小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

冬のオイカワを釣るために


冬のオイカワは何処へ行ってしまうのか?
晩秋まで盛んに水面の餌を食べたオイカワは何処へ?
簡単に釣れたオイカワはちょっとした影にも怯えとてもデリケート、別の魚のようです。

こんなことを考えれば釣れるかもという、私なりの釣り方です。


PA030034.jpg

釣り人はお天気を判断できる人。
今日の天気はどうなるのか、明日の釣行はと天気を考え時間帯を見計らい狙って釣ることが大事ですが、雑魚釣りはお気楽釣りですから、暇ができた、さあ行こう。
オイカワ釣りは、そんなお気楽な釣りであって欲しいのです。
敷居が低く誰でも楽しめる。

しかし、冬のオイカワは手強いのであります。

上の画像ではシッカリ釣っています。
上流にキャスト、ドライの釣りです。
冬のオイカワでは一番ハンディキャップが付く釣り方でしょう。
なぜならば、センシティブ、今までのオイカワとは違うのです。
夏のスレっからしヤマメと同じですから。

太陽が水面に反射してとても眩しいということは、陽が傾いた時間帯でした。


P1170025.jpg

釣りは天象気象と道具立てとテクニックそして運が必要ですね。
魚が着いているところを知らねばなりません。
寒くなるとこんなところが好きなようです。
固まった群となり流れの緩いところでじっとしている個体が多くなります。
今までは、流れが緩いところでもバラけた群で俊敏に泳いでいたはずです。

この群が気難しいのです。
上をラインが通るとパッと散ります。
フライが着水しても散ってしまうことが多いのです。

この群の天敵は鳥?
川鵜、翡翠、鷺?
虫が飛んでも逃げません。
鳥が低空を飛ぶと大変です。
ラインも低い所を伸びていきます。


キャストのスピードではないかと思うのです。
ゆっくりしたリズムで大きいループでヘロヘロとユックリキャスト。
失速してフラフラっとリーダー、ティペットが落下しフライは虫が落ちるように水面に。
難しい。
しかも、近寄ると逃げるのでできるだけロングキャスト。
キャスティング理論に相反しますね。
ラインスピードを落として遠くまで?
出来ない!
上流側にいるオイカワを狙う時は有効です。

下流から狙わず横から、上流側からキャスト。
群にラインの動きを気づかせないようにする。

横からであれば群を跨ぐことがないように手前側のすれすれフライを落とす。
すると水中のオイカワが下から浮き上がってくるのが見えますから食ったら合わせる。
ある意味サイトフィッシングとなります。

上流からはどうしましょうか。
同じく群との距離を置いて、群のかなり手前にフライを落とすのです。
当然、フライの存在に気付きません。
1から2m程度でしょうか。
ここからナチュラルドリフト?
自然にドラッグがかからないように流します。
食い気のある個体が居れば浮き上がって来てパクリと食います。

立ち位置が、距離感が違ってくるわけです。
今までと同じ仕掛けで釣る場合はこんな気遣いが少なくとも必要と思います。




P2200053.jpg

渓流でも管理釣り場でもセオリーと言われる手順があります。
特にスレた魚を釣る場合は必須の手順です。

仕掛けを細くするわけです。
テクニックでどうしようもなくなったら道具に頼るわけです。
同じ太さのティペットでしたら長くしましょう。
リスクもあります。
僕はキャストが下手なので、魔法の結び目を作ったり絡まったりすることがあるのでいつも短くしていますが、たった50cm長くするだけで反応が違って来ます。

次にティペットを細くするのです。
いつも0.6号ですがこれを0.4 0.3と細くすると反応が違って来ます。

そして#18の鉤を基準に最近は使っていますがこれも#20 #22と小さな物に代えてみます。
更にローテーションでしょうか?
違う形の鉤に取り替えます。

前記事で釣れ具合の評価は同じ仕掛け、同じ鈎で実施しました。
まず実行するのは釣り方を変えるということです。
立ち位置を変えて反応を探る。
キャストを変えてみる。
その次に仕掛けを変えてみるわけです。

これでも釣れなかったら、その日のオイカワはご機嫌斜めで遊んでもらえないと諦めましょう。


スポンサーサイト
  1. 2016/11/10(木) 08:15:35|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<昼からの小畔遊び | ホーム | 秋深まりクリアーな水、減水でもこんな時は釣れるな!>>

コメント

なるほど、勉強になります。
冬季はフライでないと釣れない場所が多々あるので、釣れる釣れないの理由が理解出来ました。
やはり、オイカワが居なくなってしまうわけではないのですね。
  1. 2016/11/11(金) 18:00:49 |
  2. URL |
  3. Avant-garde #-
  4. [ 編集 ]

Avant-Gradeさん

渇水とともに冬のオイカワは厳しくなりますね。
不思議なことに12月を過ぎると良型のオイカワがほとんど釣れなくなってしまいます。
どこに行ってしまうのかが大きな疑問。
小さいのは浅いところに群を作り陽が射すとじっと日向ぼっこのように見えますがたラインが通った瞬間、パッと散ってしまいます。
今までどれだけ悔しい思いをしたか。
そんな中で試行錯誤の釣りでしたが、やはりセオリー通りということが証明されました。
仕掛けを細くするか、プレッシャーがかからないような釣りの仕方。
この二つの要領の組み合わせという結論となりました。
  1. 2016/11/13(日) 13:24:14 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/933-6068db05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)