小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そろそろ冬モード? オイカワの着き場も変わってきた!


11月最後の日曜日。
昼から何時もの矢田川へ。


2015113006523170e.jpeg

最近は駐車場所を土手沿いの道に変更しているので釣り経路が逆になっています。
上流から下流へ、そしてまた上流へ。
探るところは同じですが、ドライとウェットで釣り下り、最後はドライの一本勝負です。
先週と比べると冬の足音が聞こえ始めた?
少しでも風が吹くと寒いなと感じるようになりました。
今日の釣り人は、私の他は鯉釣りの方が一人のみ、やはり冬モードでしょうか。


20151130065232b60.jpeg

水面を見ていると時々ライズが発生しています。
ティペットが風に流されて着水することを考えてライズの2メートルほど風上にキャスト。
ライズリングの50cm程上流にフライがフラフラっと着水。
ここでドラッグがかからず流れるとオイカワが飛びつきます。
盛期の釣りと変わってきました。
着水と同時に飛びついて来たのが、フライを見ています。

釣りとしてはこっちの方が断然面白いのです。
しかし、釣れない。
パシャっと上手く流せば出るのですが、食い切らない。

どうして?
魚が小さかったのです。
やっと釣ったのがこのサイズ。

良型の群れを探すまでが大変でした。




20151130065233e46.jpeg

このピンボケの画像、ガッカリです。
今まででしたら決してアップしないのですが、今回はどうしてもアップしなければなりません。
よくみてください。
韋駄天なのです。
この時期に婚姻色が残っている個体を釣ったのは初めてのことです。
ゴミが引っかかったような感じで上がってきました。
韋駄天の威勢のいい横走りの釣り感は全くなし。
命を全うする瞬間が近づいているようでした。
撮影も水から出さないでそのままで。




20151130065235555.jpeg

矢田橋下流の河原は最高のポイントでしたが今回は反応が少ない。
そんな中で韋駄天が釣れたのでした。

オイカワが集まっていたのは澪筋でした。
また、淵からのカケ上がりなど水深があり流れが安定しているところに集まったような感じを受けました。

少し写真のこと
そろそろ寿命でしょうか?
水没以来、騙し騙し使ってきましたが、此処一番、韋駄天画像がピンボケ、泣けてきました。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 07:24:29|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<急に思い立って熊野三社参り 那智を目指す! | ホーム | 日曜日の矢田川>>

コメント

お疲れ様です

越辺川はかなり減水し、カワウも入っているようで、釣りにくくなってきました。
小畔川は
まだまだイケます(笑)ライズは無くても緩い場所にドライを落とすとヤル気のある魚は食いついてきます。今は鷺と川蝉、それに釣人とで争ってますけどね…カワウは入っているみたいですが、暫くは楽しめそうです。
  1. 2015/12/05(土) 12:03:28 |
  2. URL |
  3. にんにん #hHOgQvKE
  4. [ 編集 ]

にんにんさん

越辺は終わりましたか。
昨年の小畔は年末まで川鵜の集団が来る前まで楽しめました。
川鵜次第なんて少し寂しいですが、それでもオイカワが遊んでくれるのは嬉しいですね。
矢田川は釣れるポイントが限られてきました。
  1. 2015/12/06(日) 18:58:15 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/858-a3ea3eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。