小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

馬瀬川を目指し、峠を越えて釣る


今日は暑い1日だった。
馬瀬川を目指したが、標高1100mの西ウレ峠越えて高山市へ
川に入っても暑い。
異常なくらいに暑い
最高気温日本一はすぐ側の郡上八幡だったそうで、道理で暑い訳である。
初めての馬瀬川そして峠を越えた話です。

20150711221553e3d.jpg

4時半自宅出発。
馬瀬川漁協には7時過ぎに到着。
全く勝手がわからないので、どこで釣ればよろしいか伺うと、鮎で精一杯、アマゴは最上流部に行けば良いとのことでした。
上流部の支流に入ってみると既に先行者。
釣れません。
諦めて下ってくると釣り人1人。
釣れました?
声をかけるとイマイチとのこと。
名古屋から来たんですが、オススメはありますか?
無遠慮とは思いつつ、様子がわからないので聞いてみると。
僕も場所替え、良かったらごいっしょしませんかと、嬉しいお誘い。
即バイト、連れて行ってもらうことになりました。



201507112215507ae.jpg

素晴らしい渓相です。
十分にラインを出せる開けた渓。
フラットな流れ。
遡行も楽。
大好きな環境です。


20150711221549764.jpg

誘ってくださったのはこの方。
一宮からいらっしゃったAKYMさん、バリバリのルアーマン。
ルアーの方とご一緒に釣るのは初めてです。
どんな釣りか興味津々。
お互いの釣りを見ながらと楽しい時間が過ぎました。
減水と高水温最後は20度まで上がりました。
そんな中でAKYMさんはシッカリ岩魚をつっていました。
フライは全然振るわず、峠の向こうでアマゴが一匹、この谷では釣り落としとチビヤマメ。


20150711221548770.jpg

岩魚三匹流石です。
アップストリームのルアーにチェイス。
ここに居るんだよねと粘って良型。
ルアー、恐るべしでした。

お昼には暑さに耐えきれず脱渓、道の駅に向かい遅い昼食。
情報交換、これが楽しい、気が付いたら三時過ぎ、矢田川オイカワ道場へお誘いしてお別れしました。

20150711221551c30.jpg

帰りは温泉で汗を流してサッパリ。
良い1日でした。


スポンサーサイト
  1. 2015/07/11(土) 22:57:05|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夕の矢田川 ウェットで入れ食いに! | ホーム | 金曜日の夕方遊び>>

コメント

早速拝見、自分で釣りをしている姿を見るのは初めてで、なかなか良いですね、師匠の情報では、当日山を越えた○○川で虹鱒35、アマゴ15、イワナ7だったそうです。今度はそちらに行きましょう
  1. 2015/07/12(日) 21:27:39 |
  2. URL |
  3. 秋山 #-
  4. [ 編集 ]

すごい釣果ですね。
そんなに沢山釣ったことありません。
次回が楽しみです。宜しくお願い致します。
  1. 2015/07/12(日) 21:56:57 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/820-040aec4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)