小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

水上公園の釣り     こんな釣り方も面白いし、数が釣れるよ!

 
 11月7日に引き続き、昨日(13日)も水上公園へ。
 今までは30㎝程度の鱒で燻製を作っていたが、前回の大型鱒の燻製が好評で、数を揃えてみようと9時過ぎから釣りを開始した。
 隣の方と話しながらの釣りで、大型は狙っても釣れない、30匹に一匹釣れれば良いかなーとか。
 午前中に40から45cmを3匹、午後はやっと一匹。

 予定では9匹釣ることにしていたが4匹までであった。
 
 この4匹を釣るために午前中に少なくとも120は釣った。
 時速60で2時間半!
 午後も含めて何匹釣ったか、もうわからなくなってしまった。
 燻製用の鱒を揃えるのも大事であったが、もう一つの大事なことがあった。
 それは、ヒョンナことからバンブーロッドのフィールドテストを依頼されているので、数を釣らないと判らない。
 体が痛くなり、右手は握力が。
 肘はシェイクで傷めた腱の古傷が痛みだし、魚を外すのにしゃがむので膝も痛み出し、当然、腰はがくがく!

 水曜日は通っているジムが休みで休養に釣りでもと思ったがトレーニングより疲れた一日となった。



DSCN9472.jpg

 水上公園はご存知のとおり、ルアーとフライの釣りである。
 エサを使わずルアーでフライで魚を惑わして美味しそうと食いつかせる釣りである。
 
 水上公園には3つのプールがありそれぞれも特色があり釣り人は楽しむことができる。
 波のプールではダブルハンドでキャスティングの練習を兼ねて沖の魚を狙い。
 多目的プールと流れるプールでは水流を読みながら、魚の着いている層を考えながらの釣り。
 
 釣りは一匹と今は亡き開高健は言ったが、フィールドとは違い管理釣り場は数が釣れなければ面白くない!
 水上公園に通って数年になるが、釣れる方と釣れない方の差があまりにも大きすぎるのである。
 
 



DSCN9471.jpg

 今回は魚を揃える、数も釣りという目的があったので、魚が着いているところから離れずに釣った。
 今回狙ったのはこの大きさ。
 この竿で問題なく釣ることができた。


DSCN9476.jpg

 使った鈎はこちら。
 大物を釣ったら鈎が伸びてしまった。

 表層を中心の釣り。

 タックルは#1-3ロッド、#3DTF、#5リーダー、0.8号(#5)ティペット、鈎は#14、#16、#10

 エラそうなことは言えませんが、あまりにも釣れる方と釣れない方の差が大きいので改めて水上公園のフライ釣りについて項を改めて書いてみたいと思います。





スポンサーサイト
  1. 2014/11/13(木) 08:35:39|
  2. 水上公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<水上公園で沢山釣りたい! その1 | ホーム | 今期初燻製! >>

コメント

こんばんは。
時速60!
すごすぎです。
そりゃ腰も痛くなります。
あんまり無理しないでくださいね(笑)
  1. 2014/11/13(木) 22:39:38 |
  2. URL |
  3. windknot #-
  4. [ 編集 ]

 windknotさん

 頑張っちゃいました。
 竿のチェックもあり、大きい鱒も揃えたかったので頑張りました。
 今朝も右ひじの腱が痛いです。
 シェイクを覚えるのに使いすぎて右ひじを痛めて5年、それ以来、気を付けて竿も#3以下に制限していましたが、ツイツイ。
 年はとっても気持ちは少年です。

  1. 2014/11/14(金) 05:59:29 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/732-7ed2205a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)