小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

水上公園で沢山釣りたい! その1

 川越水上公園では晩秋から冬季はプールを管理釣り場として活用しています。
 せっかく釣りに行くのなら釣れなくては。
 釣りは一匹と坊主では雲泥の差と言いますが、管理釣り場は釣れて当たり前、釣れなければつまらんのです。
 渓流に行けば景色を楽しみ、新鮮な空気を吸って英気を養いと釣り以外にも楽しみがありますが、水上公園ではプールだし、周りはコンクリートで固めてありますから。
 そうなると、釣る以外に楽しみはなかなか見つけられません。
 如何したら釣れるのか、釣れる方と釣れない方の違いは何処にあるのかを書いてみたいと思います。

 これから書くことは私の思っていることであり、スタンダードではありません。
 釣りのスタイルが違う方がいらっしゃると思います。
 それはそれ、自分のスタイルで楽しく釣れればよろしいかと思います。
 このほうが釣れるかも程度の記載ですから。

 マーカーを使った釣りは基本的にやりません。
 ビジュアルの釣りが大好きなのです。
 魚がフライを咥えた瞬間を見ての釣りが最高と思っています。
 つまりドライです。
 しかし、毎回ドライで釣れるとは限りませんので水面直下、そして中層の釣りを考えています。
 アタリはどうやって取るのか?
 考えるところは沢山あります。

 まずは釣りのスタイルから。
 一か所での釣りか、歩いて釣るのか?

 渓流釣り、里川でのオイカワ釣りなど歩いての釣りが大好きです。
 一か所でねばるということはよっぽどのことがなければありません。
 管理釣り場も同じです。
 色々なスタイルの釣りを楽しむためには場所を変えての釣りが好きです。

 ウェストポーチに道具一式を入れて気軽に場所を変えて釣ります。
 場所取りはもってのほか。
 釣り場にたくさんの道具を置いて場所を取っての釣りは嫌いです。
 釣りもしないのにロッドを何本も持ち込み立て掛けておくのは邪魔!
 休憩するなら道具もかたずける。
 
 まずは、全ての釣り場を回ってみましょう。
 魚がどこに付いているかがわかります。
 表層、中層、底。
 流れの中、たるみ、際。
 活性は。
 同じプールでも日並で変化がありますから一か所にとどまらず、場所を変えての釣りは大事だと思います。
 ここだけで釣る方は、釣れる場所を確保して釣れば楽しいでしょうが、他の釣り場に行って釣れるとは限りません。
 釣れないところでほかの方が釣れないのに釣る。
 これは管理釣り場の醍醐味ではないでしょうか。
 管理釣り場だけでなく、フィールドを目指す方は、一か所にとどまらず歩いて場所を変えての釣りを心がけることをおすすめします。
 少し感性を高めないと難しいのですがマーカーに頼らないで魚が釣れるようになると楽しみが深まります。
 マーカーを使わずにより沢山釣るためには如何にするかこれから書いてみたいと思います。

 最初に申しあげましたが、これがスタンダードではなく私なりの考えの釣りですから。
 誰もがこの釣りで釣れるかというと保証はありません。
 僕にはぴったりの管理釣り場の釣りなのです。

 次回から実戦編を書いてみます。


 
 
スポンサーサイト
  1. 2014/11/13(木) 10:01:58|
  2. 水上公園のフライフィッシング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<中院と喜多院の秋 | ホーム | 水上公園の釣り     こんな釣り方も面白いし、数が釣れるよ!>>

コメント

楽しみです!

こんばんは。
僕もまったく同感です!
管釣は、釣って釣って釣りまくらないと楽しくないです^^;
そうでなければ、新しいタックルを試したり、苦手な釣法を徹底的に練習したり…いろいろな楽しみ方ができますよね。

目の前に魚がいるのは確実ですから、それをどんな目標をもって楽しむかですよね。
よく、飽きるというご意見を聞きますが、僕は一日に150匹以上釣れたときも飽きませんでした。
手首が壊れましたが…^^;

連載を楽しみにしています^^
  1. 2014/11/13(木) 18:35:21 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

 しげさん

 昨日は正確に数えなかったのですが、200は確実に越えたと思います。
 釣って釣って釣りまくりました。
 例の竿のチェックを兼ねてましたから数を釣らないと意味が無いですからね。
 最後は竿を握るのが難しくなりました。
 握力が無くなってきたのです。
 そのせいか今日も右ひじの腱が痛いです。

 釣れていない方を見るととても気になります。
 小畔川でしたら魚が着いているところ、仕掛け、釣り方などを話しながら一緒に釣るのですが、水上公園ではそうもいきません。
 この記事を見て少しでも沢山釣って頂けたらと思っています。

 頑張って書きますから、しげさんのテクニックに関する意見もお待ちしています。
 
  1. 2014/11/13(木) 19:53:13 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/733-6b2a2d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)