小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

尺ヤマメ?と紅葉ヤマメ

 
 今年のお盆はいつもどおり福島へ。
 高速道路がどこまで行っても1000円ということでかなりの混雑を予想していました。
 ところが、前記事オボーンに書いたとおり、12日5時に自宅を出発、加須インターから東北自動車道に入ったところ、当然のことですが普段の休日より通行量は多かったのですが渋滞は無でした。
 しかし、宇都宮を過ぎると3車線から2車線に変わるのでここで絶対に渋滞があるなと、覚悟していましたがこれも無し、スムーズに走行車両は多いながら流れていました。
 安心して走っていると黒磯を過ぎて急に渋滞が始まりました。
 これは予想外で何があったのか?
 だらだらと走っていくとトラックが中央分離帯突っ込んでいました。
 ここを過ぎると後はガラガラで快調に走ることができたのです。
 この日は1000円ではありませんで、10時に福島西で降りたところ3900円でした。
 翌日からお盆期間中は1000円となるため、昼過ぎから激しい渋滞が発生したようでした。
 ラッキー、今回の行動は正解とガッツポーズを心の中でやってました。
 
 10時だからいろいろと回ってさらに時間を詰めていけば、夕方行けるかも!!!
 期待をしながら第一日目が始まったのです。
 しかし、初日に計画したすべての作業を終了したら8時、外は真っ暗で残念ながらイブニングは諦めざるを得なかったのです。


P8150058.jpg

 翌朝何時もどおり、4時半には目を覚ましてしまいました。
 ヤマメが待っていますから行かなくっちゃね。
 13日の朝から釣りを開始しました。
 いつもの鹿又川いつものところです。
 期待を込めて釣り始めましたが、最初におちびちゃんが反応して以降、ウンともスンとも言いません。
 最初の一匹は釣ったのでではなく掛ってしまいました。
 ピックアップと素早いアタックがうまいことマッチしたのでしょうか、釣ろうと思ったのではなく掛ってしまったのでした。
 そんな訳で第一号は何時も記念に写真を撮りますが、今回は無です。
 
 この魚、綺麗でしょう。
 側線に沿って赤が、尾びれは真っ赤赤です。
 今回釣れた中で一番美しいと思ったのでトップに持ってきました。
 どうしたらこんな色に染まるのか?
 何匹も釣りましたが、同じ川でも様々でした。
 それにしてもいい魚でした。

P8130040.jpg
 
 道路の脇を流れる典型的な里川です。
 こんなところにヤマメが潜んでいます。
 川の両脇は葦が茂って上手いこと魚の隠れ家を作っています。
 ところどころに段差があって白泡を立てています。
 かといって魚が俎上できないほどの段差ではなく、ちょうど良いほどになっています。





P8130050.jpg

 今回一番の大物です。
 ランディングネットは使わないので逃げられたらそれはそれで仕方がないと思って遊んでいます。
 鈎もバーブレスです。
 ところが上手いこと掛ると外れないものです。
 あまりやり取りをせずに手元に寄せて水中に魚を置きます。
 最近はこんなポーズをとってもらうことが多いのです。
 オイカワの場合は押さえなくてもポーズをとってくれますが、ヤマメは元気がいいですね。
 水中で優しく掴むようにしています。
 目測で尺かなと思いつつ、記念撮影です。
 今年一番の大物でした。
 愛竿RST#2、DT#2、リールはダイワのロッホモア3200円、リーダーは#5去年から使い続けてしょっちゅう切れたりするのでめんどくさくなってチチ輪を作っています。
 ここにハリスを1mやはりチチ輪を作って繋いだ仕掛けです。
 毎回の釣行でリーダーを何本も取り換える几帳面な方から見ると、なんてズボラな奴と軽蔑されてしまいそうです。
 サージャント結びもめんどくさいからな。
 できるだけ簡単に、そう思ってたどり着いたのがチチ輪繋ぎだったのです。
 強度は抜群です。
 

P8130051.jpg
 
 精悍な顔をしていますが、恨めしそうな顔にも見えますね。」
 オイカワ、コイで経験していますが、釣られた魚は決して目を合わせようとはしないのです。
 どこか遠くをうつろな目で見ているのです。
 ヤマメもやっぱりどこか遠くを見ていました。
  

P8130048.jpg
 
 ここからは紅葉ヤマメが出ました。
 この大きな奴は更に50mぐらい上流の橋の下、大きな溜りのカーブ石の下からユラリとゆっくり出てきました。
 大物の捕食はゆっくりです。
 オチビちゃんはバシャっと出ますが、風格があるというかユラリという表現があって居るように思います。
 今回もゆっくりと底から水面に近付いてくるのがよくわかりました。
 ホイ来た、パックン、反転したぞ、軽く合わせて、ソレ釣れた。
 こんな感じで釣れました。
 ホントにスローな釣りで早合わせの必要は全く無しでした。


P8150070.jpg

 こちらは入新田で釣れました。
 体色が全く違います。
 川の違いでしょうか?
 何時も釣り人が入っています。
 しかし、家から10分かからないこの場所は捨てがたいですね。
 帰る前の日、夕方涼しくなってから、行ってみました。
 今回初めてのイブニングでした。
 夕方になると何か用事が出来て釣りに行けなかったので、最後と思い思い切って行ってみました。


P8150073.jpg
 
 ここの堰堤下、落ち込み白泡の中から第一投目に出ました。
 川に入らず、手前の用水のコンクリート護岸から物は試しとキャストしたら、アリャリャ底からヌーっと出てきました。
 パクッと食って白い腹を出して反転したのでピクっと軽く合わせたらギューンと潜っていきました。
 元気ハツラツオロナミン!
 こんな感じで竿を満月にしならせてくれました。
 更に堰堤上の流れ込みではフライを食おうか食わざるか、悩んでいるヤマメが3匹いました。
 夕方になって警戒心が薄らいでいるのでしょうか?
 水面下で上を向いて3匹お互いに顔を見合わせているのが判るのです。
 遠慮しなくていいから食べて、そう思ってそのままにしておいたらゆっくり潜っていきました。
 見破られたんですね。
 ベテランであれば、ここでフライにあえてアクションを加えるのでしょうか?
 シェイクです。
 テンカラ技にあります。
 ツツーっとアクションを加えた瞬間にパクッときます。
 更に少し上流の橋の下、ここから上流の第一級ポイントへ。
 ポトリ・・・・バッシャン・・ググー・・・・・フー
 フライが上手いことポイントに落ちてバッシャン(バシャではありませんよ)と食いついてぐグーッと引いたのですが、フーっと軽くなってしまいましたのです。
 今回、ここが本命でしたが、バラしてしまったら後が続きません。
 しかし、豊かな川です。
 こんな小さな川にも大物が潜んでいます。
 ひっきりなしに釣り人に攻められていますが残っているんですね。
 夏井川漁協の管理も素晴らしいと思いました。

P8150067.jpg

 根本養魚場です。
 ここはフライルアーが楽しめる管理釣り場も経営しています。
 この場所は奥に入ったせまいところですが、昼間からライズがありフライマンが二人挑戦していました。
 私は川で十分に楽しんできたので見学です。
 ここは前にも何度か紹介しています。
 魚のコンディッションは最高ですよ。


 今回、到着翌日から帰る日(16日)まで毎朝出かけました。
 イブニングも一日やれました。
 夏井川水系を中心に釣ったのですが、一日だけ大滝根川水系に行ってみました。
 常葉町内です。
 町の真ん中で釣りをしてしまいました。
 私の上をいく安近単の親子がいたのです。
 雪駄履きで道路から釣っていました。
 ハヤでしたが適当に釣れています。
 当然、ヤマメもいます。
 この下流、本流に合流しているところでドライです。
 何回かのキャストで対岸の溜りに来た時です。
 バッシャーーーーーン、  ドップーンと来たのです。
 並みじゃないですよ。
 バッシャーーーーーン、  ドップーーーンですからね。
 音が違います。
 ピックアップしようとラインにテンションをかけてフライが動いたところに出ました。
 目測を誤ったのか口とフライは離れており、FISH ONとはいきませんでした。
 心臓バクバクでした。
 大物ヤマメを釣りましたが、全然そんなことはなかったのですが、バッシャーーーん ドップーーーンには度肝を抜かれました。
 リベンジを誓って帰ってきました。
 そんな訳で、写真も撮らずに帰ってきました。
スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/08/20(木) 22:15:23|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<高い所に上がったら現実が見えてがっかりしてしまいました。 | ホーム | 今朝は名栗川に>>

コメント

jetpapaさん、おはようございます。

釣り三昧と、三昧をするための工夫・・・・羨ましい限りです。
オイラは、パイプノットすら、今では、まっとうにできるか怪しいものです ^^;

そう言えば、釣った魚で睨み返しているような奴には出会ったことがないような・・・・

しかし、すごく、綺麗なヤマメですね。
次回の大滝根川水系での釣り、楽しみですね ^^
  1. 2009/08/21(金) 02:48:23 |
  2. URL |
  3. こげだし紋次郎 #-
  4. [ 編集 ]

 こげだし紋次郎さん おはようございます。

 ラインの結び方には基本形がありますがそれはそれで、自分のスタイルに合う物が良いんではないでしょうか。
 遊びですから、こうでなければならないなんて、堅いことを言っていたら疲れてしまいますからね。
 フライラインとリーダーの接続は瞬間接着剤ですよ。
 できるだけ簡単に使い易くしています。

 ヤマメの色、綺麗でしょう。
 見とれてしまいました。
  1. 2009/08/21(金) 05:47:46 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

おひさしぶりです!

jetpapa様。おひさしぶりです。
鹿又川。すばらしいヤマメですね。小生、最近、鹿又は春先依頼ごぶさたです。記事を拝見しましてメラメラと燃えて来ました。(笑)常葉町、、、そうなんです。いるんです。モンスターが。お盆前の大雨の前ですが、本流との合流点より少し上の堰堤付近にイブニングになると渋いライズを繰り返すモンスターがおりました。私の感覚では、たぶんイワナかと考えております。7~8回チャレンジしましたが、全てカラブリでした。その後の大雨後、姿が見えなくなっておりました。もしかするとドッパーンの正体かもしれませんネ!いつか川でお会い出来る日を楽しみにしております。
  1. 2009/08/21(金) 08:08:43 |
  2. URL |
  3. フェアリー #bfH9qLcY
  4. [ 編集 ]

  フェアリーさん こんばんわ

 今回のお盆休み、連絡しようかどうか迷ってしまいましたが、いろいろと事情があり失礼してしまいました。
 次回は時間を作りご一緒に川に入りたいと思います。
 宜しくお願いします。
 常葉の魚ですが、度肝を抜かれました。
 教えていただくまでは鱒釣り大会か何かで放流したものが居残って成長したのかと思っていました。
 岩魚だったら凄いですね。
 今回は、ダウンクロス気味にドラッグをかけずに流すことができました。
 そして最後にピックアップの為、少しドラッグがかかったらドッパーンと出たのです。
 メラメラ燃えてます。
  1. 2009/08/21(金) 22:17:25 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
見事に美しいヤマメですね~。
こういう魚を”目に毒”というのでしょう。(笑)
釣りバカには堪らない写真です。
  1. 2009/08/21(金) 22:55:49 |
  2. URL |
  3. Avan-garde #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。(フェアリー)

おはようございます。
表記の場所の少し下流で毎年5月~6月にニジマス釣り大会が実施されておりますので、その可能性も有ろうかと思います。私が追い求めた魚は間違いなくイワナでした。実は初回の挑戦の第1投目に私の巻いたヘボイ毛針を見事に吸い込んで頂きました。しばし格闘の後、無念のバラシ!ランディング寸前でしたので魚影も確認しております。しばし放心状態真っ白でした(笑)。私の釣り人生の中で1番の魚でした。ティムコ206BLが伸ばされておりました。早稲川も水質の富栄養化により魚の成長が早くなっている様に感じられます。が、川の水質自体が悪くなって行く現状には微妙なところでもありますね。昨年の春先に夏井川水系で、里見さんとお会いしました。スカパーの撮影でした。同じ話をされておりました。里見さんも早稲川や入新田地区には年に数回、プライベートで釣行する様です。ここらへんの小規模河川は、驚くほど成長の早いのがいるんだよ。と言っておられました。何にしても大きいのが釣れればウレシイんですケドネ!それではまた。
  1. 2009/08/22(土) 08:24:42 |
  2. URL |
  3. フェアリー #bfH9qLcY
  4. [ 編集 ]

 Avan-garde さん おはようございます

 お化粧も決まって小股の切れ上がった別嬪さんにウィンクなんかされたらメロメロです。
 そんな訳で今朝も名栗まで行ってしまいました。
 結果はパシャとかピシャのレベルで軽くあしらわれてしまいました。
  1. 2009/08/22(土) 09:47:23 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 フェアリーさん おはようございます。

 更に詳しい情報ありがとうございます。
 今までの一番大きな岩魚は13年前のことですが埼玉で39cm足がガタガタ震えました。
 餌釣りでこんなところに魚は居ないかもしれないが、とりあえず振り込んだら釣れてしまいました。
 沢筋で本流から遡上したものか、付近のホテルの池から逃げ出したものか判りません。
 刺身と空揚げにして残すところなく食べてしまいました。
 とりあえず記念にと魚拓も取っておきました。
 これがお持ち帰り最後の魚で、その後フライに転向しました。
 
 岩魚は何年生きるのでしょうか?
 餌が豊富ならドンドン育っていきます。
 先日、ブログ仲間は49cmを釣っています。
 此処まで釣られずに生き残るのが難しいと思います。
 キャッチアンドリリースが全てとは思いませんが、釣りは一匹と割り切って、お持ち帰りをするなら必要数だけに、近所に配るとかメダカサイズを持ち帰らなければそれなりに大きく育ってくれるかと思っています。
 206BLを伸ばしてしまう大物、ファイトがわきます。
 5月に帰省した時に偶然、入新田で老眼親父さんとバッタリ出会ってしまいまして、この時に里見さんがスカパーの撮影で来ていたことを教えていただきました。
 川はきれいに限ります。
 それで魚が沢山いて大きかったら言うこと無しなんですがね。
 釣り人の思いはなかなかかないません。
  1. 2009/08/22(土) 10:25:18 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん こんにちわ~
いいの釣れましたね~
北のほうは街中で連れるんですね・・・
気軽に親子で釣れるっていいですね。
九州の渓は源流釣りの季節に突入です。
  1. 2009/08/22(土) 13:13:27 |
  2. URL |
  3. 球磨人hide #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、こんばんは。
どれもいいヤマメですね!!!
しかも、道路沿いの渓流で釣ってしうなんて・・・絶好調ですね。
素晴らしいです^^
  1. 2009/08/22(土) 18:51:51 |
  2. URL |
  3. しげ #e6ZOnptg
  4. [ 編集 ]

 球磨人hide さん こんばんわ

 私は安近短の釣りがモットーなので、こんな釣り場は大好きです。
 一人で気が向いた時に行きますから安全を考えると深山渓谷に入っての釣りは止めています。
 しかし、意外と大物は里川に居るような気がします。
  1. 2009/08/22(土) 19:35:13 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 しげさん こんばんわ

 安近短の真骨頂でございます。
 福島の渓流はこんなところが多いようです。
 阿武隈山系はなだらかで昔は阿武隈山地と習いましたが、最近は阿武隈高地と教えられているようですね。
 こんな地形ですから道路沿いに川が流れアクセス抜群です。

 ところで名古屋遠征は如何でしたか?
 Ryoshiさんと存分に楽しんで来られたでしょうか?
  1. 2009/08/22(土) 20:23:22 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

里川でも

群馬から北に成ると随分様相が変わるような
気がしますが、渓流釣り人口の差でしょうか?
山女魚も何回か釣り上げた事は有りますが、あのファイトは
岩魚を凌ぐ凄さですよネ、今回は目測尺と有りますが、
手中に納めるまでは結構楽しめたのでは(^^♪
  1. 2009/08/23(日) 09:57:39 |
  2. URL |
  3. クラ #K7e/u8Dk
  4. [ 編集 ]

はじめまして こんにちは。
コメントありがとうございました。

オイカワ、あらためてみると綺麗ですね。子供の頃によく釣りました。
最近娘を連れ昔ながらの玉浮き仕掛けで遊ぶこともあるのですが、
綺麗なオスのオイカワを見せてあげることができたらな、と思います。

勝手にリンクさせていただきました。問題があればコメント欄にご投稿ください。
  1. 2009/08/23(日) 16:01:27 |
  2. URL |
  3. いわなたろう #-
  4. [ 編集 ]

【こんな小さな川にも大物が潜んでいます。
 ひっきりなしに釣り人に攻められていますが残っているんですね。
 夏井川漁協の管理も素晴らしいと思いました。】
確かに漁協も良いのでしょうが、やはり川が豊かな事が美しい渓流魚を作るのだと思います

さぞ水生昆虫も豊富なのでしょう 美しい山女に感謝の釣行でしたね。

私のブログコメント有難う御座いました。 
  1. 2009/08/27(木) 20:16:54 |
  2. URL |
  3. 照ちゃん #A3//m3MQ
  4. [ 編集 ]

キリクチのコメントありがとうございました。

こんばんは
側線の赤が綺麗なヤマメですね!いいファイトを楽しんだ事でしょう!羨ましいですょ。
  1. 2009/08/27(木) 23:10:53 |
  2. URL |
  3. cami #-
  4. [ 編集 ]

 クラさん こんばんわ

 お返事遅くなって申し訳ありません。
 福島の実家近くの川は安近単には持って来いで、助かっています。
 しかしながら、下水道がほとんど整備されていないため、汚水は垂れ流しとなっています。
 当然、水質には一部疑問があり、臭うところもあります。
 それが栄養となっているのか、発育の良い魚が多いような気がしています。
 群馬の渓は上流に人家のないところがほとんどのようで綺麗ですから、水質は比較になりません。
 これが逆にきれい過ぎると魚も育たないのかも?
  1. 2009/08/30(日) 19:38:51 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 いわなたろうさん こんばんわ

 コメントそしてリンクまでして頂きありがとうございます。
 早速、Fool’s BARをリンクさせて頂きます。
 家族が増えるのは嬉しいことですね。
 うらやましいです。
 これからも宜しくお願いします。
  1. 2009/08/30(日) 19:52:17 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 照ちゃんさん こんばんわ

 埼玉ではオイカワクラスのヤマメと遊んでいますから、こんなのが釣れて最高でした。
 最近は釣っている時間よりも、魚を観察したり写真を撮ったりしている時間の方が長くなってきました。
 どこの川に行っても同じ思いで遊ばせて貰っています。
 
  1. 2009/08/30(日) 21:04:47 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 camiさん こんばんわ

 コメントありがとうございます。
 ほれぼれするような色をしていました。
 こんなのがバシャっと出てくれますから止められませんね。
 釣りは楽し、過ぎ去る時間は早し!
 こんな気分で遊んでいます。
  1. 2009/08/30(日) 21:11:19 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/88-49f54cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)