小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

安近短の典型! 車を止めてハイ渓流、奥が見ている前でドボン!


 強行スケジュール!
 15日15時、常滑にある職場を出発!
 東名経由で8時に自宅到着。
 翌16日福島へ。
 とりあえずの作業を済ませ安近短の川へ。

DSC01227.jpg

 自宅から20数分でこの川へ。
 車を停めて直ぐ釣りで、私のモットーとする安近短の典型です。
 安近短をどのように理解するかと言いますと、
 安とは安全第一で安易に行けること。
 近とは近くで釣り場に労せずして行けること。
 短とは短小ではなくて簡単に釣りができるということ。
 つまり、安全な近くでよく釣れる釣りを安近短と申しております。
 この条件に合うところはオイカワ道場と申して練習をしています。
 渓流にはこの三条件がすべて含まれるところがほとんどありません。


DSC01228.jpg

 良い流れでしょう。
 台風18号がもたらした大雨の影響がまだ残って水位が高い状況ですが、釣れそうな感じムンムンです。
 前回はイワナにヤマメ、釣れました。
 昨年同時期はギューンと引かれて竿はのされてしまい岩の下に潜り込まれたこともありました。
 期待ムンムンなのです。


DSC01229.jpg

 ギャラリー有り。
 ここで釣らなくっちゃ!
 ????
 全く反応なし。
 おまけ。
 御仕舞、帰ると川を渡ったら躓いて手を着いてしまいました。
 ポケットにカメラを入れておいたらお水がジャブン!
 まだ半年のカメラが水をかぶってしまいました。
 よく拭いて乾かしタラ翌日は作動。
 ああよかった。
 でも、ボーズ。
 全く反応なし。
 こんなのは初めてでした。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/18(金) 15:06:46|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<舞鶴館道場が無くなってしまった。 | ホーム | 阿寺ブルーを堪能しつつのイワナ遊び>>

コメント

以前はボクの家の近くにもこういう車横付け、川に降りるのも危なくないところがあったのですがゲートができて歩かなければならなくなりました。
雨が降りそうだけど30分だけ、とかの時に良い川でした。
今でも比較的楽な場所はあるのですけどね。
  1. 2015/09/18(金) 23:08:23 |
  2. URL |
  3. いわなたろう #-
  4. [ 編集 ]

 いわなたろうさん

 年齢とともに足腰が弱ってきます。
 昨年は全く仕事をせず、ジム通いで体力を付けたおかげでしょうか、今年の渓流始めは安定して川を歩いていました。
 ところが、仕事を再開してからほとんどトレーニングができず通勤時のウォーキングを日々のトレーニングとしていますが、やはり筋肉量は低下していますし体力も落ちているようです。
 こんな川が一番なのです。
 フラットで適度にラインも出せる。
 魚も釣れる。
 直ぐアクセス、安全。
 こういった川がなかなかないですね。
 入間川上流、名栗川(私はこの川の組合員で監視員もしています)はフラットで同じような川です。
 でも、人が沢山入りますから擦れ擦れのヤマメでなかなか釣れません。
  1. 2015/09/19(土) 06:15:15 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/838-9b657bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)