小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

2月12日の小畔川 思いもかけず釣り仲間と再会!


久しぶりの小畔川です。
今週は火曜日の夜単身赴任先の名古屋から自宅に戻り、翌日は福島へ。
那須、鹿の湯温泉に一泊、少し休んで今日、久しぶりの釣りとなりました。
本年、初釣り以来、
全く竿を握っていなかったのでワクワクの小畔川です。


20160213160140949.jpeg

今年の気候は暖かいのです。
本日も春一番を吹かせようとしている低気圧が日本海に入り朝から暖かいのです。
今夜から大荒れになるその前に、無風快晴。
絶好のオイカワ日和。
行かなくっちゃね。

河原に立つと、からし菜が食べごろに育っていました。
釣りが終わったら摘んで帰ろうとこれから上流に向かいます。



20160213160142861.jpeg

すぐ横の流れ。
下流の橋は金堀橋。
瀬から下に、夏場は絶好のウェットポイントでしたが、今日は魚が見えません。



20160213160143518.jpeg

こちらの瀬頭はシーズンには良型が着きます。
ドライフライを流すとバッシャンと出るわけです。
この時期は静かなものです。
向こうには東上線鉄橋が見えます。


20160213160146802.jpeg

鉄橋までくると釣り人が上流から下ってきました。
魚が見えないとのことです。
ご一緒に上流へ。
USIさん。
子供さんの試合のお付き合い、その間にフライを楽しんでいるそうです。
小畔フリークがまた一人増えました。

taizouさんもやって来ました。
カワセミの撮影とか。

久しぶりの小畔川で懐かしい方に会うことができました。



20160213160302ebc.jpeg

さらにKJMさんとも。
体調を壊していたのでどんな具合か心配していましたが、完全回復、元気いっぱいで安心しました。

ここは吉田橋のプール。
大きなライズリング。
やっと見つけました。



201602131603010e6.jpeg

二回目に釣りました。
良型のオイカワ。
元気一杯です。
上流に向かった時にはライズは無かったのですが、KJMさんがここで釣ったぜと教えてくれました。
案の定、良型が群れになっていました。
釣りは一匹と言いますが、一安心。
一匹とボーズでは雲泥の差、月とスッポン、天国と地獄。

この後、鉄橋から下流のポイントをKJMさんに案内しました。
そうしたら、また珍しい方に再会。
久しぶりにNZEさん。
オシャレですね。
ハットをかぶって土手沿いの散歩。
いつも粋なオジさんです。
今度は竿を持ってくるようにね。


2016021316041496b.jpeg

渇水です。
冬の小畔川はいつも水位が下がりますが、流れは途切れません。
湧水があります。
だからオイカワも着いているのでしょう。

カワセミ、イタチ、 チョウゲンポウ、キジ、カモ類数種、その他たくさんの鳥が飛んでいました。

今日は実に幸せな小畔散策でした。
釣り仲間3人との久し振りのお話。
新しく知り合ったUSIさん。

10時前からお昼までほとんどがお話でキャストは10回もしなかった。
それでも大満足の釣りでした。

本当は肘が痛くてキャストが辛いのでした。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/13(土) 16:51:21|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<吉田川 シラメ釣り | ホーム | 初釣り、良型のオイカワが元気よく挨拶に来てくれました。>>

コメント

幸せな週末

河原に下りて竿を繋いでヤマベを釣って、上流に顔を向けたら橋の上でも跳ねが見えました。よし、あれもやっちゃおうと向ったら、その先にYさん。
本当に久しぶりです。なんだか卒業後の級友に再会したような懐かしさ。体のこと、釣りのこと、カラシナのこと、いろいろお話を伺いました。今シーズンが楽しみになるたくさんのポイントも教えて頂きました。おかげさまで体の調子もいいです。このまま、ヤマメ釣りに突き進んで、その合間に小畔でヤマベ釣りをしよう、そう決めた週末でした。
本当に楽しかった。では、また。
  1. 2016/02/13(土) 17:32:22 |
  2. URL |
  3. smallstreamside #-
  4. [ 編集 ]

smallstreamsideさん
記事の通り、久しぶりの小畔川でsmallstreamsideを含めて3人の釣り友と会えたのはとっても幸せな日となりました。
何が嬉しかったかというと皆さんお元気に頑張っていたことそして楽しいお話が続いたこと。
二時間強の釣行でキャストは 10回もしなかった。
最近に無かったことです。
それでも十分に満足。
これから名古屋に戻りますが、月曜日には来年度の予定が大体決まりそうです。
帰ってきたらまた遊びましょう。
よろしくお願いします。
  1. 2016/02/14(日) 09:54:19 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

了解、了解。
  1. 2016/02/14(日) 10:34:01 |
  2. URL |
  3. smallstreamside #-
  4. [ 編集 ]

河原に下りて竿を繋いでヤマベを釣って、上流に顔を向けたら橋の上でも跳ねが見えました。よし、あれもやっちゃおうと向ったら、その先にYさん。
本当に久しぶりです。なんだか卒業後の級友に再会したような懐かしさ。体のこと、釣りのこと、カラシナのこと、いろいろお話を伺いました。今シーズンが楽しみになるたくさんのポイントも教えて頂きました。おかげさまで体の調子もいいです。このまま、ヤマメ釣りに突き進んで、その合間に小畔でヤマベ釣りをしよう、そう決めた週末でした。
本当に楽しかった。では、また。
  1. 2016/02/14(日) 15:36:56 |
  2. URL |
  3. smallstreamside #-
  4. [ 編集 ]

久しぶりの更新!嬉しいです
いや、何事もなくて良かったです(笑)

2月にもフライを追うんですね!
なんだかんだと釣っちゃうのがさすがです
  1. 2016/02/15(月) 08:18:31 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

こんにちは

お久しぶりです
何だか気温が急上昇急降下でなかなか安定しないですね
それでもオイカワは元気でしたか~
うらやましい

こちらは最近海鳥に占拠されていて
なかなかに釣りがやりにくくなっています
ルアーとかフライなんて遠投したら・・・・連れ去られそうです
パンプカもできません

犯人は200羽近くいるカモメ・・・
  1. 2016/02/15(月) 12:49:09 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

ねずみおやじさん
久しぶりの釣りでした。
小畔はいいですね。
散歩の方、ランニングの方そして釣友!
皆様暖かく迎えてくれました。
一番歓迎してくれたのはオイカワでした。
この時期、例年は良型はどこかに潜ってしまい、稚魚ばかりなんですが そういう訳か今年は挨拶に来てくれました。
  1. 2016/02/18(木) 04:44:32 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

yutkunさん
しばらく記事を書かずこちらこそご無沙汰しておりました。
この日は低気圧の接近前でポカポカ陽気になりました。
上着無し、シャツ一枚で十分暖かい日でした。
絶好のオイカワ日和。

カモメは来ないようですが、川鵜は来ています。
厄介なことに毎日500グラムの魚を食べるので、一羽あたり100匹は少なくとも食べられています。

流石に大きな鯉は食べられませんが30センチぐらいのは丸呑みのようです。
  1. 2016/02/18(木) 04:53:07 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。
冬って釣れないイメージだけどこんな良型のオイカワが釣れる人には釣れるんですね~…すごいです。それとイタチなんて居るんですね自分も小畔川には行ってる方だと思っていますが小畔川でイタチなんて見たこと無いというか小畔川以外でも…
  1. 2016/03/02(水) 21:33:36 |
  2. URL |
  3. 佐倉の山口さん #-
  4. [ 編集 ]

佐倉の山口さん

初めまして。
小畔ではお会いしたことがございましたでしょうか?
今度見かけたら是非こえをかけてくださいね。
小畔川は自然が一杯です。管理された自然環境です。
イタチは人の気配を感じると出てきませんがチョット間抜けな奴が居るようで無用心に飛び出して、顔を合わせてびっくりして睨めっこ何てこともありました。
獰猛な性格とは別に愛嬌のある姿も見せてくれる時があります。
今年の小畔川、良型が少し残っています。
足で探して釣るのです。
魚を探すのもお楽しみ。
釣りも楽しいのですが、この時期はからし菜、野蒜、クレソン、せりなどの野草も生えてきます。
食材の宝庫ですからいろいろな楽しみ方がありますよ。
  1. 2016/03/04(金) 22:51:03 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/866-366c99c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)