小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

赤不動の川

 赤不動
 カワムツです。
 名栗川のカワムツは生息域を上流へ上流へと広げています。
 この地で渓流を楽しみ始めて30年になろうかとしていますが最初の頃は居なかったように思います。
 それがいつの間にか上流へ上流へと進出しているのです。

 その昔、原市場地区にはオイカワが居たと覚えています。
 カワムツは記憶にありません。
 
 赤沢の魚道までは居たのですがその上には居なかったはずなのです。
 ところが名郷まで居ます。
 


DSCN2569.jpg

 こんな大きなカワムツが居るのです。
 今日もヤマメを狙ったらやたらデカいのがかかり、やり取りで逃がしてしまいました。
 この画像より大きな個体でした。
 ヤマメの川からカワムツの川に変わってしまうのか?

DSCN2540.jpg

 カワムツ釣りも楽しいのです。
 意外とナーバスでソフトに釣らないと逃げてしまう。
 スレてくるとラインが通っただけで散逸。
 10m以上のディスタンスが必要な時も。
 しかし、食いが立ってくると入れ食いに、ぼこぼこつれてしまったり。
 判りません。

 どこまで遡る 赤不動?
 実に生活力旺盛な魚です。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/23(日) 18:28:12|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<春 名栗は川越より20日遅れ? | ホーム | 名栗の溪へ  やっとヤマメを釣る!>>

コメント

こんにちは

カワムツなんて最近とんと見かけません
自分のホーム多摩川は
5~6前まではかなりな魚種もおり
もちろんカワムツもいたのですが
最近は鯉、鮒、バス、オイカワくらいしか見かけませんね
かなり良くない状態だと……
それとも生活環境が変わり他所へいっただけなのか……
それならいいんどすけど
  1. 2017/04/24(月) 12:14:46 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

 yutkunさん

 カワムツはオイカワより上流に住んでいます。
 同じところではご存知のとおり、緩い流れがカワムツ、少し早いところにオイカワです。
 名栗ではオイカワが居ませんのでカワムツ天国。
 デカいのが沢山います。
 テリトリーの拡大が確実に進んでおり上流に向かっています。
 
 伊勢神宮の森の紹介で五十鈴川の最上流までカワムツの生息が確認されています。
 カワムツ恐るべしです。
  1. 2017/04/24(月) 22:04:48 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/955-53fac345
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)