小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

珠海の食

 とっても美味しい珠海でした。
 怪しい雰囲気の珠海は実に面白いのです。
 向かいはマカオ、海を隔ててキンキラ金のネオン。
 歩いて渡れますが、僕のパスポートでは行ったら御仕舞。
 戻ってこれれませんので、珠海で食を楽しみました。
 滞在中は、現地食に徹するということ。
 出されたものは何でも食べる。
 この2つの誓いで5泊六日を過ごしました。


DSCN1882_20160724102705e2b.jpg

 夕飯は普通のレストラン?
 不思議なんですね。
 最初に食器とお茶が出てきます。
 お茶を飲んで待ってるというスタイルか?
 いやいや違うのです。

 ポットのお茶は箸を伝って茶飲み茶碗の中へ、さらに取り皿へ。
 ここで何をするのでしょうか?
 殺菌か?
 お店によってはイロイロな物がくっついていることもあるそうで。
 洗うんです。
 そして、ティッシュで拭くんです。
 現地の方の習慣になっているそうです。
 これが儀式でそれから食べ始めますよ。

DSCN1884.jpg

 ここは庶民が行くところ。
 ターンテーブルは高級店についています。
 美味しんですね。
 酔っ払う前に、最初に運ばれた料理を撮影しました。
 その後続々と運ばれてきましたが、もう、食べることに夢中で画像はこれだけ。
 しかもチンタオビールです。
 ちなみにビール一本5元だそうです。
 80円??
 ありえません。
 ちなみに今回は、お酒を飲めない事情の方方との夕飯でしたから、飲んでもいい事情の方と私の3人で皆様の分も遠慮なく美味しく飲ませていただきました。
 中華料理にビールは合うなー!
 毎晩こんな感じで僕は美味しく頂きました。
 これはだめというものは全くなし。
 


DSCN1867.jpg

 朝一で朝食とランチの調達。
 何を言っているのかちんぷんかんぷんですが、イー、リャン、サン、スウぐらいは判りますから。
 指さしてイー、また別を指さしてイーといえば2種類一個ずつゲットできます。
 ただし、待っていても決して買えまえん。
 客が一人だけならゆっくり買えますが、前で僕が待っていてもオカマエナシ。
 後ろから横から%$(’!!%リャンとかなんとか、次々に注文が入り早く言った者勝!
 なかなか、欲しいものが手に入らない私でした。



DSCN1871_20160724103416495.jpg

 お昼は、各自持ち寄った食べ物で済ましていました。
 お店までやたら遠く、売店も無いのです。
 社食があるのですが12時から30分だけ。
 行けるわけがないので朝一で調達してくるのです。
 これはこれで、楽しかったですよ。



DSCN1887.jpg

 こちら、日本で言えばお焼きです。
 行けますよ。



DSCN1889.jpg

 こちらは飲茶と定食屋さん。
 恥から2品ずつ注文していきました。
 どの店でも正直で素朴な方が販売しているのです。
 例えばこの店で、飲茶2種類とお茶湯で卵を買ったらいくらか判らないので20元札を差し出すと、ちゃんと11元のお釣りを返してくれます。
 前のお焼き屋さんでも同じ、少ないときは少ないと言われ多めに出すとしっかりお釣りを返してくれます。
 中国人観光客のお行儀の悪いイメージを想像していましたが、意外と正直素朴。
 イメージが変わりました。
 でも、よくよく考えてみると、ほとんどの家庭には台所がないのです。
 外食文化なのでしょう。
 お店で饅頭、お焼き、飲茶、おかずを買って帰る訳です。
 家ではおコメを炊いて買ってきたオカズなどで食べるのが普通のようです。
 ということは、付近の住民が狭い範囲でお店にやってくるわけですから、あの店は不正直とかの評判が立てばたちまち売り上げに影響が出る???
 
 


DSCN1876.jpg

 最後にこれです。
 ボロボロのアシスト付き電気自転車と思うのですが。
 これ、とんでもないものなのです。
 ママチャリの電気自転車と侮ったら大間違い凄すぎです。
 これは年代物ですが、このスタイルの新車が販売され庶民の足となっています。
 歩道を歩いていると後ろから音も無く忍び寄りビビビビb-っと鳴らしまくって脇を通過します。
 車道は車と同じスピードで走ります。
 ペダルがついていますが、ペダルには足を乗せず、真ん中に足を置きます。
 凄いスピードですっ飛んで行きます。
 電気バイク!
 以前、チンタオに何度か出張したことがありましたが、相変わらず車優先で人は二の次、命がけの道路横断に肝を冷やして帰ってきました。
 そのせいでしょうか?
 帰る三日前から腰の異変が。
 一昨日、またヘルニアが再発していたら大変とMRIと血液検査とレントゲン診断を受けると、ゲゲゲー!
 帯状疱疹!
 お尻にポツポツ出てますぜー!
 どうなることやら。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/24(日) 13:21:05|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今朝の小畔川 韋駄天がご挨拶! | ホーム | 名栗で尺!>>

コメント

前回のご指導ありがとうございました。
疑心暗鬼なってる私には釣れなくてもドライにチョポンと出てくれる方が良いみたいですw
中国の電動アシスト自転車・・・面白いですね。
国策で、電気自動車の基礎技術向上の為に、ひどい規制をしてますから、面白い。
自転車として、7km走れればOKって、もはや自転車ではないし・・・。
電気自動車が当たり前なった時に中国はホンダが自転車取り付けエンジンカブから世界のホンダになった様になってるかもしれないですね。
人は多少死んでも13億居るからって、考えでしょうか。
出張に行かれるうちのお客様にはこんな話をして注意喚起させてもらって居ます。
  1. 2016/07/25(月) 17:20:32 |
  2. URL |
  3. ルキノ #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ルキノさん

ドライに出るオイカワの顔を見るのが楽しみです、僕の釣りはこちらが主となっています。
カテゴリ別のオイカワ釣り入門等も見て頂くと、だいたい釣れるはずなんですが。

中国電気自転車、これは凄いと思いました。
ペダルは付いているが漕がない。
足は真ん中のフレームにちょこんと上げておく。
日本のママチャリアシスト自転車の感覚と全く違いアクセル様のスイッチを回せば加速する訳で、はっきり言って電気バイクです。
この画像は一番古い手作り感バッチリですが新型は洗練されなかbなかなかカッコいいです。
後ろから音もなく現れビビビビビーッとやられると、ドキッとします。
実は今朝、若いカップルがこのタイプの電気自転車に二人乗り、角を曲がって私の眼の前に現れました。
危うく自己。
ハイブリットカーが静かで事故が起こる可能性大と騒がれましたが、この自転車は歩道も走るので後ろから襲われるととても危険。
日本上陸してしまったようなので、心配です。
  1. 2016/07/26(火) 07:44:51 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

ご無沙汰しております
ヂューハイに行ったんですね
なんかすごく雑然としてますよね
ほしものは奪う勢いじゃないと
注文もできない・・・・
珠海牛津街 に行ったとき
危うく喧嘩になりそうでした
あの国で何かやらかしたらやばいですよね

  1. 2016/08/07(日) 13:04:38 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

 yutkunさん

 譲ったら最後まで順番は来ないようですね。
 雑然とした雰囲気は嫌いじゃないですが、汚ったないのはとっても嫌。
 食べ物は、調理場さえ見なければ、大丈夫。
 とても美味しく頂きました。
  1. 2016/08/07(日) 21:02:02 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/905-0f57f308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。