(金) 19:43:41 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

 しげさん

 僕も釣れない釣りはつまりません。
 景色を眺めて魚が釣れるのが第一
 できれば大物を
 これが素直な気持ちです。

 一匹とボーズでは天国と地獄

 釣れなかったけれど楽しかったなんて言える悟りの境地にたどり着くか、その前によぼよぼになって釣りに行けなくなってしまうのか?
 多分、幾つになっても釣れなけりゃ、機嫌が悪いと思います。
  1. 2014/09/26(金) 20:43:03 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
終盤戦はどんどん厳しくなって、1匹でいいから釣らしてー
という感じでやってました。
たとえ1匹でも、釣れずに尾羽うちからして帰るのとは雲泥の差ですよね。
  1. 2014/09/27(土) 13:42:58 |
  2. URL |
  3. windknot #-
  4. [ 編集 ]

 windknotさん

 一匹とボーズ大きすぎますね。
 もう恋の季節が始まって食い気より色気になってきたようです。
 禁漁になると今まで姿を現さなかった大物がユラユラと寄り添って大胆にも人目も気にせず、イチャイチャしてますからね。
 殺気が消えたのを感じているようです。
  1. 2014/09/27(土) 17:10:39 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/713-5eb77fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)