小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

福島の納豆は美味しいよ!


 少し古くなるのですが、先月、福島に帰った時に何種類かの納豆をスーパーマーケットで買い求めてきました。
 納豆が大好物で以前からポツポツ忘れた頃に記事を書いていましたが、今回も忘れた頃の記事。
 月をまたいで今月までこの納豆を食べました。
 食べ方については以前に書きましたが、賞味期限については考えさせられます。
 いつまでに食べるか?
 難しい問題です。
 何も考えなければ食品に表示されている賞味期限までに食べればその食品の味覚が補償されます。
 しかし、これは味が変わらないということであり、食べられるか食べられないかではないのです。
 納豆は発酵食品であり、納豆菌が繁殖していきます。
 雑菌が混じらなければ発酵が進んだものが、完全に発酵したものが僕は大好きです。
 前ふりが長かったのですが、結論は賞味期限切れが一番美味しいということです。
 これは、個人的見解であり、賞味期限をとうに過ぎた納豆を食べてお腹が痛くなっても責任はあなた、僕は知りませんからね。
 もし、お試しでしたら自己責任でよろしくお願いします。
 今回買ってきたのは賞味期限スレスレデ値引きされているものから十分に日にちがあるものとバラエティーに富んでます。
 くどいようですが、賞味期限切れ真近の商品は値引き品で美味しくてお買い得なのです。
 一つの値段で二個買える!
 キャッチコピーができますね。

DSCN1814_01.jpg

 納豆勢ぞろい。
 会津高田納豆
 ずない納豆
 福島みのり納豆
 白河金山納豆
 番外秋田のうまし極小粒納豆


DSCN1815.jpg

 この納豆は鉋で削った木の皮に包まれています。
 使われている木の種類は判らないのですが檜かな?
 子供の頃は納豆の包み紙の定番で今のような発砲スチロールの容器ができる前はほとんどこれでした。
 最近は内側にビニールで覆われたものを包んでいますが昔はそのまま入っていました。
 粒が大きくておいしそうですね。
 お値段65円?
 賞味期限切れギリギリの商品です。


DSCN1816.jpg

 タレは付いていません。
 ネギを混ぜてぐるぐる混ぜ合わせます。
 30回!
 醤油を入れて味を調える、そしてまた20回。
 するとこんな感じになりますよ。



DSCN1817_01.jpg

 卵は後ほど入れてこんな感じです。
 海苔を入れても美味しいですね。
 味はまろやか。
 大粒の豆の芯まで十分に発酵して糸の引き具合、味、歯ごたえ抜群。
 しかもこれって140gなんですよ。
 ほんとうの値段はいくらなのかは不明。


DSCN1839_20160712045527cf0.jpg

 ずない納豆
 同じように感じました。
 こちらは二つに分けて梱包されています。
 三角なんですね。
 包み方は高田納豆に同じ、木の皮で包んでいます。
 「ずない」とは福島では「大きい」という意味ですと包装紙に書いてあります。
 そうだね、ずないは大きいだ。
 奥に話すと聞いたことがないと?
 常識だっぺ?
 これは聞いたことがあるか{イナズマタンキ」
 一言!

DSCN1840.jpg

 シラス塩ネギをまぶしていただきました。
 美味しいですね。
 納豆にいろいろなものを混ぜて食べると美味しいんですよ。


DSCN1841_2016071205021729c.jpg

 みのり納豆。
 別メーカーになります。
 小粒です。
 少し発酵が足りないのか固めでしたが美味しく頂きました。
 この納豆もタレなしなのです。
 醤油が基本ですが、出汁の元、焼き肉のたれ、炒め物をした時の汁等々、お好みで混ぜてみたらどうでしょうか。

DSCN1843.jpg

 こちらは白河の金山納豆
 小粒でやや硬めの豆です。
 タレがついていますが、埼玉でおかめ納豆、ミツカンなどのタレがいつもの味の方には少し塩辛いかもしれません。
 お好みで増減したら如何でしょうか。

DSCN1844.jpg

 定番のネギで頂きました。
 美味しいですね。

 トッピングですが、漬物なんかも美味しいんですよ。
 少し古ズケ気味の白菜は絶品です。
 その他に野沢菜も美味しいです。
 ただし、細かく刻まないと食べる時に困りますよ。
 何でも良いんです。
 

DSCN1845.jpg

 番外で秋田の極小粒
 これもタレがついていました。
 味は関東版と同じ程度の塩辛さ。
 豆も美味しい。

 どの納豆も賞味期限が切れるまで待って同じ条件で頂きました。
 どちらかというと大粒に軍配が上がるかな?
 お好みですからね。


 食味は個性!
 お好みが一番なのです。
 私は、まずいという言葉は使いたくないのです。
 ほかの方は美味しく感じるかもしれません。
 そういった食品は書かないことにしています。
 食レポは難しいですね。
 記事が下でお客が来なくなってしまったら営業妨害かもしれません。
 食レポをした方はまずいと思っても美味しいという方が居るかもしれませんからね。

 また忘れた頃に納豆フェチのレポートをしましょ。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/12(火) 06:19:00|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<怪しい香港 | ホーム | 今日の小畔川    昨日には負けるが韋駄天さんが挨拶に!>>

コメント

今日は、猪名川でオイカワを釣る事が
いまだに出来ていないので、こちらに・・・。
うちの店では「塩辛納豆」が人気です!
関西人にはこれ位が丁度良い臭みの様です。
  1. 2016/07/13(水) 12:05:28 |
  2. URL |
  3. ルキノ #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

こんにちは

納豆ですか~
実は私……納豆まったくダメなんです
転校する前は何故に甘納豆で飯が食えるのか?
と存在すらあやふやだったので
初めましての時は衝撃的でした
以来何度かチャレンジしてますが……大敗北ばっかりです
一度でいいからズルズル食ってみたいです
  1. 2016/07/13(水) 12:54:48 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

 ルキノさん

 猪名川はご無沙汰ですか?
 この時期は良型のギラギラした韋駄天さんが遊んでくれますよ。
 瀬を中心に朝夕が最高です。
 塩辛納豆とは?
 名古屋では一度も見たことがなかったです。
 伊丹在住時も見かけなかったように思います。
 もし知っていたら必ず食べていたはずなんですけど。
 とっても残念です。
  1. 2016/07/13(水) 20:32:04 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 yutkunさん

 納豆だめですか?
 こればっかりは好き嫌いがありますからね。
 僕は高級品がダメなんですよ。
 お寿司は並みが一番です。
 イクラ、数の子、トロはだめなんです。
 イカ、タコ、赤身が大好きです。
 唯一ウニが好き。
 納豆は大好きで出張の度に、出かける度に地方の味を楽しんでいます。
  1. 2016/07/13(水) 20:37:41 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

どちらも恥ずかしい話

お恥ずかしい話ですが、猪名川のオイカワ達はちゃんとつたないキャスティングからのフライに何度も出てくれるのですが、右手が反応してくれなくて・・・。(おーでた。そうそう、合わさないと・・・。てな、感じでして・・・。)
こちらもメニューと言うのはお恥ずかしいのですが、納豆にイカの塩辛、ネギ、わさびを乗せただけの居酒屋メニューでして、塩辛の塩分を下げて、納豆の香りを減らしてくれると人気が有るのです。
  1. 2016/07/14(木) 14:18:59 |
  2. URL |
  3. ルキノ #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ルキノさん

猪名川オイカワさん、元気で何よりです。
また行きたいです。
大きい奴はバックリ食いつきますからドライでも勝手に釣れたりしますよね。
中途半端な大きさが難しいですね。
僕もアレレレなんてやってますよ。

今日は香港に居ます。
これから珠海という都市にフェリーで移動です。中国にも納豆があったらトライです。

納豆にイカの塩辛、ネギ、ワサビ 。
想像したらヨダレが溜まってきました。
美味そうです。
  1. 2016/07/14(木) 15:38:05 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです

香港も面白そうですが

納豆シリーズいいですねぇ

今夜は絶対,納豆だ(笑)

イナズマタンキ???

イナズ マタンキ??

稲妻短気?

なんでしょ
  1. 2016/07/16(土) 16:45:22 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

残念ながら支那に納豆は無かったでーす。
その代わり豆乳スープが美味でした。
稲妻短気は短気なんです。
子供の頃は女の子に反対に言ってみろと冷やかしていましたが、今思うに、こんな洒落を最近の芸人さんは使っているのか?気になりました。
  1. 2016/07/19(火) 15:22:38 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/901-01f2fb64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)