小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

秋の気配濃厚の小畔川


今日は仕事があまりに早く終わったが、出先から職場に戻る気にもならず直帰!
昨日、中國から帰ってきたが、帰りの飛行機の遅れ、東上線人身事故と泣きっ面に蜂。
疲れが溜まっています。
 という訳で直帰!
 ということは小畔遊び。
 

DSCN2260.jpg

 4時前から金堀橋下流へ。
 水位は下がり秋の気配です。
 今日はドライ一本で通しました。
 活性が高く、毎回のキャストに反応してくれます。
 反応すると釣れるは違いまして、毎回鈎がかりするわけではありません。
 合わせを決めるドキドキ感が堪らないのです。
 着水した瞬間に出たり、空中のフライにドルフィンジャンプ、着水したフライを底の方でじっくり眺めてゆっくりと浮上して咥える、沈んだ瞬間に喰う、ピックアップの時に食い付く、いろいろなスタイルがあります。
 
 カワムツはあまり釣れないのですが、今日は良型が釣れるのでケースに入れてみました。
 15cmぐらいで良く引きます。
 オイカワと比べると口が大きいのかヒット率が高いのです。
 ユックリ目に合わせるのが肝でしょうか。
 同じ体長でもグラマラスなので良く引きます。
 釣れるところも少し違います。
 同じプールでしたら瀬頭にはオイカワが、流れが緩く少し水深のあるところにはカワムツが居るようで棲み分けをしています。
 
 楽しいですね。
 狙ったところに思った通りに流す。
 出るところで出る。
 バシャ!
 ドキドキです。
 堪りません。

 雑魚なんですが雑魚なんて言えないお面白さ。
 釣り人にハンデキャップを付けりことができますから、簡単にも難しくしての釣りもできます。
 鈎の大きさ、ラインの太さ、アップクロス、ダウンクロス、ウェット、ドライ、釣り場所・・・・・
 ハンディキャップの付け方は自分なりに如何様にも。

 こんな楽しみ方もありますからね。

 
 


DSCN2261.jpg

 この花は何というかわかりません。
 河川敷に弦を伸ばして咲いていました。
 緑の中にオレンジ。
 とても目立ちます。
 曼珠沙華が終わり寂しくなったところで見つけました。
 白いのはアレチウリの花のようです。

 季節の進みが良くわかる小畔の河原でした。



 
スポンサーサイト
  1. 2016/10/19(水) 21:27:11|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<久しぶりの釣り三昧、環境によって釣れ方が全く違うこと。 | ホーム | 10月10日 昼の小畔川>>

コメント

でっかいカワムツですね!塩焼きにできそう(笑)
中国ではお腹の調子は大丈夫でしたか?
日中は夏日でも朝はビシッと冷えてきましたね
  1. 2016/10/20(木) 07:56:56 |
  2. URL |
  3. ねずみおやじ #s.Y3apRk
  4. [ 編集 ]

良型のカワムツですね。
私も今月頭に都幾川でこの様な色が残ったパワフルなカワムツを釣りました。
今年は変な年で、10月になっても婚姻色が残ったオイカワやカワムツを釣りました。
夏の台風続きで産卵期を逃してしまったのでしょうか?
それとも残暑による水温の問題なのでしょうか?
この様な事は初めてかもしれません。
  1. 2016/10/22(土) 13:27:53 |
  2. URL |
  3. Avant-garde #-
  4. [ 編集 ]

 ねずみおやじさん

 小畔川はカワムツが少ないのですが、戸々のプールではオイカワと棲み分けをしています。
 カワムツは食べたことがないのですが美味しい??
 オイカワは美味しいそうですよ。

 中国では二日目にお腹が痛くなりましたが、おかゆで回復、最後は飲んで喰らって食べつくしてきました。
  1. 2016/10/22(土) 18:35:11 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

Avant-gardeさん

 今年は渇水に始まり、夏の終わりからは台風の影響で今までにない増水があり、小畔川は私が知っている限りで最高水位を記録しました。
 渇水と産卵時期が重なったため、産卵床を何か所か造成したかと思ったら、大雨が続きすべて流され河床も大きく変化しました。
 魚はしぶといもので、流されてしまったかと思っても何処からともなく戻ってきています。
 例年通り、この時期は良型が釣れています。
 オイカワが主の川ですが、トロ場にはカワムツも付いており狙い方では狙って釣ることができます。
 例年ですと暮れまで良型が釣れますがその後は本流まで落ちるようで、残るのは小型のみですが、この釣りはきちっとした合わせが必要となり一番難しいように思います。
 そして4月になるとまた、良型が釣れるパターンとなっています。

 今年は水の出方が半端ではなかったのですがほぼおなじ。
 違ったといえば、韋駄天が10月になっても釣れたことです。
 これにはびっくりでした。

  1. 2016/10/23(日) 05:20:25 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

オレンジの花は

「キバナコスモス」ですね。園芸種ですが、風か鳥が種を土手へ運んで野生化したと思われます。
  1. 2016/10/27(木) 19:23:18 |
  2. URL |
  3. kingfisher #TZnCJ/yY
  4. [ 編集 ]

 kingfisherさん

 ありがとうございました。
 緑の中であまりに目だったものでしたのでアップしました。
 「キバナコスモス」というんですね。
  1. 2016/10/27(木) 20:36:44 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

ご無沙汰しております
なかなかに太った魚ですね

ホームの川がいかに魚にとって
過ごしやすいのかがうかがえます
皆さんが川床を耕したり
もろもろ行った結果でしょうね
感服します

植物をみると季節が感じられますよね

以前よりは遅くなりましたけど
  1. 2016/10/31(月) 11:06:44 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

yutkunさん

 秋ですね。
 魚の着き場も変わってきました。
 釣れる時間帯も変わってきました。
 あと2か月がフライで十分に楽しめる期間です。
 年が明けると小さいのばかりで良型は石の下などに潜り込んで出てきません。
 今が楽しいです。
  1. 2016/10/31(月) 20:43:44 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/930-94966b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)