小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

部屋の前は溪流気分!


鹿児島出張の宿は妙見温泉

20160313151941703.jpeg

以前の記事によく出ている天降川河畔に妙見温泉があります。
お部屋の前は天降川
この川では稚鮎をたくさん採取しています。
天降川の年券は500円です。
溪相は最高ですがヤマメはいません。
下流でオイカワ遊びををしています。



2016031315194267e.jpeg

源泉掛け流しの温泉で湯量は半端ではありません。
効能がすごいのです。
ヒステリーに一番効くそうで?
痔、関節痛、神経痛とガタがきている僕の体のためにある様です。
特に最大の効用であるヒステリー!
ご婦人のヒステリーに最高効能と記載されていますが、短気の私にも効果がありそうで帰りは穏やかな顔つきだったとか?



20160313151943a27.jpeg

怪しい浴槽です。

温泉がこれでもかと湧き出しています。
左の白いのはビーナスかなー?
なんともミスマッチと思うのは僕だけかしらん?


20160313151945228.jpeg

一階手前が大浴場。
どこの旅館からもお湯が勢いよく天降川に放出しています。
溪魚はいないと書きましたが、鮎はたくさんいるのです。
全て天然遡上、稚鮎生産は日本一。
各地に出荷しているのです。



20160313151946fdb.jpeg

天降川支流を橋を渡って遡ると和気の湯があります。
坂本龍馬も新婚旅行でここに入ったとか??
入浴料無料だそうです。
でもね。
きったなくてとても入る気にはなりません。
観光名所ならお掃除が必要ですね。

向こうに見えるポイント、釣れそうでしょう!
でも釣れませんから。


20160313152052c2e.jpeg

さらに上流へ
ここまで1.5キロ山道を歩いてきました。
犬飼の滝。
荘厳です。
ここからが難所です。
膝が悲鳴をあげていますがお約束の時間が迫っています。
坂道をひたすら登ります。
河床から上の道路まで標高差が半端じゃなかったですよ。





201603131520538f0.jpeg

和気神社です。
和気清麻呂と言えば皆様ご存知ですね。
道鏡が皇位を略奪しようとしたところを阻止した言い伝えがあります。
こちらはこま猪でした。
猪が守り神となっているそうです。
旧十円札の絵柄が和気清麻呂で猪も印刷されています。

こちらの御朱印を頂くためにお約束の時間にやって来ました。
ピン、ポーン。
社務所のインターホーンを鳴らしましたが応答がありません。
5時半のお約束で宿のご主人がわざわざ予約を入れてくれていたのですが。
どうしたことでしょう。
夕飯は6時半の予定だから5時45分まではここに居られる。
ここまで登りで2.5キロ、25分でやって来ました。
結構キツイ。
膝が笑っています。
宮司さんどうしたのかな?


20160313152054b4d.jpeg

和気ちゃん!
ブヒブヒ言いながら歓迎してくれました。
宮司さんがいないので愛嬌たっぷりお接待。
和気ちゃんおいで〜っと、声をかけるとブヒブヒ言いながら寄ってきます。
そして猛ダッシュで向こう側に戻ります。
和気ちゃんは白い猪なのです。
妙に人慣れしているのは生まれてすぐ飼われたからでしょうか。
愛嬌たっぷりであっという間に時間が過ぎてしまいました。

待ちましたが宮司それとも留守番?
どちらかわからないが約束をすっぽかされました。
宿に帰るとご主人からどうでしたと聞かれ、いい景色いい運動になりましたと答えてお風呂へ急行。

翌日、竹を切りに行ってその時間には居なかったが来たのかという電話があったと伝えてくれました。
こういうのが一番嫌い!


20160313152056a0c.jpeg

はるか向こうの山影から川沿いに遡って滝まで来ました。
そこからこの道まで更に急坂を登って、また登って神社があります。
絶景ですね。
でもね、次は来ません。


201603131520577a4.jpeg

2泊したら同僚がネオンが恋しいと騒ぎ出し手に負えません。
天文館に移動して更に2泊、どうにか仕事も無事終えて帰ることができました。
ネオンが最高ですね。

釣りはしなかったがそれなりに楽しんだので出張の釣りの項に分類しました。
一応セット一式はカバンの中に隠れていましたよ。


スポンサーサイト
  1. 2016/03/13(日) 10:17:51|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アマゴの顔も三度まで? | ホーム | 陽気に誘われて吉田川>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/873-28a313ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)