小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

吉備路の不思議空間??

 吉備津彦神社から吉備津神社への吉備路を歩き吉備津駅から東総社まで桃太郎線そこから総社駅までまた歩いてみました。



DSCN2382.jpg

 吉備津神社の手前に福田会本部というところがありました。
 事前に地図を見て福田会本部と記載されておりちょっと気になっていたのです。
 入口に行くとお寺のようでしたが、誰もいません。
 不思議空間が広がっていました。
 これ何だろう?


DSCN2381.jpg

 鼻ぐり塚
 鼻ぐりとは、牛の鼻輪だそうです。
 これが600万個以上。
 ここは古墳だそうです。
 その上に鼻ぐりを積んでいったらこれ程の数に。
 全国で家畜として全うした、食肉として最期を遂げた牛の供養をしているのだそうです。
 福田とは何かと全く知らなかったのですが見えないところで功徳を賦す。
 福田の意味をその後に立ち寄った青龍山普賢院のご住職から御教授していただきました。


DSCN2396_01.jpg

 詳しくお話を伺った普賢院の玄関、以前の建物に使っていた古材と襖絵を使っているそうで落ち着きます。

IMG_3440.jpg
 
 東総社駅で下車直ぐのところに総社宮があります。

IMG_3378.jpg

 総社宮を出るとすぐ隣に総社警察署が!


IMG_3380.jpg

 中を覗くと鬼首村殺人事件捜査本部の張り紙が。
 そういえば八つ墓村、犬神家、本陣殺人事件等もこの地で起きたのでした。
 岡山県から鳥取県に至る伯備線沿線が横溝正史の舞台となっています。
 ここから総社駅までの風景は70年前にタイムスリップしたようでした。
 景観保存地区がありました。
 昭和レトロの言葉がピッタリでした。


IMG_3431.jpg

 こんなのもありました。
 
スポンサーサイト
  1. 2017/01/21(土) 20:19:34|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<倉敷といえば大原美術館? | ホーム | 桃太郎線でぶらっと。>>

コメント

魚も人も冬眠中

Jetpapaさんこんにちは。

PPAP・・が賢脳を過ぎる、・・・I have a Peach ・・・おえりゃあせんのう長門勇、ひとり言。
なっなんなのこれはと、よーく見てみれば、「生きびだんご」、おおっ~。
連想をしたのは、京都土産の「八つ橋」と「生八つ橋」のことで、今は京都土産としていただくことが少なく、近頃はもっぱらケーキそして饅頭それに珈琲。

家の中に土産物があると、これ誰から?
誰さんはどこへ出かけていたのだろう?
と箱の裏、製造場所で判断するとどこのお土産かを間違ってしまいますよ、なんて、社会科では習わなかったぞと、この頃、桜の季節が年に三回くらいあるのかと思う程に時の経つのを早く感じる老人のひとり言。
本年もよろしくお願いします。
  1. 2017/01/24(火) 09:58:27 |
  2. URL |
  3. SMR #-
  4. [ 編集 ]

 SMRさん

 PPAP何なんでしょうか?
 あっという間に世界を席巻したかと思いきや、次の一手が。
 これだけ見られて知名度があったなら大統領選出ても十分に戦えたかも。
 名物に美味い物無しといわれていますが、これはお好みでしょう。
 生吉備ってなんだ?
 そう思って一個だけ買ってみました。
 カッチんかっちんに凍っていましたので吉備路をたどる間はポケットの中、ちょっと遅いお昼に食べてみました。
 中はカスタートのような。
 きび団子じゃないよねというのが本音。
 いまいちの時はアップしませんし、まずいという言葉は使えません。
 生吉備が美味しいという方もいらっしゃいますのでね。
 食味は個人差。
 だから面白い。
 時々思うんですよ。
 食べ物のリポーターがウウンとかアアアーとか発しながら美味しさを伝えていますが、俺は別の感覚とかそんなに早く味が判るのかしらんとか。
 食い物は難しいということで。
  1. 2017/01/25(水) 05:50:41 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

こんばんわ

ご無沙汰しております
遅ればせながら明けましておめでとうございます!
しかしなんとも和洋館な感じの警察ですね
都内では先の大戦でこのような建物は
なかなかお目にかからない
昔の建物はなんだかかわいらしいですね

本年もよろしくお願いいたします

  1. 2017/01/25(水) 20:52:09 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

yutkunさん

こちらこそ、遅ればせながらあけましておめでとうございます。
ここの通りは私が生まれた頃にタイムスリップしたような古い街並みが残っていました。
この建物は別格のようですが、古い民家、商店、アパートなどレトロ感満載でした。
  1. 2017/01/26(木) 12:03:05 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/944-73be74c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)