小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

熊野速玉大社から神倉神社へ あまりに急な石段に足がすくむ!

熊野本宮大社から新宮市 熊野速玉大社へ そして天孫降臨の言い伝えがある神倉神社へと向かいました。


20151206202519da4.jpeg

熊野速玉大社、ここを参拝して念願の熊野三社参りがかないます。


2015120620252291b.jpeg

こちらの社は赤が基調。
全国熊野神社の総大社とのことで、ここに詣でると全国の熊野神社を参拝したことになる?

20151206202523c48.jpeg

速玉大社境内には八咫烏神社がありました。
熊野三社の御印として八咫烏が大事な役割を担っているのですが、やっと八咫烏そのものを祀る神社に出会いました。
私の職業にも繋がるありがたい守神、ひとしおの感慨でした。



201512062027066ba.jpeg

素晴らしい御朱印を頂きました。



201512062027009ba.jpeg

神倉神社
ここは半端じゃないのです。
上を見上げるという言葉がありますが当に参道は見上げるような急な石段が続くのです。
常識を逸脱した急な石段が積まれています。
最大斜度推定60度、平均斜度45度。
登り口には注意書きがありました。
決して石段の端を昇り降りしないこと。
斜面に落ちたら命の保証がないとのこと。
ハイヒールなどの不安定な履物で参拝しないこと。
よくわかりました。
飲酒等正常な状況でないものは参拝してはならないこと。
当たり前です。

201512062027035c6.jpeg

下を見ると四苦八苦している方が。
僕も下を見たら足がすくみました。

20151206202704d0f.jpeg

急な参道を登りきると神倉神社が鎮座しています。


201512062028254bc.jpeg
神社の後ろの大岩の間には神域がありました。
岩戸だそうです。



20151206202827c2d.jpeg

神社まで登ってきたご褒美がこの眺めです。
新宮市がその先の熊野灘が一望できるのです。

2015120620282898d.jpeg

こちらは女坂。
石段が男坂、こちらは女坂。
これが女坂?
とんでもない急傾斜のけもの道。



201512062028295ec.jpeg

御朱印は熊野速玉大社で頂きました。
こちらの社務所には常駐していないらしく大社が代行していました。

20151206202702bc5.jpeg

昇龍です。
参道脇に生えているこのヒノキはねじれています。
こんなの初めて見ました。
毎日ここを登る方が何人もいます。
今回、地元の方で87歳、参拝するのが日課になっているそうです。
毎日参拝しているそうです。
この方がいろいろと教えてくださいました。
石段を上から見ると降り龍。
シロアリに食われても生き続けるシイ。
こちらも気配を感じるところでした。
参拝した価値が十分にありました。

スポンサーサイト
  1. 2015/12/06(日) 20:32:49|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<あっという間に大晦日! エキサイティングな一年でした。 | ホーム | 熊野本宮大社の厳かな気配に神を感じる!>>

コメント

>最大斜度推定60度、平均斜度45度。
素晴らしいトレーニング場になりそう(笑)

この坂を毎日登る87才ですか!?
凄いですね!あやかりたい・・・

天孫降臨って焼酎の名前で知りました(笑)
  1. 2015/12/10(木) 08:04:37 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

こんにちは

恐るべき階段ですね
45度ですか・・・
つらいというより怖いですねそこまでいくと
登るより降りる方が怖いかも

昔の修験道の方たちはここを何回も何回も行ったり来たり
もっとつらい事をしていたんでしょうね

行くだけでカツが入りそうな場所ですよね

  1. 2015/12/14(月) 09:56:33 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

ねずみおやじさん
カツも入りましたが、膝もガクガク 今までで最高斜度体験でした。
ここを毎日、地元の方々が参拝していました。
おそれいりました。
下りは脚が竦んで女坂。
こっちも獣道でした。
  1. 2015/12/14(月) 15:35:40 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

yutkunさん
やっと足腰が戻ってきたようです。
ここの階段はこれでもかという坂ですがハイヒールで登る方がいるようですよ。
参拝口の立て札にハイヒールなどの不安定な履物で参拝しないことと書いてありました。
毎日参拝しているのはお年寄りが意外と多かったのにはビックリでして、こうやって足腰を鍛えていると長生きできるのも神倉神社の御利益と言ってました。
  1. 2015/12/17(木) 05:09:56 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

お疲れさまでした。
高速も伸びて名古屋からでも近くなりましたが、まだまだ熊野は遠いですね。
私の自宅から、約1時間の距離なので、初詣は掛け持ちで参拝しています。
神倉神社は、登りよりも下りが怖いですね。
火祭りでは、この坂を一気に駆け下ります。まるで飛んでいるような下り方なのでしょうね~

  1. 2015/12/18(金) 12:23:54 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

camiさん

急に思い立っての参拝の旅。
初めての和歌山県入りでした。
風光明媚、山あり谷あり海有りで飽きることなく興味津々熊野を満喫して来ました。
実はオイカワロッドも持参していましたが、厳かさに圧倒され止めました。
camiさんのお住まいはお近くだったんですね。
事前に連絡できれば良かったです。
なんせ、思い立って直ぐの出発でしたから。
熊野川、河口から本宮までですが川沿いに遡りました。
デカイのが隠れている気配満々でした。
  1. 2015/12/22(火) 05:37:24 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/861-8bd4eecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)