小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

夕の小畔川 ライズは無いがドライで楽しめる!

 本日は4時半から釣り始め。
 あ!
 忘れ物でした。
 カメラの電池切れにスマホ忘れ!
 そんな訳で夕方の釣りは画像なしです。

 金堀橋から下流へ、瀬を4つ確認してみました。
 ライズはありませんがドライに出ます。
 ウェットとドライどちらも試してみました。
 夕方はドライに良型が出てくれました。

 昼は暑いので部屋から川を眺めていたら釣り人が、正面でウェットの釣りをしていました。
 1時、暑いだろうな!
 僕は無理。
 綺麗なループでしたね。
 思わず見とれてしまいました。

 グッと我慢して涼しくなった4時過ぎ。
 金堀橋から下流を探索してみました。
 心配していた稚魚が確認できました。
 大水で流されたのも沢山いたと思いますがしぶとく残っていました。

 今回のポイントは全て瀬頭でした。
 瀬に続く鏡のところが絶好のポイントでした。
 4か所確認しましたが、全て同じポイントについていました。
 他のところでも釣れるには釣れるのですがこの場所が一番魚影が濃いようでした。
 小畔釣行の参考にしてください。

 ウェットとドライを交互に確認しながらの釣り。
 #20の鈎に胴はピーコックの模様付きをぐるぐる巻いてハックルを少し。
 スレッドは赤です。
 オイカワはキラキラして振動するものが好きなようです。
 ピーコックの羽先のまん丸のところは色変化が美しい。
 そして、ハックルは水中で振動する。
 ドライで使う時はハックルが浮く。
 

 面白いように釣れる。
 しかし、ドライのプレゼンテーションを間違うと釣れないのです。
 上流にキャスト、ラインが伸びてテンションがかかってから着水すると、リーダーが空中で引っ張られ、U字型に着水。
 フライ先行で流れる訳です。
 ヤマメ釣りと同じですね。
 着水と同時に出る時、フライを見て出る時、突くだけ。
 色々な出方があり面白い。
 ここから流して直ぐに出るのか、少ししてからか、そんなことを予想しながら楽しめました。

 10㎝程度が、1時間半で束釣りとなりました。

 釣れ過ぎ!
 夕方は良いな。


スポンサーサイト
  1. 2016/09/04(日) 21:42:16|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<藤枝市 瀬戸川で韋駄天とご対面! | ホーム | 朝は名栗でヤマメと戯れ夕は小畔でオイカワ遊び!>>

コメント

こんにちは

調子良さそうですね
多摩川はこの間の増水で一瞬活性は上がったみたいですが
流れがいまだに急で
自分の釣りにはちょっと不向きな状態です

20号の錘がルアーのように流れていきます・・・

見た目穏やかですが
ゴミもいっぱい流れて釣りにくいです

  1. 2016/09/06(火) 17:06:32 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

yutkunさん
台風9号の来襲で溢れんばかりの大水が出て、オイカワは流されたと思いましたがしっかり残っていました。
夏に孵化した稚魚もかなり残っています。
皆さま楽しんでいます。
  1. 2016/09/08(木) 04:47:33 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/918-e721343f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)