小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

産卵行動ももう終わり、良型が荒食い!

 昨夕、5時から1時間、今朝は5時半から1時間半 大人の川遊び。
 昨日早朝、通過した台風の影響もなく、小畔川のオイカワたちは元気一杯。
 産卵行動もほぼ終了し、荒食いの季節に入ったようです。
 今朝は入れ食いに近く、良型がキャストするたびに食い付いてきました。
 川耕しをしたところは絶好のポイントとなり産卵行動が終了しても良型のオイカワが付いています。
 底石が動くことは川の再生に重要と再認識させられました。


DSCN1961_2016081810070117d.jpg

 昨夕の韋駄天。
 金堀橋上の瀬で出ました。
 良型ではあるがお腹がぺしゃんこになっており、産卵行動を何度かしたようです。
 この雄は全て放精すると寿命となるようです。
 韋駄天に変身するのは雄の中の雄。
 変身するためにはホルモンの作用が必要。
 このためにはかなりのエネルギーが必要とKYOTOFLYさんに教えていただきました。
 強いものが持つ遺伝子を確実に次の世代に伝えていく。
 そして役割を終えるのです。
 韋駄天さんのギラギラの装束は素晴らしいが考えてみれば死に衣装なのです。
 それだけの覚悟を持った体力のある強い雄だけが変身できる訳です。


DSCN1964.jpg

 今朝の韋駄天モドキ。
 追星も出ない、顔も黒くない、体は薄っすらと色変わり。
 この個体はお腹もへこんでいないので産卵行動はしていないようです。
 来年まで寿命を延ばし、俗に言うイワシサイズに成長すると思います。
 韋駄天とモドキが沢山いれば翌年が楽しみです。
 


DSCN1971.jpg

 雌も綺麗な体をしています。
 この個体は産卵行動には参加していないようでこれから荒食いして大きくなって行くと思います。


DSCN1976.jpg

 このような河床が理想です。
 砂利を敷き詰めたような状況。
 その下には砂礫があり流れは秒速10~15㎝程度。
 この砂利に囲まれた砂礫に産卵します。
 こんなところを今季は何か所か造成しました。
 手作業で鋤を持ち耕しました。
 今、この場所が絶好のポイントとなっている野は、産卵行動をここでした後も良型が着いていると思いたいのです。
 底石を動かして隙間を作ると水流ができ、そこに水生生物が入り繁殖します。
 それをエサにしているのかもしれません。

 
DSCN1975.jpg

 今回の釣りは新しいパターンで巻いた鈎のテストも兼ねました。
 #20の鈎に赤いスレッドを下巻、クジャクの羽の先端の色の変化がある部分を軸に巻き最後にハックルをぱらっと巻いてみました。
 見た目は鮎毛ばりによく似ていますがこれはオリジナルです。
 名前はまだありません。
 この状態は今朝100以上釣った後の状況です。
 食いは非常に良い。
 ウェットでも大丈夫。
 ドライも大丈夫。
 ただし、ハックルの数が少ないので十分な水切りまたは浮力材をしっかり着けないとすぐに沈みます。
 ウェットは向こう合わせで釣りますから沈んでも問題なし。
 よく追いかけています。
 ドライはしっかりした処置が必要です。
 今朝は、あまりこだわらず前半はウェット30程度釣ってから場所を変えてドライに専念しました。
 フライの形状を見ればわかるとおりニンフでも通用します。
 上流のライズリングのすぐ上流にフワッと落とすと強烈な反応がありました。
 ドルフィンジャンプ、ひったくるような当たり。
 着水と同時に沈んだ場合はモコッと水面が盛り上がります。
 ラインを注意深く見ているとティペットが不自然な動きをしますので、ここで合わせを入れると確実に釣ることができました。
 入れ食いの状況でした。
 ただ一つ困ったことがありました。
 フライを飲み込んでしまうのです。
 早合わせに徹していますが、沈んだ時にはどうしても合わせが遅れるので飲まれることが何度かありました。
 この鈎の性能は最高。
 釣れすぎのような気がしますので、お蔵入りになりそうです。。


DSCN1979.jpg

 ここでこのサイズが入れ食い。
 いつまでも釣れ続けているので、7時を確認して止めました。
 
 釣りに夢中になって時間の経つのも忘れ釣り続け、気が着いたら何年も経っていた。
 竜宮城のお話に似た状況でした。

 危なかった!




スポンサーサイト
  1. 2016/08/18(木) 10:54:44|
  2. 大人の川遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<OLDFLYMANさんに無理を言って里山源流釣行に連れて行ってもらう! | ホーム | 草刈り、剪定、除草と三地獄を乗り切った御褒美はこれ!>>

コメント

こんばんわ

いい釣り場ですね
多摩川は育ったと同時に鳥の格好の餌になってしまうので
天寿をまっとうできるものが少ないかもしれません
なのでやたら多い年とほとんど見かけない年があるのかも

  1. 2016/08/19(金) 18:33:47 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

鮎のドブ釣りの針かと思いました
オリジナルなんですね
釣れそうです♪

夕まずめが良い季節ですね
  1. 2016/08/20(土) 20:29:42 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

 yutkunさん

 小畔川のオイカワの数は年々少なくなっています。
 原因はわからないのですが、
  水量が減った
  川鵜
  鯉
  バス
 等かなと思っています。
 サギも沢山いますし、カワセミもオイカワを狙っています。
  1. 2016/08/20(土) 21:40:21 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 ジェロさん

 鮎毛ばりにありそうな形ですよね。
 これが当たり鈎となり、入れ食いでした。
  1. 2016/08/20(土) 21:43:43 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

大漁ですね!
こんな良型が入れ食いなんて楽しいでしょうね~♪
自宅近い里川とは思えません

毎年底石を動かして産卵床を作った成果が出てきたのでしょうか?
  1. 2016/08/21(日) 09:19:54 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

 ねずみおやじさん

 先ほど都幾川を覗いてきました。
 プールには良型が沢山いました。
 産卵終了後はお腹がすくんでしょうね。
 食いが良くなります。
 残念ながら小畔のオイカワは減少傾向なのです。
 川耕しの成果がもう少し出てくれると嬉しいです。
 
  1. 2016/08/21(日) 14:45:06 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/910-7aee8690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。