小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

金澤にて 伝統の加賀毛鈎!

 5月一泊で石川県に出張となった。
 金沢市内に宿泊し、少し時間ができたので仕事前に散策。
 フライマンとしては興味津々の加賀毛針の製造元を訪れた。

DSCN2605.jpg

 目細八郎兵衛商店は、めぼそ針という名の縫い針製造を生業として、加賀前田藩が金沢城下を開く前から針の製造販売を行っており四百三十年余り続く老舗だそうです。
 江戸時代、川釣りは武士にだけ許された特権で、明治になり庶民が川釣りを楽しむようになると、毛ばりの需要も格段に増えたそうで毛ばり職人も多く誕生したとか。
 

IMG_4507.jpg

 金沢駅から真っ直ぐ大通りに少し引っ込んだところに店を構えていました。
 最初は公園かと思い覗いてみるとそこは裏口。
 釣り針製造販売の看板。
 この画像は正面。



DSCN2606.jpg

 このような鈎を製造しているのです。
 全て手仕事。


IMG_4505.jpg

 素敵なタイイングデスク。
 最近は毛ばりの他にMEBOSOフェザーアクセサリーがはやっているようです。
 この机でも右側で作っているようです。


DSCN2600.jpg

 買ってしまいました。
 鈎ではなくてアクセサリー。
 奥へのお土産。
 これだけが同じ値段で2本入っていたので迷うことなく注文。
 何時も気持ちよく送り出してくれるのでたまにはね。


スポンサーサイト
  1. 2017/05/27(土) 11:28:32|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<オイカワが戻ってきた! | ホーム | 春 名栗は川越より20日遅れ?>>

コメント

こんにちは

お久しぶりです
このペンダント・・・いいですね!
毛バリのペンダントなんてなかなかお目に掛からないし

自分も何か釣りに関係のあるものをと思い
ハリ型のペンダントを海外で買ってしてましたが・・・
何かの拍子に胸の皮に刺さって以来しなくなりました
これなら安心そうです

  1. 2017/05/30(火) 12:45:05 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

yutkunさん

こちら金沢の目細八郎兵衛商店では毛ばりをベースにした羽飾り、ルアーをベースにしたペンダント等々、いろいろな飾り物を製造販売しています。当然ですが、目細針が主でありどこでも手に入ると思いますが、加賀毛ばりの素晴らしさには目を見張るものがあります。金沢を訪れた時はこのお店は外せないスポットになりました。
ちなみに教育評論家の尾木さん?もこのお店の商品を愛用しているそうで、写真が飾ってありました。
  1. 2017/05/31(水) 05:44:35 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰してます。今シーズン初小畔川に行ってきました。水量が少なく、底はドロドロ、大きな一雨が欲しいですね。釣果もいま一つでした。
それにしても小畔川は昔と比べてかなり地形が変わりましたね。高橋の上流は広々と開けていたのがウソみたいです。
  1. 2017/06/04(日) 17:37:43 |
  2. URL |
  3. tom #-
  4. [ 編集 ]

 tomさん
 こちらこそご無沙汰しています。
 今季の小畔はひどすぎます。
 雨が降らないので、川が再生されないのは当然ですが、それ以外にも何か原因があるのではないかと思っています。
 例年でしたら、産卵準備期に入り、韋駄天が瀬尻、瀬頭の産卵適正地を縄張りにし始めています。
 ところが、魚っ気が全くありません。
 稚魚が時々泳いでいるだけで、良型が全く見当たりません。
 水質なのでしょうか、地形なのでしょうか?
 答えが出ません。
 川が再生されるほどの雨が降るまで、小畔遊びをしようという気持ちになりません。
 がっかりしています。

 素敵な情報を継続したいのですが、そんな訳で小畔関連の記事を書こうという気にならないのです。
 とても残念に思っています。

  1. 2017/06/04(日) 18:29:22 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん
はやり酷い状況なのですね。浅いし、水悪いし、底どろどろだし、夕方になってもライズはありませんでした。婚姻色のオスはウェットで2匹釣れましたがあとは小さいのが数匹、ここは出るだろーという場所でも沈黙、フライにはすぐにアオミドロが絡むような状態でした。どうしちゃったんですかね。
  1. 2017/06/04(日) 22:40:31 |
  2. URL |
  3. tom #-
  4. [ 編集 ]

 tomさん

 大雨が降って川が再生されないと今年は最悪の状況になりそうです。
 上流部を確認しないと何とも言えないのですが、昨年の低調がベースにあるのか今年は更に厳しくなってしまいました。
 期待は梅雨入り後の降雨です。
 しかしながら、産卵数の低下は雑魚にとって致命的ですから、雑魚は湧いてくる、獲っても獲っても限り無くなんて状況は難しいと思っています。
 昨年度はかなりの場所に産卵床を造成しましたが徒労に終わってしまいこれまたがっかりしている今日この頃なのです。
  1. 2017/06/05(月) 21:47:01 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/957-244ebad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)