小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

石徹白川水系キャッチアンドリリース区間峠川へ


今日は最近テレビで放送された石徹白漁協管轄の峠川へ行ってきた。
自宅からちょうど2時間。
安近短からは外れているが、今週は週始めにwindknotさんが飛騨へ、週後半はリョウさんが長野の渓に遠征、それじゃと少し遠いが行ってきました。


201507252121211fa.jpg

看板の黄色いところがキャッチアンドリリース区間。
峠川です。
放流はやめて産卵床の整備をシッカリすることで生産力を上げています。
その結果、ヒレピンの魚ばかりになったそうです。



20150725212120cf9.jpg

遊漁券を購入していざ。



20150725212122b6f.jpg

この辺りで釣れるのはイワナ
瀬から勢いよく出てくれました。






20150725212124a41.jpg

こちらは鏡からドローンとユックリ出ました。
見切られたり、つり落としたり、沢山のイワナに遊んでもらいました。

20150725212125a3a.jpg

こちらは峠川支流の前川、家の目の前でイワナが釣れます。
それも俗に言うネイティブです。


20150725212201668.jpg

今日は名古屋で35度 暑い1日でした。
渓流もお昼には気温が上がっています。
お昼ご飯は川に浸かって頂きました。
気持ち良かったです。


20150725212158383.jpg

十分に釣ったので散策。
白山神社の目の前は禁漁、石徹白川出会いから保川出会いまでは神域であり、地元の釣り人は釣りません。



20150725212200541.jpg

石徹白川上流。
林道からの風景です。


今回、キャッチアンドリリース区間に入りましたが、どうも違うのです。
釣り人が沢山居ます。
釣り上がったり下がったり。
少しの区間で止め。
こういった釣りは好きじゃないのです。
釣れなくてもゆったりできる釣りをしたい。
そんな訳でこの魚は前川で釣ったものです。







201507260630306d9.jpg

こんな山奥の人跡未踏の地を歩かなければネイティブイワナには会うことができないのです。
大嘘です。
自宅から名古屋高速、名神、一宮JCTから東海北陸自動車道、白鳥ICから下道で行くのです。
岐阜川に流れる河川と日本海に注ぐ河川の分水嶺を超える所なのです。
この道は天空に続くと表現できます。
高度が上がるに従い、気温が下がります。
6時自宅発、この時点で名古屋は26度でした。
7時過ぎに峠を越えましたが、気温は22度まで下がって気持が良い。
エアコンも切って窓を開けて走りました。
尾根筋にはゴルフ場があります。
満天の湯という温泉施設もあります。
帰りに汗を流してきました。

20150726063031628.jpg

分水嶺を越えて日本海側に下っていくのです。
直ぐにレジャー施設がありました。
この水路は何でしょうか?
判りますか?

自然の回復、魚が自然の中で産卵して増える。
釣り人は暖かく見守る???
そうなの?
NHKが石徹白漁協の取り組みについて知っているだけで三回放映しています。
しかし、ここは映さない。
たくさんの方が沢筋の適所の掃除をして産卵場所を作っている美しい映像を流しています。
素晴らしいコメントが続きます。
このまた上流は先ほど越えた分水嶺にあるゴルフ場とレジャー施設。
こういった現実も放映して、その中で自然繁殖を助けていると言ってくれたらもっと素晴らしかった。
この水路と施設を見たらガッカリ。
釣る前に降ってきたらいきなりですからね。
ここから下流がc&Rエリアとなります。



2015072606311273d.jpg

これが自然繁殖をしている峠川のイワナです。
いつも釣っているイワナと変わらないような気がするんですが、過程が素晴らしいのです。
放流に頼らず、自然繁殖を基本としています。
釣り人のマナーもキチンとしているんでしょうね。
漁協の取り組む姿勢もハッキリ判りやすいです。

20150726063032642.jpg

気温がどんどん上がり30度、しかし、水温は最初が15度、最後が18度。
3度の変化でした。
魚の付き場は予想通り良型は瀬の中にいました。
気温が上がり含有酸素量が下がってくるとイワナといえども巻きでゆっくりできません。
少しでも酸素が多い泡の下に移動してきます。
ヤマメ、アマゴの流速に入っています。
出方も派手。
下流からU時に上手いことプレゼンテーションが決まり流れるとこれがイワナというような反応でした。

また、夏の定番ポイント。
そうです。
流れのキワで枝が被さり日陰の所。
できれば向こう側で流れをまたぎ歩いて入れない所。
ここではあえてフライを叩きつけるように落としてナチュラルに流す。
次はフワフワっと落とす。
手を変え品を変え。
手は変えましたがフライは、最初から最後までパラシュート。


20150726063034d2f.jpg

白山神社にお参りをしてきました。
石徹白川は白山から流れてきます。
白山信仰が盛んな地です。

20150726063035bd2.jpg

鳥居をくぐると直ぐ降り、橋を渡って本殿に向かいます。
良い渓相です。
神社前に限り禁漁区に指定されています。
神様も目の前で釣り人がウロウロしたら煩わしいということでしょうか。
因みに本文の禁漁看板は右岸から上流を見たところです。


201507260631087bf.jpg

こちらが本殿。
大漁、安全無事をお願いしてきました。
残念だったのは御朱印が頂けなかったこと。
宮司様宅をに伺い、如何?
ゴメンね、朱印は神社の方に保管しているから書けない、その代わりに郵送するから住所を書くようにと。
郵送してくれるのです。
お手間をかけました。


20150726063110522.jpg

石徹白川脇の林道。
午前中で釣りは終わり、走ってみました。
素晴らしい川です。
最上流部の沢筋は永久禁漁区に指定されています。
沢筋の魚を残すのが大事です。



20150726063111193.jpg

帰りにまた分水嶺を越えます。
ここで温泉に入り帰りました。
露天風呂からの眺めは絶景でした。


スポンサーサイト
  1. 2015/07/25(土) 21:57:57|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<今週は千歳に出張、ブラウンを釣る! | ホーム | 千歳川ウグイ祭り>>

コメント

むむむ・・・
ぼくが今回の長野釣行で満足できなかったのは,釣ったイワナの尾びれが立派でなかったことです。
つまり,放流イワナだったんです。
源流のネイティブイワナに挑戦する体力はありません。
でも,せめて尾びれが再生したイワナを釣りたいんです。これがこの次の夢です。

  1. 2015/07/25(土) 23:09:38 |
  2. URL |
  3. リョウ #-
  4. [ 編集 ]

リョウさん

放流イワナでもしばらくすると、川虫を食べて色素沈着でヒレがオレンジに変わりピンとしてきます。
ヒレの大きさはどうしようもないのですがそれなりになります。
この記事の川は2時間で竿を出すところまで行けます。
源流にも入りたくて、体力をつけましたが1人で行くところではありません。
残念ながらお誘いがないので行きたくてもいけません。
そんな中、せっかく名古屋に来たので毎週、川を変え場所を変え渓流を歩くことに決めました。
里川渓流ですが、かなりの河川を経験しています。
初めての所で、遊漁券購入時に情報を仕入れたり、現場で釣り人に教えてもらったり、見ず知らずの方々ですが親切に教えて下さいます。
これも新鮮な楽しみです。
歩け歩け。
筋トレで鍛えろ。
渓は正直、答えが出ます。
それから、キャス練。
これが一番大事。
木ばっかり釣ってたら、ラインが絡まってばかりだと気持ちが集中できません。
これは大きいですよ。
僕は遊び呆けていた昨年一年でほぼ解決しました。
  1. 2015/07/26(日) 06:22:26 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/07/27(月) 09:30:13 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

成魚放流なんてやめて発眼卵、稚魚放流を中心にしてもらいたいですよね。
それ以前の産卵床の整備とは石徹白の取り組みは素晴らしいですよね。
一番お金もかからずいい魚が生まれる方法だと思います。
  1. 2015/07/30(木) 13:24:22 |
  2. URL |
  3. いわなたろう #-
  4. [ 編集 ]

いわなたろうさん

魚が自然産卵で種を護り繁殖できる環境は素晴らしいと思いました。
石徹白川の環境保全は白山が担っていることを実感しました。
豊かな山から安定した良い水が流れています。
放っておいても十分な産卵床があるのにあえて必要なところに作る。
魚を川を愛していないとなかなかできないと思いました。
  1. 2015/07/31(金) 06:24:29 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんにちは。
遅いコメントで失礼します。
石徹白川、素晴らしい川ですね。
一度は訪れてみたいと思っていました。
羨ましい限りです!
  1. 2015/08/08(土) 23:51:04 |
  2. URL |
  3. numassan #-
  4. [ 編集 ]

numassan

 石徹白川支流峠川がC&R区間になっていました。
 穏やかな川で一人で入っても不安はありません。
 土曜日で釣り人が交差する状況でしたから直ぐ他の支流に移動し一人でゆっくり楽しめました。
 こちらは平日釣行がおすすめです。
 石徹白川本流をみて、こちらは一人では止めた方が宜しいと思いました。 
 しかし、ここでは釣りたいなという気持ちがかなり強かったです。
 素晴らしい川でした。
 また訪れたいです。
 名古屋勤務も今年度限りで、シーズンもあと2が月を切りました。
 お盆明けは土日釣行。
 知らない所ばかりですがそれだけに、興味津々。
 
  1. 2015/08/09(日) 08:43:50 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/826-848e4f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)