小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今朝の小畔川 カフェオーレながら活性抜群

 今朝も5時過ぎに起床、釣るべきか釣らざるべきかそれが問題であるなんちゃって。
 こんなことでは悩む必要が全くありません。
 そりゃ、機会があったら行かなくっちゃ、直ぐそこで魚が待っててくれるんだったら釣りますよ。
 これが安近短の真骨頂です。
 お手軽、苦労知らずに、ハイ釣れた。
 こんな釣りを目指していますからね。
 ただし、釣れなきゃ駄目ですよ。
 釣りは一匹釣れれば。。。。。。
 一匹と坊主では天と地ほどの差があるのであります。

P7280018.jpg
 追い星が綺麗に出た雄が第一投目にでました。
 どんなものか様子見に来ただけでしたからビックリです。
 伊達男ですね。
 写真を撮っていると不思議に思うのですが、魚は目を合わせないんですね。
 釣られると?小恥ずかしいのか、伏し目がちに目をそらすんです。
 絶対にガンを飛ばしたり、不良みたいなことはしません。
 どうしてでしょうね。
 こんなところが可愛いのかもしれませんね。

P7280016.jpg

 同じ魚をフラッシュと無しで撮るとこんな違いになります。
 ウマいことポーズを取ってくれないので、ブレたり、ピンボケになることがほとんどですが写真としてはこちらの方が好きなんです。
 予測がつかないので出来具合はお魚任せというところがいいですね。
 今朝はこのサイズの雄が5匹出ました。
 ポーズを取って欲しいんだけど水中でハリスのテンションを緩めるとすぐ逃げてしまいます。
 オートリリース。
 簡単でいいんですが、一番の大物もサッと逃げてしまいました。
 それはそれで楽しいですよ。
 元気に頑張れと応援できますからね。
 できるだけ水から出さず、魚体にも触れないので全く弱りません。
 目に見えないのですが、手でつかんだり、魚籠に入れてしまうと体には無数の傷が付いていることが多いのです。
 特に、この種類の雑魚は鱗が直ぐにはがれてしまいます。
 リリースは釣りより難しい。
 ファイトの後の魚を水から出して写真を撮ったりつかんだりしているのはホントはあんまり良くないんですよ。
 私たちに例えると、400m競争をして息が上がってゼイゼイしている時に水中に顔を突っ込まれて息ができない状態と同じなんです。
 できるだけ水から出さない。
 これがリリースする場合の鉄則です。
 写真を撮る場合には少し水中で川上に顔を向けて休ませた後に撮ると良いようですよ。
 以上、魚さんからのお願いでした。


P7280020.jpg

 日曜日の夕方遊び呆けてしまった金堀橋上のプールで今朝は釣りました。
 夜半に降った雨の影響で水が濁って水位も上がっています。
 釣れるかなーーーっと不安な気持ちの第一投に韋駄天の雄が釣れて今朝はいけると確信したのです。
 水面をよく見ると鏡のようですね。
 瀬にかかる前の瀬頭という部分が鏡のようになっています。
 今朝はここから3,4mの駆け上がりにオイカワが付いていました。
 ウェットです。
 毎回、オイカワが追いかけますが、小もの主体ですからなかなか食いつけないようでした。
 ブラウンハックルグルグル巻き#21の鈎です。
 これを流れが緩いので、管釣りのイマージャーの如く水面直下を流してみました。
 向こう岸に近いところからこちら側へ、流れに乗せてテンションがかかるか掛らないような感覚で流してやります。
 小物は思わず飛びついてきます。
 大物は、ここがポイントですよ。
 覚えておいてくださいね。
 フライは水面直下を流れていますから、フライラインの先端からリーダーとティペットの分だけ遠くを流れています。
 少し変化があるので判ると思います。
 大きいのは小ものみたいにバシャっとこないのです。
 注意してフライのある付近を見ていると、追い波が起きることがあります。
 フライを追いかけて食うべきか食わざるべきか、誘惑に負けるべきかきっぱりと諦めて元の場所に戻るべきか、悩んでいるんでしょうね。
 大きいのは直ぐには食いつかないようです。
 今朝はそのお悩みが手に取るようにわかりました。
 こんな時、少しテンションを緩めるとパックンと食ってくれるようです。
 逆の時もあります。
 変化があると思わず食ってしまうようですね。
 フライを追いかけて波を立てている状況は川越水上公園の管理釣り場が開場したらイマージャーで経験して下さい。
 なかなか今日のような川のコンディションにはなりませんからね。
 機会がありましたら注意して水面の状況をみてください。

P7280027.jpg

 すぐ脇の水門です。
 ここから本流に流れ込んでいます。
 真中で波立っているのは鯉の背中です。
 この外に小さなライズが沢山湧いていました。
 水位が上がるとこんなところにも魚は避難しているんですね。

P7280026.jpg

 今朝も残念なことがありました。
 何時ものことですが、たばこの吸い殻がこの通り、ここは魚がつくところですから本数を数えるとかなりの時間此処に居たようで。
 恐らく釣り人なんでしょう。
 吸うのは勝手、始末は義務!
 ああああーーーこれいいですね。
 今何となく思いついて書きましたが、ポイ捨て防止の標語に如何でしょか。
 最後にもう一度。
 「吸うのは勝手、始末は義務!」
 同様にもう一つ
 「食べるは勝手、始末は義務!」
 いくらでも作れちゃいますね。
 この程度で勘弁してやりましょう。
スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/07/28(火) 08:04:33|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<大上戸川で度肝を抜かれました | ホーム | 夕方の小畔川、久しぶりの再会、日が暮れるまで子供のように遊び呆けて>>

コメント

「吸うのは勝手、始末は義務!」

これ良いですネ~(^^♪
後始末できない馬鹿者は人として失格です。
こんな輩って結構釣って行くんですよネ~(ーー゛)
  1. 2009/07/28(火) 12:36:18 |
  2. URL |
  3. クラ #K7e/u8Dk
  4. [ 編集 ]

 クラさん こんばんわ

 なかなかのキャチコピーでしょ。
 勝手にゴミ拾いでも使ってください。
 朝方、急にひらめきました。
 
 おっしゃるとおり、品行方正な釣り人よりもやらずぶったくりのおっさんが一枚上ですよ。
 若い人の方がこういったマナーについては良いと感じているこの頃です。
 ちなみに小畔川近郊にお住まいの釣り人にはこんな無様なことをする人はいませんよ。
  1. 2009/07/28(火) 19:58:08 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。

jetpapaさん、こんばんは。
先ほど伊豆から帰ってきたのですが、向こうは昨日から土砂降りもあるほどの天候でした。
そのせいで、狩野川は濁流と化していました。
こちらはそんなに降らなかったのですか?

最近、子供の習い事などで、なかなか小畔川に行けません。
近所でも良い場所を探しているのですが…なかなか型が揃わないですね^^;
  1. 2009/07/28(火) 22:14:29 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

 しげさん おはようございます。

 伊豆旅行雨にたたられたとのことですが、ご家族皆様楽しまれたことと思います。
 数年前のことですが、奥と急に富士山に行きたくなり中央高速経由で都留市から富士五湖を巡り最後は富士さん7合目?まで車で登りました。
 ここで、伊豆にでも行って海を見てから帰ろうといことになり、宇佐美の民宿に予約を入れて向かったことがあります。
 芦ノ湖から伊豆半島の真ん中を自動車道路を通って行ったらそんなに時間がかからないで到着したことを覚えています。
 残念ながら宿と料理は大外れでしたが、宇佐美の海は綺麗でいい思い出となりました。

 私はこれから九州に出張です。
 大雨が止んだ頃の到着です。
 テンカラを出張鞄に忍ばせていますが、今回は厳しいかもしれません。
  1. 2009/07/29(水) 05:27:27 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、おはようございます。

本当に、遊びまくってますねぇ~ ^^
出勤前に自宅近所で5匹、っなんて、オイラには未知の世界です。羨ましいです。

コピーも映えてます。どこの釣り場でも、相変わらず、たばこの吸殻は目につきます。携帯灰皿、そんなにかさばらないと思うのですが・・・・
  1. 2009/07/29(水) 06:12:07 |
  2. URL |
  3. こげだし紋次郎 #-
  4. [ 編集 ]

こげだし紋次郎 さん こんばんわ

 ただいま出張から帰ってきました。
 身も心もクッタクタであります。

 遊びまくっているんじゃないんですよ。
 禁断症状を抑えるための対処療法ですよ。

 吸うは勝手、始末は義務ですね。
  1. 2009/07/31(金) 22:52:39 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/79-f324cf98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)